ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『グッドラック』 アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス | トップページ | 『死の壁』 養老孟司 »

『食べる女』 筒井ともみ

食べる女 スローフード・スローセックス
筒井 ともみ
アクセス・パブリッシング

 この本には、いろんな食事のシーンが出てくるから、それぞれのシーンに自分がいたらって想像できてとても楽しかった。

 食べるという行為は生きていくのに最低限必要なものであるのは間違いない。でも、それだけだったら車にとってのガソリンでしかない。単に体を動かすためのエネルギー源、空腹を満たすためのものって考えてしまったら、それは余りにもつまらない。

 どうせ食べるならおいしいもの、体にいいものを選びたいと、わたしは思う。「おいしい」という気持ちが、心のエネルギーになると思うからだ。だからTVを見ながらとか、雑誌を見ながらという「ながら食い」はしたくない。ちゃんと食べ物と正対して、姿を眺め、匂いを嗅ぎ、味を味わいたい。

 誰かと一緒に食べるなら、会話も楽しみたい。ご飯を食べながら仕事の話なんかしたくない。たわいのないことでいいから、楽しい話をしながら食事をしたい。食事をする姿を見れば、その人の性格や生き方まで分かってしまう。食いっぷりの良い人に悪い人はいないとわたしは信じている。

« 『グッドラック』 アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス | トップページ | 『死の壁』 養老孟司 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584525

この記事へのトラックバック一覧です: 『食べる女』 筒井ともみ:

» 食べる女 / 筒井ともみ [書庫  〜30代、女の本棚〜]
ある雑誌で小泉今日子が「最近読んだ本」として紹介していた記事を見て、題名と装丁のインパクトに惹かれて購入した1冊。 セックスと食べるという行為が性的なことにシンクロする瞬間があると思う。 食べるという行為は、セクシーだったり卑猥だったりすることがある [続きを読む]

« 『グッドラック』 アレックス・ロビラ、フェルナンド・トリアス・デ・ペス | トップページ | 『死の壁』 養老孟司 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ