ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「永遠のモータウン」 | トップページ | 『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ »

『博士の愛した数式』 小川洋子

博士の愛した数式
博士の愛した数式
posted with amazlet on 04.08.27
小川 洋子
新潮社

 いい本ですよねぇ。博士とルート君のふれあいに、なんだかウルウル来ちゃいました。とても静かな話なんだけど、心の奥まで染みるような、とても素直な気持ちになれるお話でした。

 それにしても、自分がこうなってしまったらって考えると博士のような症状って怖いですよね。実際にこういう方がいるって事はTVで見たことがあるけど、本人も周りの人も大変だと思います。

 記憶を溜めておけないってもの凄く深刻なことなんですね。忘れっぽいんなんていいながらも、毎日少しずつ記憶を増やしていけるわたしは幸せなんだなって思います。

 博士の説明してくれる数字の話ってとても興味深いですね。こういう風に数字ってものを考えたことなかったなぁって思うのです。人間は自分が美しいと感じるものを愛するんですよね。博士にとってはそれが数学だったってことなのでしょう。

« 映画 「永遠のモータウン」 | トップページ | 『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
TBありがとうございます。
こういう記憶が短時間しか続かない方って本当にいらっしゃるんですか???
それってとても大変でしょうね。
本人のショックも大きいでしょうし周りの苦労もありそうで。

みわさん☆コメント&TBありがとうございます。
短期記憶って普段そんなに意識してませんけど大事なものなんだなと改めて思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

ご挨拶が遅れてゴメンナサイ〜。
はじめまして。
私も↑のみわさん同様、博士の症状が実際にもありえるって事に驚きました。
私も短期記憶弱いけど、そういう段階じゃないですものね...

博士と同じような症状の方をTVで見たことがあるんです。
手術の後の点滴ミスで、短期記憶ができなくなった方でした。
不思議なことに、パソコンの技術など、体で覚えるタイプの記憶は残るのに、誰とどこであったというような記憶が全く残らないんです。
ご自分のお子さんのことすら覚えられないというのは切ないなぁって思いました。
人間の脳というのは、よく分からないものなんですね。

itchy1976さん☆TBありがとうございます。
わたしも「世にも美しい数学入門」が気になってます。(^^ゞ
こうやって、数学が市民権を得ていくといいなぁと思ってます。

Roko様コメントありがとうございます。
>数学が市民権を得ていくといいなぁと思ってます。
数学が市民権を持つためには、子供たちの数学嫌いをなくすことから始める必要があります。
数学関連の書籍を今後2冊ぐらい紹介できると思うので、そこで数学についての意見も述べていきたいとおもいます。
あと、いくつか私の読んだ本と共通の本の書評がありましたので、TBさせていただきます。これからもよろしくお願いします。それでは失礼します。

itchy1976さん☆コメントありがとうございます。
わたし自身は学生時代から数学が割と好きだったので、数学嫌いの人がどうしてあんなに多いのかがよく分からないんです。
以前に深夜のTV番組でやっていた秋山仁先生の「皆殺しの数学」なんて、とっても面白かったのにねぇ。
数学嫌いの人が多いのは、学校での教え方がヘタだからなんじゃないかなぁって思います。

たりぃさん☆トラックバックありがとうございます。
博士とルート君の心のふれあいがイイですよねぇ。
ホント、みんなに薦めたくなる本です。
こういう症状って本当にあるんですよ。
そちらに興味があるなら「明日の記憶」を読んでみてくださいね。

TVありがとうございます☆
私は数学というか算数から大嫌いやったのですが、
数に愛着がもてるようになりました^^;

やよいさん☆コメント&TBありがとうございます。
数学って、計算をするだけではないんですよね。
博士が教えてくれたたように、その存在が美しい数字って考えると、愛着も湧くってもんです。

はじめまして、トラバさせていただきました。
少しまえの記事になるのでどうかなと思いましたが、それにこんなに上手に書かれている記事にトラバってどうかとも思いましたが、私なりの感じ方を書きました。
マイナスになるようでしたら、はずしてくださいね。
よろしかったら私のほうにもトラバしてください。読者の方が喜ばれます。よろしくお願いします。

鉄人ママさん☆コメント&トラバありがとうございます。
この本の内容からご自分のお子さんとの関係を反省されているママさんは、ステキです。
博士のような心を持つって、なかなか難しいことですもの。

毎日、反省と希望と開き直りのくり返しのような気がしますよ。
目標は(あこがれ?)持ってるだけでも素敵ですよね。

「博士の愛した数式」試写会の予告記事です。よろしくです。

鉄人ママさん☆コメント&トラバありがとうございます。
試写会いいなぁ!
どんな映画になってるんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584493

この記事へのトラックバック一覧です: 『博士の愛した数式』 小川洋子:

» 博士の愛した数式 / 小川洋子 [活字中毒]
事故にあってから記憶が80分しか持たなくなってしまった博士と、そのうちに派遣されてきた家政婦の心が温かくなる話です。事故にあう前の博士は数学のプロフェッショナルでした。47歳までの記憶はしっかり思い出せるから複雑な数式の話はできるのに、昨日の事はまったくダ [続きを読む]

» 博士の愛した数式 [戯言読書感想文]
著者: 小川 洋子タイトル: 博士の愛した数式本を読んで号泣した経験は何度もあります。それは、殆どが悲しいか可哀相という感情からでした。しかし、この作品では切なくて涙が出ました。博士と、主人公の女性と、その息子のルートの静かな優しさが切なく胸にしみました。同 [続きを読む]

» 小川洋子『博士の愛した数式』 [itchy1976の日記]
博士の愛した数式新潮社このアイテムの詳細を見る 今回は、小川洋子『博士の愛した数式』を紹介します。この本は、心温まる(heartful)美しい本だと思いました。この本の主要な登場人物は、家政婦とその息子(ルート)と博士である。博士は、1975年で記憶の蓄積が止まってい [続きを読む]

» 「博士の愛した数式」について [たりぃの好きなもの]
 僕のミステリー好きにも関係あるかもしれませんが、高校までの数学は割と好きでした。国語のような答えが曖昧なものでなく、唯一無二の答えが必ずあるというのが良かったのですね。  そこで、今回は 「博士の愛した数式」 小川 洋子著 です。ちなみにこれは2004 [続きを読む]

» 「博士の愛した数式」考 [鉄人ママの社長ブログ]
「博士の愛した数式」小川洋子著より 事故が原因で80分しか記憶できない数学者(博士)と、その家に雇われた シングルマザーの家政婦(私)とその息子(ルート)の交流物存です。 おすすめします。5つ・です。 映画化されるそうです。 博士は寺尾聡、家政婦に深津絵里だそう [続きを読む]

» 博士の愛した数式ー映画試写 [鉄人ママの社長ブログ]
私はタレントプロダクションを経営しています。 [続きを読む]

» 博士の愛した数式 [東京には空がないと言う]
見てご覧。この素晴らしい一続きの数字の連なりを。220の約数の和は284。284の約数の和は220。友愛数だ。 (小川洋子 博士の愛した数式より) 『博士の愛した数式』を人の家で暇な時間にばしゅっと読んでしまいました。 要約(適当かもしれないです、すいません) 記憶が [続きを読む]

» 小川洋子『博士の愛した数式』新潮文庫 [活字の宇宙へと]
以前から話題になっており、映画化もされるので手にとってはみたものの、どちらかというと文系人間の私には、とっつきにくい内容なのではないだろうかという思いが、どうしてもぬぐいきれなかった。しかし、読み進めていくと、さしたる数学的知識が必要なわけでもなく、ぐん [続きを読む]

» 感動は深く静かに…「博士の愛した数式」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 実に静かな映画だった。激しい愛の言葉もなければ、涙も憎悪も嫉妬もない。死の場面がなく、ラブシーンもない。淡々と日々の移ろいを追っただけなのに…。それでも、心を打つ、深く静かに、強く。「博士の愛した数式」(小泉堯史監督)はそんな佳作だった。80分しか記憶. [続きを読む]

» 小川洋子「博士の愛した数式」 [make myself just as hard]
小川洋子「博士の愛した数式」(新潮文庫) この小説全編にわたって、なんだかとても良い香りがただよっている。母親が準備する食事の匂い。暑い夏の日の風の匂い。窓から入ってくる雨の匂い。そのほか懐かしい音もたくさん聴こえる。古いラジオから流れる野球中継。初め [続きを読む]

» 「博士の愛した数式」 [共通テーマ]
「僕の記憶は80分しかもたない」。第1回本屋大賞、寺尾聰、深津絵里主演で映画化されたこの小説。あなたはどのように読みましたか? [続きを読む]

« 映画 「永遠のモータウン」 | トップページ | 『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ