ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『人は短所で愛される』 中谷彰宏 | トップページ | 『コジコジ』 さくらももこ »

『獄中記 地獄篇』 ジェフリー・アーチャー

獄中記  地獄篇
獄中記 地獄篇
posted with amazlet on 04.09.29
ジェフリー アーチャー
アーティストハウスパブリッシャーズ

 イギリスの下院議員だったアーチャー氏は、偽証罪で服役することになってしまったのです。

 普通の人は経験することの出来ない刑務所内の描写は、実に分かりやすいのです。最初の日に入る監房は、自殺できないように、すべてのものが作りつけになっているとか、着ていったものや持ち物はどう預けるとか、ドキュメンタリーとしてもなかなか面白いのです。

 でも、一番可笑しいのは食べ物に関することなんです。刑務所の中では、食事というのが一番の楽しみのはずなのに、「まずくて食べられない」アーチャー氏は、ビスケットやクラッカーで飢えをしのいでいるんです。おかげですっかり痩せて、「スポーツクラブに行くよりも刑務所の方がダイエットには効果的だ」なんて書いてます。

 刑務所ならではの怖い話もいろいろ出てくるけれど、まるで体験記のような明るい獄中記なのでした。この本を書いた時点では、4年も入ることになるとは思っていなかったというところもあるのでしょうか。

 「文章を書くという作業がなかったら、刑務所の中の時間はもっとつらいものだったろう」とも書いています。缶詰になって原稿を書くにも、刑務所は向いているのかもしれません。

« 『人は短所で愛される』 中谷彰宏 | トップページ | 『コジコジ』 さくらももこ »

海外 その他」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。わたしはなぜか獄中ものにひかれてしまいます。
映画も脱獄系とか大好き。
しかもそれが実話にもとづいてたとしたらさらにわくわく。
この本おもしろそうですね!
明るい獄中記なんてそそられます。探してみよっと。

manamizwさん、コメントありがとうございます。
この本を読んで感じるのは、塀の中もシャバも同じだって事です。
ある程度のお金があれば、かなり良い生活ができること。
信頼できる友達がいれば、生活がしやすくなること。
打ち込むことのできる何か(アーチャー氏の場合は執筆)があるとつらさが緩和されること。
塀の中っていうのは、社会の縮図なのかなと感じてしまうのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584482

この記事へのトラックバック一覧です: 『獄中記 地獄篇』 ジェフリー・アーチャー:

« 『人は短所で愛される』 中谷彰宏 | トップページ | 『コジコジ』 さくらももこ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ