ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« ありがとう血盟に参加 | トップページ | 『レキシントンの幽霊』 村上春樹 »

『うまくいっている人の”口ぐせ”の法則』 植西聰

 誰でも口ぐせってありますよね。無意識のうちに口から出てくる言葉なんですが、ついつい変なことを言ったりしてませんか?「あたしバカだから分からない」とか「そんなのムリだ」なんて、しょっちゅう言ってませんか?

 人間って目で見た文字よりも、耳から聞いた音の方がすんなり頭に入るんだそうです。つまり、ヘンな口ぐせがあると、それによって自分自身が洗脳されていくってことなんですね。自分の周りの人だって影響を受けます。「お前はグズなんだから」っていつも言われている子どもは、本当にグズになってしまいます。だから、そういうことは言わないようにした方が良いんですって。確かにそうだと思います。

 たとえば、誰かにお茶を入れたとして、「ありがとう」って言ってくれた人には、またお茶を入れてあげようって自然と思えますよね。逆に無言の人には、もう入れてやるもんかなんて思っちゃうのが人の常でしょ。

 普段気にしていないけど、自分の耳に一番入ってくる声って「自分自身の声」なんです。だから、否定的な言葉や、暗い言葉が口ぐせになっていると、自分がドンドン否定的で暗い人になってしまうんです。じゃあ、どうすればいいのか?それはとっても簡単!前向きな言葉、楽観的な言葉を口ぐせにすればいいんです。「やってみよう」「大丈夫」「なるほど、よく分かりました」「ありがとう」「おかげさまで」などが良い言葉です。わたしの大好きな「ついてる」ももちろん良い言葉です。

 もし、失敗しても「失敗しちゃった、わたしってダメね」というのではなく、「今回は失敗したけど、次回は大丈夫。もう一度やってみよう!」と言えれば、希望が沸いてきますよね。くじけてるヒマがあったら、「悪いことはこれで出尽くした、これからは良いことが起きるんだ」って声に出せば、本当にそんな気になってきます。

 たかが「口ぐせ」されど「口ぐせ」です。あなたの口ぐせはどんな言葉ですか?まだ若いのに「どっこいしょ」なんて言ってませんか?今日からは「さぁ行くぞ」に変えてみませんか?

« ありがとう血盟に参加 | トップページ | 『レキシントンの幽霊』 村上春樹 »

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584467

この記事へのトラックバック一覧です: 『うまくいっている人の”口ぐせ”の法則』 植西聰:

« ありがとう血盟に参加 | トップページ | 『レキシントンの幽霊』 村上春樹 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ