ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『うまくいっている人の”口ぐせ”の法則』 植西聰 | トップページ | 『本調子』 読書普及協会 »

『レキシントンの幽霊』 村上春樹

レキシントンの幽霊
レキシントンの幽霊
posted with amazlet on 06.04.26
村上 春樹
文藝春秋

 この短編集には7つの物語が納められている。それぞれに違った主人公がいるのだが、そこには1つの共通点がある。それは「孤独」であるということ。

 主人公たちはみな孤独を愛しているというか、孤独の楽しみ方を知っているようだ。
 彼らには「孤独=さみしい、つらい」という公式は成り立たない。
 それは、孤独でいられるだけの「自己」を持っているからだ。

 「自己」のない人は孤独になることができない。だって、自分が無ければ「自分だけ」にはなれないもの。
 「豊かな自己」があれば「豊かな孤独」が楽しめる。

 人との関わりも大事だけど、その前提となるのは自分なんだから、孤独な時間だって必要なはず。
 静かに自分と向き合う時間は、絶対に必要なんだってわたしは思う。

« 『うまくいっている人の”口ぐせ”の法則』 植西聰 | トップページ | 『本調子』 読書普及協会 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

おじゃまします。
村上作品は、登場人物も読者も孤独を愛するというか孤独を楽しむ人が多いような気がします。(本を読む人はみんなそうなのかも。)
とか思いながら、昨日「レキシントン...」を図書館に借りに行ったら貸し出し中でした。
今度、読んでみます。^^

新刊があれだけ出ているのに、この本のように古いモノも大勢に読まれているなんて、村上春樹のファンって多いんですね。
だんだん涼しくなってきて、この本を読むにはいい季節になってきました。ぜひ、読んでみてください。

Rokoさんこんばんは。
龍を出してきてお気に召さなければごめんなさいです。

はじめまして。
“孤独は心の滋養”と春樹氏もおっしゃっていたようで。
この本におさめられた「孤独」は心地良いです。

レイコさん、いらっしゃいませ。
村上春樹氏のファンは、孤独好きな人が多いようですね。
孤独をつまらないものと考えるのではなく、豊かな孤独、自分の為の孤独だって考える人って、魅力的な人だと思うなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584549

この記事へのトラックバック一覧です: 『レキシントンの幽霊』 村上春樹:

» 春樹と龍が教えてくれたこと [omoi(de) in my head]
Rokoさんの村上春樹「レキシントンの幽霊」の記事を読んで 村上 龍「コインロッカー・ベイビーズ」 「だって欲しいものが何かわかってない奴は、 欲しいものを手に入れることできないだろう?」 昔、私に一番大切なことを教えてくれたのは、春樹と龍だった。 [続きを読む]

» レキシントンの幽霊(村上春樹) [のほ本♪]
知り合った男の家は、レキシントンにある古い大きな家だった。あるとき留守番を頼ま... [続きを読む]

« 『うまくいっている人の”口ぐせ”の法則』 植西聰 | トップページ | 『本調子』 読書普及協会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ