ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 王様の恩返し | トップページ | Nevermind NIRVANA »

『小説作法』 スティーヴン・キング

小説作法
小説作法
posted with amazlet on 04.09.25
スティーヴン・キング

アーティストハウス

 レッドソックスvsヤンキースの試合を見ていたら、観客の中にキングらしき人がいるのに気が付いた。ボストンファンなのかな?

 

 キングってどうしてあんなに怖い話をあれだけ大量に書けるのか?そんな興味からこの本を読んだ。どのようにして小説を書いているのか、どのようにして小説家になったのか、ということが書かれている本なのだけど、これが実に面白い。本当にいろんな本を読んでいるし、デビューするまでに書いた原稿の量もスゴイ!

 

 怖い話のいくつかは、自身のコカイン中毒とアルコール中毒の産物だと書いているけど、この人にとってはそういうものも芸の肥やしになっちゃうのかなという感じ。

 

 この本の中で唯一怖いのは、家の近くで交通事故になった話。偶然のはずなのに、必然のように車にぶつかってしまうところや、苦しいリハビリの部分は、今後の彼の作品にきっと反映されるんだろうなぁって思ってしまう。

 でも、一番怖い目にあったのは、キングをはねた車の運転手なんだろうなぁ。

« 王様の恩返し | トップページ | Nevermind NIRVANA »

海外 その他」カテゴリの記事

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『小説作法』 スティーヴン・キング:

« 王様の恩返し | トップページ | Nevermind NIRVANA »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30