ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『奇跡のトレーニング』 小山裕史 | トップページ | 浅草へいってきました »

『”いいこと”が起こり始める不思議なじゅ文』 コー・ムーエン、さくらみゆき

ポイっぽい仙人の「いいこと」が起こり始める不思議なじゅ文
コー・ムーエン さくら みゆき
総合法令出版

 まず「叶う」という字をよく見なさい。「口」に「十」とある。だから、願いがあるときは、その願いを声に出して十回言えばいいのじゃよ。
 究極のピンチに使うじゅ文とは、「心配しない、怖れない、すべてうまくいく」というじゅ文じゃ。名付けてSOSという。(本文より抜粋)

 自分の限界を決めているのは、誰のセイでもなくて、自分の弱気な心、否定的な意識なんです。何かやりたいなと思ったときに、なぜかそれを否定する気持ちが湧いてきて、「わたしなんかにムリ」って言い出すんです。でも、それって何か根拠があるわけじゃないんですよね。なぜか「ダメ」「ムリ」っていうのが習慣になってしまってる。それが自分を狭い枠に閉じ込めちゃってるんです。

 それをうち破るにはどうすればいいのか?って「ポイっぽい仙人」に聞いてみると、方法はただ一つ「じゅ文を唱えなさい」と言うんです。毎日じゅ文(願い)を唱えていると、段々それが本当になってくるって、聞いただけだとアヤシイ方法だけど、一度だまされたと思ってやってみてください。本当に叶うんです。

 十回言ってもダメなら、百回言ってみてください。百回言ってもダメなら千回言ってみてください。その頃にはきっと願いは叶っています。何度も言うことで、その言葉が自分に身に付いてくるみたいなんです。

 たとえば「ついてる」って言葉を毎日言っていると、本当についてくるんです。言霊の力って大きいんだなぁって本当に思います。
 同じ意味のことでも、良い言葉を使った方がより良い結果が出ます。つまり「失敗しないようにしよう」ではなく、「大成功間違えなし!」って唱えた方が、良いって事ですよね。

 じゅ文を唱えるだけで夢が叶うなんて、簡単で良いでしょ?

« 『奇跡のトレーニング』 小山裕史 | トップページ | 浅草へいってきました »

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584589

この記事へのトラックバック一覧です: 『”いいこと”が起こり始める不思議なじゅ文』 コー・ムーエン、さくらみゆき:

« 『奇跡のトレーニング』 小山裕史 | トップページ | 浅草へいってきました »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ