ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『元気』 五木寛之 | トップページ | 『あなたはクセで生きている』 軽部拓 »

『都立水商(おみずしょう)!』 室積光

都立水商(おみずしょう)!

 実際にはこんな都立高校はできないでしょうけど、こういうアイデアって凄いな!って思います。

 商業高校や工業高校と同じように、即戦力として就職するための勉強をする学校として、水商売を専門に勉強する高校が新宿にできるって、ウーン、アリですよ!

 一流のホステスさんになれるように、一流のマネージャーになれるように、一流の水商売経営者となれるようにみんな一生懸命勉強に励みます。業界で実績のある人が先生ですから、生徒達は熱心に授業を受けます。

 これは理想的な教育スタイルだなぁ!って思わずにはいられません。

 学校を卒業しても、どんな職業についていいのか分からないという若者が多いけど、この学校のように熱意のある先生に出会えたら、そんな悩みを持つことはないだろうなぁと思います。

 どんな職業であっても、自信とやる気を持って取り組めるなら、それが一番ですよね!

トラックバック先
しんちゃんの買い物帳
日々の書付
粋な提案
本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]

« 『元気』 五木寛之 | トップページ | 『あなたはクセで生きている』 軽部拓 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

すごいアイデアでした。
コミックスも人気があるみたいっすね。
ちょっと気になるけど、手が出せずです。

しんちゃん☆おはようございます。
実に実践的で良いカリキュラムの学校でした。(#^.^#)
こういう課目は無理だろうけど、こういう熱意は是非マネしてもらいたいものです。
コミックスもあるんですか?
気になります。_〆(。。)メモメモ…

コミック版の第1巻を読んで笑いました。
現在、2巻目が近所の本屋の105円コーナーに入ってくるのを待っていますw
ざっと見た感じ、4巻目くらいからは揃っているようなのに、なぜか2巻目と3件目が抜けています。

風竜胆さん☆こんばんは
最近、高校や大学では職業に直結した課程が増えているようですが、こんな学校はいいところ突いてるなぁと思うけど、実際にはムリでしょうねぇ。

作者の室積さんは、相当変わった方のようで、新しい作品が出版されても、著者近影はいつも同じ(笑)
この本もお時間がありましたら、どうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/10109701

この記事へのトラックバック一覧です: 『都立水商(おみずしょう)!』 室積光:

» 「都立水商!」室積光 [しんちゃんの買い物帳]
都立水商 (小学館文庫)室積 光 (2006/03/07)小学館この商品の詳細を見る 「水商売だけ差別するのか!」「実験的に始めよう!」というわけで、水商売を教える東京都立水商業高等学校が歌舞伎町に設立された。卒業後には即戦力にな... [続きを読む]

» 「都立水商!」 室積 光 [日々の書付]
熱血水商売青春小説「都立水商(おみずしょう)!」 都立水商!マンガが有名ですが、原作も面白いです。( ̄▽ ̄) 工業や農業、商業、水産。 世に職業高校は多く存在するが、 なぜ「水商売」の学校がないのだ! ある文部省役人の思いつきから 水商売専門の職業高校、都立水商が誕生した。 場所は新宿歌舞伎町。 最初はおちこぼれの集まりだった生徒も 教師やその道のプロである専任教師たちの熱血指導のもと、 やりがいを見つけて熱心に「勉強」に励むようになる。 何が面白いかって、通常... [続きを読む]

» 都立水商! 01 [本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]]
 工業高校や商業高校があるんだから、おミズ専門の職業高校があってもいいではないかということで始まったのだろうか、この「都立水商!01」(室積光/猪熊しのぶ:小学館)。 ... [続きを読む]

« 『元気』 五木寛之 | トップページ | 『あなたはクセで生きている』 軽部拓 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ