ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『休暇力』 和田秀樹 | トップページ | 映画 「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」 »

『日記の魔力』 表三郎

 日常の生活の中で、私たちは多くの情報を脳にインプットしている。何もしていないように思っていても、実は大量の情報をインプットしているのだ。日記に「書く」という作業は、ある意味で、そうして取り込んだ情報をアウトプットすることにも繋がる。アウトプットするからこそ、脳は軽くなるのだ。多くの人はインプットしかしていない。入れるばかりでは、どうしても行き詰まってしまう。(本文より抜粋)

 私たちは日々色々なことをして生きている。毎日悩んだり、笑ったりしてるのに、1ヶ月もたてばほとんど忘れてしまう。それどころじゃない、次の日にはもう忘れていることだらけなのよね。

 著者がこの本で強く主張しているのは、そういう日常を日記に書き留めようということ。文章にしておけば1年後でも10年後でも読み返すことができるでしょ。すると、書いてあることだけでなく、それに関連した事まで思い出す事だってできちゃう。

 日記というのは個人的なものだから、自分が興味を持った事ばかりを書くでしょ。半年とか1年たって日記を見直したとき、そこには書かれているのは自分の頭の中身なの。自分は何をしたいのか、何を好きなのかを第三者的に見ることができるんだな。後になってみれば、何であんなに悩んでいたんだろう?ってことだって沢山見つかるはずよね。

 日記だから紙に書くとは限らないの。パソコンのワープロソフトで書いてもいいし、ブログで書くという手もあるしね。どのような手段を取るにしても、日記を書き続けることが大事なのよ。「今日食べたサンマがおいしかった。」とか「土手にコスモスが咲いていた。」というような、たった1行だけでもいいの。その積み重ねから、これまで知らなかった自分自身が見えてくるかもしれないでしょ。自分は何をしたらいいのか分からないと思う人は、ぜひ日記を書いてみて欲しいと思うなぁ。

 わたしも、このブログを書き始めてから色んな発見があったの。文章にしてみると、漠然とした考えもまとまるし、自分はこんな事に興味があったんだって気付くこともあるの。それにブログだとコメントを書いてもらえるのが嬉しいし、トラックバックする相手の文章を読むのも楽しいしね。誰かが読んでくれるっていう張り合いがあると、自分一人で日記を書くより楽でいいなって思ってます。

 みなさん、わたしのブログを読んでくれてどうもありがとう。

« 『休暇力』 和田秀樹 | トップページ | 映画 「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」 »

文房具・手帳・ノート・手紙」カテゴリの記事

コメント

こんにちは流嶺です。
この本を読んで、今年こそは、日記をつけ始めよう・・・と思ったのですが、思っただけで、始める事ができませんでした・・・。(笑)
旧暦のお正月が開けたらはじめてみようかなぁ。

旧正月からってのもいいんじゃないですか?
「節分で豆を蒔きました」ってところから始めてもいいし。
日記用ブログを作るのもいいかも?
ちなみに、わたしは昨日から4行日記を付け始めました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584586

この記事へのトラックバック一覧です: 『日記の魔力』 表三郎:

« 『休暇力』 和田秀樹 | トップページ | 映画 「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ