ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『コメント力』 斎藤孝 | トップページ | 『願いは、ぜったい叶うもの!』 リズ山崎 »

『代筆屋』 辻仁成

代筆屋
代筆屋
posted with amazlet at 04.11.15
辻 仁成
海竜社

 手紙を書きたい。でも自分では書けない。そういう人達が代筆屋に手紙を書いてもらいたくてやってくる。恋の手紙もあれば、断りの手紙もある。代筆屋は、その手紙を書くために依頼者の話を聞く。そこには人生があり、生活があり、その人自身がいる。

 メールや電話は確かに便利だけど、それだけでは伝えられないことってあるのよね。直接会って話をするという方法もあるけれど、それが出来ないときには、手紙はとても有効な方法なのよね。だけど、みんな手紙をもらうのは好きなくせに、手紙を書くのは面倒だって言う人が多い。それって、どういうことなんだろう?手紙を書くには言葉を選ばなければならないし、汚い字ではイヤだし、なにより、どう書いていいのか分からない事なんだろうな。

 でも、もらう側として考えてみれば、少しくらい字が汚かろうが、何だろうが、手紙や葉書をもらうということ自体が大事であり、うれしい事なのよね。

 この本に出てくる代筆屋のように素晴らしい文章は、わたしには書けないけれど、でも、わたしにしか書けない手紙ってのがあるはずだから、手紙を誰かにだそうかなって気持ちになってきた。
 
 辻さんの文章は色々な変化をしながら、いつも不思議な力でわたしの心を揺さぶってくれる。彼の文章ってのは、この代筆屋の延長線上にあるんだろうか?誰かに成り代わって、その誰かの人生を語るって作業は、時に過酷で、時に楽しい作業なのだろう。小説を書くということは、代筆屋の心を持ち続けるということなのだろうか?

« 『コメント力』 斎藤孝 | トップページ | 『願いは、ぜったい叶うもの!』 リズ山崎 »

日本の作家 た行」カテゴリの記事

コメント

絵文字だ、顔文字だなんていうけど、やっぱり、「ぬくもり」は、メールだと伝わらない。読み安いことは確かだけど・・・。辻さんは、好きな作家です。「白仏」よかったなあ。



もしよければ、うちのプログにも遊びにきてください。お互い、文学を通して、いろいろ問題提起ができたら、素晴らしいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584634

この記事へのトラックバック一覧です: 『代筆屋』 辻仁成:

« 『コメント力』 斎藤孝 | トップページ | 『願いは、ぜったい叶うもの!』 リズ山崎 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ