ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『大独身』 清水ちなみ | トップページ | 『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎 »

『夜のピクニック』 恩田陸

夜のピクニック
夜のピクニック
posted with amazlet on 04.11.09
恩田 陸
新潮社

 北高では、修学旅行のかわりに鍛錬歩行祭を行っている。その日は1000名を越す高校生が一斉に歩く。その距離は80km、毎年脱落者が何名かいるほどのキツイ行程だけど、みんな楽しみにしている。これが一生の思い出になるかもしれないのだから。

 高校生の頃って、みんな漠然とした不安を抱えてるんですよね。そういうものを吐き出すチャンスが、こういうイベントなのよね。

 このストーリーって、身近な題材のようでいて、実はファンタジーなんだね。淡々としているようで、いろんな思いが溢れていて、何だかわたしも歩行祭に参加しているような気持ちになってしまったなぁ。

 大人になってしまうと、本当に腹を割って話をできる相手って、そうそう見つかるものじゃないでしょ。学生時代の友達や、思い出って宝物だと思うの。このストーリーに登場する高校生達って、そういうことにはまだ気付いていないみたいだけど、何年だか、何十年だかすると、ジワーっと思い出して、妙に嬉しくなれるんだろうなって思うの。

Photo_16

トラックバック先
本読み日記
活字中毒日記
みかんのReadingDiary
すぬの読書日記
+ChiekoaLibrary+
苗坊の徒然日記
心理学とタイと読書日記
乱読日記
キング堂ブログ支店
AOCHAN-Blog
しんちゃんの買い物帳
読書発電所Annex

« 『大独身』 清水ちなみ | トップページ | 『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
歩行祭に参加しているような気持ち…私もそんなふうに思いました。
ただ歩いているだけなのに、こんなにも心に残る行事っていいですよね。
でも白い体操服が連なる集団…圧倒されそうですね(笑)

bonさん☆コメントありがとうございます。
歩行祭って、恩田さんの母校で本当にあったイベントなんですって!
こういうイベントって一生の思い出になりますよね。

Rokoさん、こんばんわ。
歩行祭って本当にあるのですね。
つらそうだけれど、いいですよね。
この本って、若い人が読んでも、いいのだろうなと思いますが、
この年齢で読むと、思い出のかけがえのなさがわかっているだけに、
いっそう胸にせまる気がします。

juneさん☆コメントありがとうございます。
こんなに楽しい頃があったって、大人になってからの方がよく分かるんですよね。(^^)v
クラブの合宿や、友達と見に行った名画座の映画や、バイトの思い出や、どうってことなさそうなことなのに、心の奥にいろんな思い出が詰まっているものなんですよね。

トラキチさん☆、bonさん☆、柊さん☆、黒犬さん☆、TBありがとうございます。
「本屋大賞」も受賞され、かなり注目度が上がりましたね。
もっと多くの人に読んでもらいたい作品だと思います。

bamsaさん☆TB届いてますよ!
こんな素敵な思い出を持っていたら、悪い人にはならないだろうなぁって思います。

みかんさん☆TBありがとうございます。
こういう、いい思い出を共有できる友達がいるってことが、一番幸せなのかなって思います。

なまけものさん☆TBありがとうございます。
こんな学生時代の思い出って、変なことばっかり覚えているものですよね。

「夜のピクニック」、
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。

tonton1234さん☆コメント&TBありがとうございます。
先週、神保町の三省堂の近くで恩田さんを見かけました。
あんなに売れているのに、顔は売れてないんですねぇ。
誰も気付いてないみたいで、ニヤニヤしてたのはわたしだけ。(^^ゞ

TB&コメントありがとうでした♪
Rokoさん、いっぱい本を読んでらっしゃるんですね☆
次に読む本の参考にさせていただきますね♪
また遊びに来ます♪

すぬさん☆コメント&TBありがとうございます。
すぬさんのオススメ本も教えてくださいね。
どうぞ、よろしく。(^_^)v

つやつやさん☆トラバありがとうございました。
つやつやさんの母校だったんですか!
凄い経験だなぁ。
このごろベストセラーの映画化が多いですけど、
これもなんですね。
どんな映画になるのか楽しみです。

苗坊さん☆トラバありがとうございます。
恩田さんの小説って怖い話が多いんですけど、こういうサワヤカなストーリーもうまいですよね。
歩行祭にわたしも参加しているような気持ちになって読んでしまいました。

TB&コメントありがとうございました^^
そうですね、ミステリは結構恐いですよね。
でも、こういう爽やかさも上手いんですよね~。
恩田さんの書く高校生は大好きです^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584628

この記事へのトラックバック一覧です: 『夜のピクニック』 恩田陸:

» 夜のピクニック [本読み日記]
夜のピクニック 恩田 陸 ただひたすら歩き続ける「歩行祭」 でもね、クラスの仲間、友人と歩くってなんかいいよね。 私が高校生ならば、かったるいなぁと文句をいいながらも、喜んで参加しているかもしれない。 1つのことを成し遂げる喜びは、友人たちと一緒というこ [続きを読む]

» 『夜のピクニック』 恩田陸 (新潮社) [活字中毒日記!]
夜のピクニック恩田陸著出版社 新潮社発売日 2004.07.30価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)ISBN  4103971053高校最後のイベントに賭けた一つの願い。あの一夜の出来事は、紛れもない「奇跡」だった、とあたしは思う。ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説。『小説 [続きを読む]

» 夜のピクニック [恩田陸さん、読書中…]
こういう奇跡を、高校時代柊も体験した、と思う。 柊にとって、高校最後のイベントは文化祭でした。 実行委員だったこと、美術部員で作品を仕上げなくちゃいけなかったこと、 受験も何も後回しにして文字通り学校内を駆け回った準備期間…。 [続きを読む]

» 『夜のピクニック』 [歯医者さんを探せ!]
● 表紙の印象    夜色の題字に、夜色の帯。中表紙も夜色と渋め。表紙も裏表紙も生徒のジャージ色、白が下色。挿画もあるので、装画は一般的に読後描かれているものなのだな。それにしてもここまで帯を計算にいれたデザイン、初めて見た気がする。本屋大賞受賞後に... [続きを読む]

» 『夜のピクニック』 恩田陸 新潮社 [みかんのReading Diary]
夜のピクニック 第26回吉川英治文学新人賞受賞作 第2回本屋大賞受賞作。 「本の雑誌」が選ぶ2004年度1位。 北高校の年行事の一つ、朝の8時から仮眠を少し取るだけで翌日の朝8時まで、全校生徒で80〓歩き続ける『歩行祭』が行われる。完走する為にただ歩き続ける。途 [続きを読む]

» 恩田陸『夜のピクニック』● [駄犬堂書店 : Weblog]
 そんなわけで読んでみましたよ。2004.7.30初版、2005.3.25第16... [続きを読む]

» 『夜のピクニック』 恩田陸 [読書感想文。]
夜のピクニック  ストーリー あの一夜に起きた出来事は、紛れもない奇蹟だった、とあたしは思う。 夜を徹して八十キロを歩き通す、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。 三年間わだかまっていた想いを清算すべく、あたしは一つの賭けを胸に秘め、当日を迎えた。去 [続きを読む]

» 第2回本屋大賞、恩田陸の「夜のピクニック」 [三太・ケンチク・日記]
「夜のピクニック 」、1200人もの生徒が、朝の8時から翌朝8時まで80キロを歩くという「歩行祭」、夜中に数時間の仮眠を挟んで、前半は団体歩行、後半は自由歩行と決められている、高校生活最後の大きな行事です。高校でのこの行事、僕の知ってるところでも、旧制高校 [続きを読む]

» 夜のピクニック [すぬの読書日記]
夜のピクニック みんなで夜歩く。 ただそれだけのイベントを通じて高校生たちが一つ大人になります。 ただ、一晩、歩くだけ。 知らずしらずのうちに自分を飾ったり偽ったりして高校3年間を過ごしてきて、 最後のこの行事で友情や疲れゆえのふとした気のゆるみで [続きを読む]

» 夜のピクニック [恩田陸] [+ ChiekoaLibrary +]
夜のピクニック恩田 陸新潮社 2004-07-31 上手く言うことなんてできない。きっと分かってもらえないだろうとも思う。 でも、あの一夜の出来事は、紛れもない奇跡だった。 ノスタルジーの魔術師が贈る、永遠普遍の青春小説。(帯より)今読み終わったばかりだけど、もう一 [続きを読む]

» 「夜のピクニック」経験者約1名。 [つやつやビジョン]
第2回本屋大賞を受賞した、恩田陸さん著「夜のピクニック」。 現在映画が製作されているベストセラー。 夜を徹して全校生徒が80キロを歩き通すという「歩行祭」。高校3年の秋にこの高校最後の一大イベントに参加する高校生の姿を描いた作品です。 それこそもう、真っ [続きを読む]

» 夜のピクニック 恩田陸 [苗坊の読書日記]
夜のピクニック オススメ! 毎年、北高では1年の最後の行事に「歩行祭」というものがある。 名のとおり、朝8時から丸1日かけて80キロの道のりをひたすら歩く。 膝に痛みを感じていた西脇融は、自由歩行の際に、テニス部の部員達と歩くか、親友の戸田忍と歩くか、. [続きを読む]

» 夜のピクニック/恩田陸 [心理学とタイとウルティマオンライン]
この高校では毎年1回「歩行祭」という1晩を徹して歩くというイベントが行われている。 主人公たちは高校3年生。 最後の「歩行祭」だ。 物語は「歩行祭」に参加する主人公たちをまるで撮影するように追いかける。 まるでロードムービー。 仲間と共に歩く。 やりのこし [続きを読む]

» 夜のピクニック [乱読日記]
恩田 陸 夜のピクニック 結構前、本屋対象受賞作ということで平積みされてたなぁ…。 それをなんで今読んだかというと…。 ブックオフに売ってたから(笑) 年末大掃除の関係で本を大量に処分。 36冊→資源ごみ(泣) 29冊→ブックオフ といった感じでした。 [続きを読む]

» 善い恩田陸と悪い恩田陸 [キング堂 ブログ支店]
『夜のピクニック』 最初この小説のあらすじを知ったとき、キングの『ロングウォーク』に影響された作品か? と思ったのですが、作者の母校で実際に行われている行事を基にしているそうな。どうりで疲れの描写がリアルなわけだ。 解説に「ロングウォークの経験などないのに、まるで過去に経験したかのような感覚を覚えてしまう」とあるように、『スタンド・バイ・ミー』と同様、自分にもこんな経験がある、またはこんな経験があったような気にさせる、あるいはこんな経験が無かった事に対する胸が疼くような後悔を感じさせてくれる... [続きを読む]

» 「夜のピクニック」恩田陸 [AOCHAN-Blog]
タイトル:夜のピクニック 著者  :恩田陸 出版社 :新潮社 読書期間:2006/10/10 - 2006/10/12 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。三年間わだかまった想いを清算するために―。今まで誰にも話したことのない、とある秘... [続きを読む]

» 夜のピクニック / 恩田陸 [読書発電所Annex]
きのうの世界で懲りた恩田陸ですが、その後hani0さんやRokoさんに勧められた [続きを読む]

« 『大独身』 清水ちなみ | トップページ | 『ラッシュライフ』 伊坂幸太郎 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ