ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« ロックを語りたいのだ! | トップページ | 『「撮る」だけで心と身体が若返る』 佐藤富雄 »

『ハネムーン』 吉本ばなな

ハネムーン (中公文庫)
吉本 ばなな
中央公論新社

 ばななさんの小説って、いつも不思議な空気が流れています。さらっとしていて、どこにでもいそうな人のようで、でも、こんな人実際にはいないという感じの人物が登場してきます。このお話の主人公もそう、不思議な女の子と男の子のお話です。

 人間が2人以上同じ家に住んでいれば家族か形成され、その家族が個人に影響を与えるんですよね。鶏が先か、卵が先かって感じですね。同じ屋根の下にいても、決して心を許さず、家族を形成できない人達もいるけれど、それだって家族というものに抵抗するという方法で、家族からの影響を受けてるって事になるのではないでしょうか?

 ずっと一緒に住んでいるから分かり合えること、一緒にいても分からないこと、離れていても分かること、離れているから分からないこと、それぞれが大事なことなのだと思うのです。

« ロックを語りたいのだ! | トップページ | 『「撮る」だけで心と身体が若返る』 佐藤富雄 »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584643

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハネムーン』 吉本ばなな:

« ロックを語りたいのだ! | トップページ | 『「撮る」だけで心と身体が若返る』 佐藤富雄 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ