ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『夜回り先生と夜眠れない子どもたち』 水谷修 | トップページ | 『イチロー革命』 ロバート・ホワイティング »

『ピンク・フロイド STORY & DISCOGRAPHY』 ジョーソン・リッチ

ピンク・フロイドSTORY&DISCOGRAPHY (EXCEED PRESS POP CULTURE SERIES―MUSIC)
和久井 光司 菅 岳彦 松井 巧
エクシードプレス

 先日読んだ ブリティッシュ・ロックへの旅 でピンクフロイドのことがどうも気になってしまって、この本を読んでみました。

 「The dark side of the moon(狂気)」は1973年3月に発表され、イギリスのチャートでは2位止まりだったけど、アメリカでは初のNo.1になりました。でも、凄いのはここから先、ビルボードのTop200に何と8年、724週連続チャート・インというとんでもない記録を作ったんです。
 わたしはピンクフロイドに関しては、特別聞いたってことはなかったけれど、それでも「狂気 Darkside of the moon」は持ってるもの、超ロングセラーってことですよね。

 「Piper at the gates of dawn」はアビーロード・スタジオで録音されたんだけど、その時に隣のスタジオで録音してたのがビートルズの「Sgt. Peppers lonely hearts club band」!ポールはピンク・フロイドのレコーディングを見学に行って、かなり気に入ったらしいんです。そのご縁(?)で「No more lonely night」(Yah! Broad Street)のギターはデイブ・ギルモアが弾いてます。

 初代リーダーのシド・バレットがLSDのやりすぎで精神に異常をきたしてしまい、引退したあと、ロジャー・ウォータースがリーダーとなり、シドの替わりのギタリストとしてデイブ・ギルモアを連れてきたんですね。ギルモアも曲作りの才能がある人で、結局2人で曲を作るようになったわけです。このグループのメンバーは全員建築を専攻してたんですね。曲作りにも、ステージ作りにも、他のグループとは全く違うセンスが感じられるんです。大がかりなライトを使ったショーの構想も、かなり初期からあったようです。

 ロジャー・ウォータースが抜け、デイブ・ギルモアがリーダーとなりました。ロジャーがいなけりゃピンクフロイドじゃないって言う人もいるけれど、それでもピンク・フロイドは存在し続けるのです。

« 『夜回り先生と夜眠れない子どもたち』 水谷修 | トップページ | 『イチロー革命』 ロバート・ホワイティング »

音楽が聞こえてくる本」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584661

この記事へのトラックバック一覧です: 『ピンク・フロイド STORY & DISCOGRAPHY』 ジョーソン・リッチ:

« 『夜回り先生と夜眠れない子どもたち』 水谷修 | トップページ | 『イチロー革命』 ロバート・ホワイティング »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ