ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『男の絵手紙』 小池邦夫 | トップページ | 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 »

映画 「ターミナル」

 監督がスピルバーグで、主演がトム・ハンクスだから間違いない!ということで観にいってきました。そして感想は、「期待通り、いい映画でした!」

 主人公ビクターは、J.F.K空港に到着したのだが、母国でクーデターが発生し、無国籍者となってしまいます。そして空港から出ることができなくなってしまんです。英語もほとんど分からない彼が、そこに自分の居場所を作り、友達を作り、だんだんと適応していく姿は痛々しくもあり、頼もしくもあるのです。

 トム・ハンクスはやはり「化け」ますねぇ。旧ロシアから独立した小国から来た男を見事に表現しています。自分の身に起きた出来事を理解できずに呆然とする姿、空港で捕まりそうになったロシア人男性を助けた時の毅然とした姿、そしてラストの達成感にあふれた姿、どの姿もすばらしい。

 空港って、不思議な空間ですよね。来る人、行く人、目的も行く先も様々で、いろんな人がいて、でもそこは通過点でしかないんです。ゲートを越えるまでは入国したわけじゃない、つまりそこはどこの国でもないってことですよね。不思議の国のアリスの世界に近いのかもしれないなんて思ってしまいます。

 ずっと空港の景色を観ていたら、なんだか旅に出たくなってきてしまいました。

2004年 アメリカ(UIP配給)
原題:The Terminal
監督:スティーヴン・スピルバーグ
@錦糸町楽天地

« 『男の絵手紙』 小池邦夫 | トップページ | 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 »

映画」カテゴリの記事

コメント

トム・ハンクスは好きですね。
その昔、『スプラッシュ!』と言うファンタジーを映画館で見ました。
わしが劇場まで足を運ぶのはホントに珍しい事で、今でも印象に残っています。
ところで、11月に北海道に行った時乗ったのが、実は初めて飛行機に乗ったと言う訳です。
『飛行機ってホントに飛ぶんだぁ〜』と正直、しみじみ思いましたね(爆)  

わたし、初めて飛行機に乗ったのが国際便で、たった一人で目的地まで乗り換え2回、通算でまる1日かかってトホホだった記憶がござんす。
トム・ハンクスって「めぐり逢えたら」からのファンなんですけど、どの作品もはずれなしですねぇ。

Rokoさん、こんばんは。
お邪魔しま〜す。
空港って旅慣れていないと不安な場所に感じませんか?
特に国際線ってよく分らなくて、毎回びびっていた気がします。
入国チェックの所なんて、英語が分らないとホントに「???」って感じですよね。
そんな誰もが一度は感じたことのある不安さを表していて、映画を「分るよ~!」って思いながら見てました。
そういう所も表していて、上手い映画だな~って思いました。
トム・ハンクスが出演している映画って本当にハズレがないですよね。
貴重な俳優ですね。

トム・ハンクスって、決して化けるって感じじゃないんだけど、宇宙飛行士になっても、社長さんでも、田舎のおじさんでも、どれもなりきってるんですよね。
不思議な人で、とっても好きです。
ヘ(^o^)/

こんにちは。
TBありがとうございました。
トム・ハンクスってやっぱりうまいですよね。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズは綺麗でしたし...
ターミナル、よかったなぁ。

ターミナルって、本当にイイ映画でしたよね。
トム・ハンクスは「ダ・ヴィンチ・コード」にも出るんですって!
こちらも楽しみです。

Rokoさん、こんばんは。

英語が全くわからない役。
本当に理解できないのか?って思うくらい
喋る英語はタドタドしいし、子供みたいに無邪気な顔していましたよね。

私もこの映画見ていたら旅したくなりました。
無国籍になって空港に留まるのは困りますけど。

ななさん☆こんばんは
こんな目にあったら怖いなぁと思いつつも、海外旅行へは行きたいです。
今すぐにでも!(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584674

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ターミナル」:

» お正月映画 [図書館で読書]
[:祝:]あけましておめでとうございますっ!! 今年もよろしくお願いいたします[:ラブ:] 1日は映画の日ということで、母が映画を見に行きたいと言い出し、いって参りました。 しかも、映画のはしごしましたヨ。 まずは一本目。 『ターミナル』・・・・トム・ハンク [続きを読む]

» ターミナル [読書発電所]
 映画ターミナルを見てきました。  キャサリン・ゼタ・ジョーンズにみとれ、トム・ハンクスの演技に惚れ惚れした映画でした。  その前に観たハウルに比べ、ストーリーのシンプルなこと。 さすが直球一本勝負のアメリカ映画で、非常にわかり易いですね。  約束を果たす為 [続きを読む]

« 『男の絵手紙』 小池邦夫 | トップページ | 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ