ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 映画 「ターミナル」 | トップページ | 『成功する人の「甘え力」』 和田秀樹 »

『グラスホッパー』 伊坂幸太郎

グラスホッパー
グラスホッパー
posted with amazlet on 04.12.30
伊坂 幸太郎
角川書店

 殺し屋にもいろんなタイプがあって、ナイフを使う人、心理的に追いつめて自殺を強要する人、ただ背中を押すだけの人。それぞれ手段は違うけど、自分の技術に自信を持っていて、自分は職人だという意識で仕事をしていくところがスゴイ!そして自分は一匹オオカミだということに自信を持ち、「こういう業界」という言葉には違和感を感じている。そんな彼らの心の葛藤が面白いんだなぁ。

 別々に生きていた3人の男達がもつれた糸に引きずられるように、1つの場所にたぐりよせられていくところは、予想通りなんだけど、やっぱり裏切られるって感じかな?

 伊坂さんの作品に出てくる人ってみんな、どこかヘンで、子供っぽくて、自信がありそうで実はそうでもないって思いませんか?そんな人達が今回も活躍してくれます。

 このストーリーの中に、「オーデュボンの祈り」の引用が出てくるので、これからこの本を読もうと思っている人は、「オーデュポンの祈り」を先に読んでおいてくださいね。

 そして、ストーリーとは関係ないんだけど、「ブライアン・ジョーンズがローリング・ストーンズにいた証拠なんてない」というフレーズがなんだか気に掛かるんだなぁ。現在のストーンズしか知らない人にとって、ブライアンの存在はどんな意味があるんだろうってね。だけど、ブライアンがいたからこそストーンズがあるわけで、でもその証はどこにあるんだろう?って考えれば考えるほど難しいなぁ。

トラックバック先
本を読む女。改訂版
アン・バランス・ダイアリー
たりぃの好きなもの
雑板屋

« 映画 「ターミナル」 | トップページ | 『成功する人の「甘え力」』 和田秀樹 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

ユミさん☆TBありがとうございます。
伊坂さんの作品って、心理戦があったり、妙な言葉遊びがあったり、いろんなファクターがあるんですよね。
誰か一人に思い入れができたら、かなり楽しめると思いますよ。

伊坂さんは、色々な作品がリンクしているのも楽しみですが、そうなると読む順番もありますよね・・。
「オーデュボンの祈り」はまだなのです。失敗したー!読む頃には「グラスホッパー」の引用は、記憶が薄れてるんだろうな(涙)。
そうそう、私は洋楽に疎いのですが、ロック好きのRokoさんには、また別のお楽しみもあったのですね。フォークですが、伊坂さんの作品を読むとデュランも聞いてみたくなります。

juneさん☆コメントありがとうございます。
伊坂さんって不思議な表現をするのが好きですよね。
そんなもの、この話に関係あるの?って思って読み進んでいくと、とんでもない伏線だったり、ぜんぜん関係なかったり。(笑)

こちらからもTBさせていただきます。
確かに伊坂作品には、稀有な人々が多いですね。
そこをきっちり書き上げているので、稀有なのに感情移入してしまうという妙な気分になったります。これが伊坂作品の魅力だったりしますね。これからもよろしくお願いいたします。

流石奇屋ヒットさん☆コメント&TBありがとうございます。
伊坂作品の登場人物って、こんな奴いるか?な人が多いけど、みんな魅力的ですよね。
どうぞ、よろしくお願いします。m(__)m

個性的で、どこか普通とズレた登場人物たちが、おもしろいです。伊坂作品は、グラスホッパーと、重力ピエロしか読んだことがないので、他のも読んでみたいです。

BIONさん☆そうなんですよ。
いつもヘンな人が出てくるんだけど、そのヘンさかげんが大好きなんです!

>ブライアン・ジョーンズがローリング・ストーンズにいた証拠なんてない
他にもシド・バレットがピンク・フロイドにとか、ロイ・ウッドがELOにとか、ブライアン・イーノがロキシー・ミュージックにとか、ヴィンス・クラークがティペッシュ・モードにとか、いろいろ考えられますが、やっぱり「ブライアン・ジョーンズが~」が一番しっくりしますね(笑)

kingdowさん☆やっぱりブライアン・ジョーンズですよね。
でも、シド・バレットもいい感じ。(^^)v
小説の本筋よりも、こういうところに反応しちゃうのって、何故なんでしょ?
伊坂さんにとっての仙台は、キングの描くキャッスル・ロックに通じるところがあるのではっていうkingdowさんのご意見に、わたしも一票です。
ニュー・イングランドの風景と仙台の風景は、何となく共通したものを感じるんです。

こんちは!Rokoさん
トラバ&コメントをありがとうございます。
コメントをいただいた方のブログから2記事にトラバ送信して、またまた誤送信の表示が出まして、いつものメインの「雑板屋」からもトラバを送信しましたが、こちらから見て反映していないのですが、送信完了してますか?
毎度毎度ほんっと、すみません。。。
またこちらからも再度お邪魔させてもらいます☆

ゆきちさん☆こっちの受信状態がおかしくてゴメンなさい。
オマケに、こちらからトラバが沢山届いちゃって、これまたゴメンなさい。m(__)m
コレに懲りずに、またトラバ&コメントを下さいね。

Rokoさーーーーん!!
今、トラバに成功しました~♪
きゃあああ~♪
嬉しいですう
いやぁ~はは(笑
そんなわけで、夜な夜な報告に参りました!


ゆきちさん☆トラバ頂きましたぁ!!ヽ(^0^)ノ
3:39って、もしかしてサッカー見てた?
こんなに頑張ってもらっちゃって、嬉しいですぅ!
これからも、よろしくお願いします。m(__)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584676

この記事へのトラックバック一覧です: 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎:

» グラスホッパー/伊坂幸太郎 [ひまさえあれば]
妻を殺された鈴木,殺し屋蝉,自殺屋鯨。 フツーの人1人と個性的な2人が繰り広げる物語ですが…。 鈴木さんの復讐心には共感しましょう。 蝉くんのユーモラスさも○です。 イチバンよかったのはあの殺された奥さん…とても魅力的。 しっかし読後感は…。 ウ〜ン… [続きを読む]

» 「グラスホッパー」 伊坂幸太郎 [流石奇屋〜書評の間]
著者: 伊坂 幸太郎 タイトル: グラスホッパー 読みました。 面白かった。疾走感のあるストーリーライン。そして圧倒的な伏線・仕掛けにもう脱帽です。 これは一般的にミステリと呼ばれる種の小説よりもミステリです。このミステリの解決すべき問題は「この物語 [続きを読む]

» 「グラスホッパー」伊坂幸太郎 [本を読む女。改訂版]
グラスホッパーposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 2伊坂 幸太郎角川書店 (2004.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ワタクシ事ですが、伊坂幸太郎を読むのはこれで6作品目(アンソロジー除く)、 それもここ半年以内に一気に読 [続きを読む]

» 『グラスホッパー』 伊坂幸太郎 角川書店 [アン・バランス・ダイアリー]
グラスホッパー 『どんな動物でも密集していけば、種類が変わっていく。黒くなり、慌ただしくなり、凶暴になる。気づけば飛びバッタ、だ』 殺し屋が主人公の話と聞いて、ちょっと敬遠していたのですが、なかなか面白かったです。ご本人もおっしゃていますが、今までの作. [続きを読む]

» 「グラスホッパー」(伊坂幸太郎著) [たりぃの好きなもの]
 今回は 「グラスホッパー」 伊坂 幸太郎著 です。この本は第132回直木賞の候補作になりましたね。... [続きを読む]

» 「グラスホッパー」伊坂幸太郎 [雑板屋]
〜主に活躍する人物〜 ・元中学教師で、現在は非合法会社の頼りない社員の鈴木 ・とにかく名の通りにデカ男で、寡黙な自殺屋の鯨 ・一家惨殺を得意とするナイフの名手、殺し屋の蝉 平和に平凡に暮らす人々とはかけ離れたような闇の社会で、亡き妻の復讐に燃えよ....... [続きを読む]

« 映画 「ターミナル」 | トップページ | 『成功する人の「甘え力」』 和田秀樹 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ