ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『間取りの手帖』 佐藤和歌子 | トップページ | 『男の絵手紙』 小池邦夫 »

『うおつか式生活哲学入門』 魚柄仁之助

うおつか式生活哲学入門
魚柄 仁之助
講談社

 みんなの自慢技がすごーいんです。安いからって買ってしまったニンジン一山、もらい物のじゃがいも一箱、せっかく手に入れたモノなんだから、絶対に全部食べてやる!っていう気合いがすごいんです。

 たとえばカレーの場合、カレーを大鍋いっぱい作ります。何日かかけて全部食べます。そこからが技なんです。カレーがなくなっても、内側に少量のカレーがこびりついていますから、そこにごはんを入れてカレーチャーハンを作ります。更に、チャーハンの後の鍋にお湯を入れ、野菜を放り込んでカレー風味のスープにしちゃいます。(鹿沼市のY子さん)

 実にお見事、「いいですねぇ、エコロジーだの、○○にやさしいだのを盾にしとらんところがすがすがしい」と仁ちゃんはおっしゃるのだ!

 保温調理もスゴイです。専用の鍋なんか買いません!シチューなどの長時間かかる料理も、沸騰後3〜4分で火から下ろして発泡スチロールの箱に入れたり、古い布団でくるんだりして保温しちゃうんです。

 ちょっとした頭の使い方で、いろんな事ができちゃうんだってところが面白いですねぇ。エコロジーだなんだいうよりも、「もったいないじゃない!」っていう方が力が湧いてくるんですねぇ。そういうのって、人間らしくていいと思いませんか?わたしはそういう人達が大好きです。

« 『間取りの手帖』 佐藤和歌子 | トップページ | 『男の絵手紙』 小池邦夫 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584672

この記事へのトラックバック一覧です: 『うおつか式生活哲学入門』 魚柄仁之助:

« 『間取りの手帖』 佐藤和歌子 | トップページ | 『男の絵手紙』 小池邦夫 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ