ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『斎藤一人のツキを呼ぶ言葉』 清水克衛 | トップページ | 映画 「ネバーランド」 »

『潤一』 井上荒野

潤一
潤一
posted with amazlet on 05.01.18
井上 荒野
マガジンハウス

 出会った場所も、女性の年齢もバラバラだけど、青いフリースを来た潤一に出会うと、なぜか彼女達は心惹かれてしまう。彼に出会った様々な女性の言葉で語られる潤一は、いい加減で、衝動的で、優しそうで、危うくて、魅力的な青年なんです。

 大抵の男の人って権力とか、地位とか、力とか、お金とか、そういうもので自分を魅力的に見せようとしてしまうのだけど、それってとんでもない勘違いなのよね。そういうのが好きな人は確かにいるけど、それだけじゃないんだって!

 潤一って一応大人だけど少年ぽくって、どこにも属していなくて、素直な性格で、自由に生きている。そんな男に女はどうしようもなく惹かれてしまうんですよ。安定感はないけど、逆に気楽さがあるその姿に「あっ、いいなぁこの人」って思っちゃうんだなぁ。

« 『斎藤一人のツキを呼ぶ言葉』 清水克衛 | トップページ | 映画 「ネバーランド」 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584610

この記事へのトラックバック一覧です: 『潤一』 井上荒野:

« 『斎藤一人のツキを呼ぶ言葉』 清水克衛 | トップページ | 映画 「ネバーランド」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ