ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『潤一』 井上荒野 | トップページ | 『面白いほど成功するツキの大原則』 西田文郎 »

映画 「ネバーランド」

ネバーランド
ネバーランド
posted with amazlet on 06.04.25
アミューズソフトエンタテインメント

 この映画の原題は「Finding Neverland」。どのようにしてピーターパンの物語ができたのかというお話です。

 主演のジョニー・ディップに惹かれてこの映画を見たのですが、彼よりも気になってしまった出演者が2人いました。夫を癌で亡くした未亡人シルヴィアを演じたケイト・ウィンストレット(タイタニックのヒロインを演じていました)は、母親の優しさと強さがあってとても美しかったし、その三男のピーター(ピーターパンは彼の名から付いた)を演じたフレディ・ハイモア君がとてもイイ!黒い杉綾のコートを着た彼の瞳がたまらん!のです。

 ダスティン・ホフマンが出演しているのにもビックリしてしまいました。彼は大人になったピーターパンの物語「フック」でフック船長役でしたよね。

 100年前のロンドンが舞台なのですが、この頃って自動車と電灯はあるけれど、それ以外は殆どが人力の時代なんですね。舞台装置を動かすのも、家事労働もすべてが人の力。主人公が原稿を書くのも、タイプライターではなくノートとペン。映画もラジオもまだない時代、演劇が最もポピュラーな表現だった時代なんですね。

 主人公ジェイムス・バリの親友がコナン・ドイル(もちろんシャーロック・ホームズの生みの親)だなんて、不思議な巡り合わせがあるものです。この2人によって作られた物語が、今でも大勢の人達に読みつがれているというのは凄いことですよね。

 ジョニー・ディップは、よくカメレオン俳優って呼ばれるけど、この映画でも見事にスコットランド出身のジェイムス・バリを演じていて、見事に英国紳士になってます。でも、子供達と遊ぶシーンで海賊の船長になると、それはまるでパイレーツ・オブ・カレビアン!こういうのがやっぱり似合うなぁ!

 この映画の終盤には、やっぱり泣いちゃいました。胸が熱くなるってこういうことなんだって、しみじみ感じてしまいました。特に最後のベンチでのシーンは忘れられないです。

 ネバーランドってどんなところなのかな?そこは、きっと美しくて楽しいところだよね?

2004年 アメリカ=イギリス
原題:Finding Neverland
監督:マーク・フォスター
@錦糸町楽天地

« 『潤一』 井上荒野 | トップページ | 『面白いほど成功するツキの大原則』 西田文郎 »

映画」カテゴリの記事

コメント

cyazさん☆TBありがとうございます。
少年の心を持った大人って魅力的ですね。
そして、ケイト・ウィンスレットがとにかく素敵でした。

ケイト・ウィンスレットが母親らしくて、良い感じでしたね。どうしても「タイタニック」の印象が強いですが、この人は元々演技の上手い人なんでしょうね~。
フレディ・ハイモアとジョニー・デップの再びの共演、楽しみですね!
TBさせて頂きました。

sheknowsさん☆コメント&トラバありがとうございます。
「チャーリーとチョコレート工場」は、今から楽しみ!
絶対見るぞ~!

僕は劇中のピーターパン役の人が、結構好きだったりします。あはは。
ふと、僕にとってのネバーランドはどこだろう?などと考えたりして・・・
で、やっぱチョコレート工場、前評判いいですねーー。こりゃ楽しみ

winosさん☆お久しぶりでやんす。
> ふと、僕にとってのネバーランドはどこだろう?などと考えたりして・・
うむ、それは難しい!
それって、永遠のテーマなんじゃないかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584550

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ネバーランド」:

» 『ネバーランド』 [京の昼寝〜♪]
■監督 マーク・フォスター ■キャスト ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、フレディ・ハイモア、ダスティン・ホフマン  ピ−ター、そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば必ず行ける。 20世紀初頭のロンドン。 劇作家のジェイムズ・バリ(ジョニー・デップ)は [続きを読む]

» 映画鑑賞感想文『ネバーランド』 [さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー]
さる造造す。 『FINDING NEVERLAND/ネバーランド』を観造よ。 監督は『MONSTER'S BALL/チョコレート』のマーク・フォースター(Marc Forster)。 出演はジェームズ・マシュー・バリ役にジョニー・デップ(Johnny Depp)、シルヴィア・ルウェリン・デイヴィズ役にケイト・ウィンス [続きを読む]

» Finding Neverland [引き出しの中身]
ネバーランド 監督:マイク・フォレスター 出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ダスティン・ホフマン、フレディ・ハイモア、ラダ・ミッチェル、イアン・ハート、ケリー・マクドナルド 2004年 アメリカ・イギリス 現実の生活では [続きを読む]

» ネバーランド [映画三昧ロック三昧]
「ネバーランド」 なるべく予備知識を入れずに映画に挑むことにしている。 「ネバ [続きを読む]

» You Don't Move Me 〜 動くんじゃねぇ [”Mind Resolve”]
   Notification. Keith Richards's? solo work feature       〜 キース・リチャーズ ソロワーク 特集 .    Chapter 001 . . 2006年春の来日が期待される The Rolling Stones 。 巷のストーンズ情報では、キース・リチャーズが、 映画『Pirates O [続きを読む]

» [映画] ネバーランド [日々の書付]
ピーター・パンの作者、劇作家のジェームズ・バリと、父を失った孤独な少年たちとの交流の物語「ネバーランド」。 劇作家のジェームズ・バリは公園で父親を亡くした4兄妹とその母シルヴィアに出会う。 バリは父親を亡くしてから子供らしさをなくしてしまった三男、ピーターを気にかけ、物語を書くようにすすめる。 そしてバリも、ピーターや子供たちとの交流によって新しい物語の着想を得る。 それは想像の世界「ネバーランド」の物語だった。 しかし、彼らとの交流は社交界によからぬ噂を呼び、シルヴィア母によって交流... [続きを読む]

« 『潤一』 井上荒野 | トップページ | 『面白いほど成功するツキの大原則』 西田文郎 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ