ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『四日間の奇蹟』 朝倉卓弥 | トップページ | 『東京アウトサイダーズ』 ロバート・ホワイティング »

『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎

陽気なギャングが地球を回す
伊坂 幸太郎
祥伝社

 4人組の銀行強盗団が、せっかく強盗でゲットした4000万円を別の強盗に取られちゃうっってところから話が始まります。強盗が強盗されるなんてマヌケな話なんだけど、もちろん取られっぱなしじゃ気が済みませんからね、当然反撃に出ていくんです。

 各章の始めに辞書の内容をイメージした記述が出てきます。最初の方は普通なんですけど、話が進むにつれ、面白い記述が増えてきます。ストーリーとシンクロしていて、この部分を読むだけでもかなりニヤニヤしてしまいます。

 たいくつ【退屈】①いや気がさすこと。だれること。②圧倒されること。へこたれること。③ひまで倦みあくこと。④映画、小説においては、内包する文学性の度合いに比例する、と誤解されることが多い。

 やくそく【約束】①くくりたばねること。②ある物事について将来にわたって取り決めること。契約。約定。③信頼の置けない相手に対しては特に行うこと。(本文より抜粋)


 強盗団のリーダー成瀬は、とにかくよくしゃべる男で、面白いことも言うけれど「過ぎたるは及ばざるが如し」なことが多々あるヤツなんです。無駄なことを言っているようで的を射ていたり、まともなことを言っているようでも誰もに聞いてもらえなかったり、でもコイツなしには話が始まらないんです。

 伊坂作品には必ずこういう登場人物が出て来るんだけど、その中でも成瀬はなかなか個性的で、またどっかに出てこないかななんて思わせてくれるヤツなんだなぁ!

トラックバック先
りょーちの駄文と書評
ナナメモ
たこの感想文
のほ本♪
おいしい本箱Diary
粋な提案
待ち合わせは本屋さんで
ディックの本棚

« 『四日間の奇蹟』 朝倉卓弥 | トップページ | 『東京アウトサイダーズ』 ロバート・ホワイティング »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。りょーちと申します。
「陽気なギャングが地球を回す」はなかなかよかったですよねー。
私も成瀬のキャラは大好きです!
この4人組みのその後の活躍などを伊坂さんに是非是非書いていただきたいですよねー。
ではでは。

りょーちさん☆コメントありがとうございます。
わたしも「説教泥棒」ってことばがぴったりな成瀬を大好きです。
伊坂作品には空き巣とか、恐喝とか、それぞれの専門家が登場するんですけど、みんな「こだわり」を持ってますよね。
みんな仙台に住んでるんだから、どこかですれ違ってるのかも?なんて想像してニヤニヤしてます。

TBありがとうございます。でもまたもや文字バケ・・・。何故なんでしょう?
よく考えたらこの作品、まともなキャラクターが一人もいない。曲者ばかりなのにさらっと読ませるのが上手いですねぇ。
この作品の舞台は違いますが、彼の描く仙台って、キングのキャッスルロックみたいな架空の街のような感じがしてしかたがありません。

kingdowさん☆コメントありがとうございます。
どうも、ExciteにTBすると文字化けするらしいということが判明しました。どーも、スイマセン。m(__)m
仙台って伊坂作品には良く出てきますね。
現代の話をしているはずなのに、10年くらい前の街のような、タイムスリップ感を感じます。
確かに、キャッスルロックのような架空の街として仙台を描いているのかもしれませんね。

こんにちは!
メッセージ&TBありがとうございました。
一見、『広辞苑』からそのまま引用したのかな…?に見えるところがミソですね(笑)
でも辞書にそのまま書いてある内容よりも「そうだよなあ!」と納得しちゃう部分が多いんです!?
映画の公開はまだちょっと先だけど、期待してます!

柊さん☆そうですよね。
広辞苑チックなんだけど、もっと毒がある感じで、梢さんが書いてらっしゃる要に、「悪魔の辞典」みたいなものを書いてもらいたいなぁなんて思っちゃいました。

辞書のような記述、おもしろいですよね。Rokoさんがおっしゃる通り最初は普通だったから、ただ辞書からの抜粋なのかとも思ってたのですが、さすが伊坂さん!
成瀬さんには是非又会いたい!
TBさせていただきました。

ななさん☆コメント&トラバありがとうございます。
ホント、伊坂さんの作品っていろんな仕掛けが入ってるから、1回読んだだけじゃ分からないことがあるのよね。
またこの4人で強盗やってくれないかなぁ。

こんにちは♪
伊坂さんらしい作品だと思いました。
映画のほうもとても気になっています(^^;
TBとコメント、ありがとうございました。

ゆこりんさん☆コメント&トラバありがとうございます。
たたみかけてくるような、ギャグとウンチクと説教が伊坂さんの魅力だなぁって思ってます。
続編も読まなくっちゃ!

TBありがとうございます。成瀬はいいキャラですよね。彼の裏話をもっと読みたい!続編も早く読みたいです!!

ERIさん☆コメント&トラバありがとうございます。
成瀬カンバック!ですね。

辞書の内容みたいな記述、笑えましたね。
一見普通で、危うく読み過ごしそうになりました。
こんなとこにも伊坂さんのサービス精神がよく表れてますね。
映画も続編も楽しみです。

藍色さん☆トラバ&コメントありがとうございます
そうなんですよ!
辞書の所がわたしのお気に入りです。(#^.^#)

Rokoさん こんばんは。
オシャレなセリフ。魅力的なキャラ。
予測不能の展開で、かなり楽しめました。
リンクもうまいですよね。
各章の始めの辞書の内容をイメージした記述笑えますよね~。
伊坂は未読作品が多いので、今後も楽しみです。

naruさん☆こんばんは
未読作品が多いってことは、これから楽しみがいっぱいあるってことですね。うらやましい~
伊坂さんの世界って、本当に楽しいですよ!

楽しい話だったので、続けて『日常と襲撃』のほうも読む予定です。
昨日の某新聞の夕刊によりますと、仙台市は映画『ゴールデンスランバー』のロケにかなりの協力姿勢だとか…。そうですよね、ほとんど仙台が舞台で、よい宣伝になっているはずですし…、そのくらいやらなくては。

ディックさん☆こんばんは
爽快なストーリー展開でしたね。(*^_^*)
そうですか、仙台が協力してくれれればゴールデンスランバー期待出来ちゃうなぁ!
でも音楽はどうするんでしょう?
そのまま使ってくれるかなぁ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584694

この記事へのトラックバック一覧です: 『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎:

» 2月新刊情報! [活字中毒日記!]
予定より1日遅れましたが、2月の新刊情報をお知らせします。 日本全国寒波が襲来してるが、今月も先月に引き続きあんまり目玉がない。 せめて本を読んで心だけでも暖まりたいな(笑) 懐がもっとも寒い時期だからこそ、出版界も少し構えているのであろうか・・・ ◎ [続きを読む]

» 伊坂幸太郎:「陽気なギャングが地球を回す」 [りょーちの駄文と書評とアフィリエイト]
陽気なギャングが地球を回す(ノン・ノベル)伊坂幸太郎著出版社 祥伝社発売日 2003.02価格  ¥ 880(¥ 838)ISBN  4396207557bk1で詳しく見る りょーち的おすすめ度: もう、こいつらで好きなように回してくれ。いや、こいつらなら地球を逆回転できる。海老一染 [続きを読む]

» 『陽気なギャングが地球を回す』 伊坂幸太郎 祥伝社ノンノベル (トラキチ) [My Recommend Books !]
陽気なギャングが地球を回すposted with 簡単リンクくん at 2005. 4.18伊坂 幸太郎祥伝社 (2003.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る かつてこんなに楽しい犯罪小説があっただろうか? 伊坂幸太郎の作品ってほとんどが仙台が舞台だが [続きを読む]

» 「陽気なギャングが地球を回す」(伊坂幸太郎著) [たりぃの好きなもの]
 今回は 「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂 幸太郎著 です。この本は2003年度「このミステリーがすごい!」第6位ですね。... [続きを読む]

» 「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎 [ナナメモ]
陽気なギャングが地球を回す伊坂 幸太郎 どんな嘘でも見破る、一を聞いて十を知る成瀬、大嘘つきで演説係響野、動物が大好きで無邪気なスリの青年久遠、秒単位の体内時計を持つドライバー雪子。綿密な下見に作戦会議、ロマンある銀行強盗を繰り返す4人だけれど、今回は... [続きを読む]

» 陽気なギャングが地球を回す / 伊坂幸太郎 [booksjp]
成瀬(リーダー)は嘘を見抜く名人、さらに天才スリ&演説の達人、紅一点は精確な体内時計の持ち主――彼らは百発百中の銀行強盗(ギャング)だった……はずが、その日の仕事(ヤマ)に思わぬ誤算が。逃走中に、同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯と遭遇。「売上」ごと車を. [続きを読む]

» 「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎 [雑板屋]
【死体を埋める経験なんてなかなかできるものじゃない!by響野】 銀行強盗・誘拐・・・世の中で計画するヤツがいるなら、そんなものはほとんど失敗に終わる・・・とずっと思っていた。 たぶん物心ついた頃から。 しかも幼稚でくだらない計画を立てた結果、死体を埋. [続きを読む]

» 伊坂幸太郎【陽気なギャングが地球を回す】 [ぱんどら日記]
伊坂幸太郎の小説は、「超能力を持っている人」や、超能力とは言わないまでも「特殊な能力にたけた人」が出てくることが多いですね。私の不得手な分野ですが……。 この小説にも、「嘘を見抜く名人」とか「正確な体内時計の持ち主」といった、ちょっと変わった銀行. [続きを読む]

» (書評)陽気なギャングが地球を回す [たこの感想文]
著者:伊坂幸太郎 いやー…評判の良さは聞いていたけど、確かにこりゃ面白いわ。ただ [続きを読む]

» 陽気なギャングが地球を回す(伊坂幸太郎) [のほ本♪]
スリが得意な男、ウソを見抜く男、正確な体内時計を持つ女、演説好きな男。考え方も... [続きを読む]

» 陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎 祥伝社 [おいしい本箱Diary]
これ、映画になってるんですね。 さかんに宣伝しておりますな~。5月13日から全国公開 だそうで。それに、これの続刊がでる、という話を聴きまして。 そうだ、これまだ書いてなかったよ~、と思った次第です。... [続きを読む]

» 陽気なギャングが地球を回す、伊坂幸太郎 [粋な提案]
装幀は松昭教。カバー写真はmable8(ALASKAJIRO)。カバーモデルはWAKAMAN3号。 1996年の第十三回サントリーミステリー大賞最終候補・佳作の原形を大幅に改変、書き下ろし。平成十五年新書版刊行。読... [続きを読む]

» 伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』 [待ち合わせは本屋さんで]
「ロマンはどこだ」 [続きを読む]

» 陽気なギャングが地球を回す/伊坂幸太郎 [ディックの本棚]
陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)  妙に陽気で明るい銀行強盗四人組の物語。『黄金の七人』というイタリア映画があった。伊坂幸太郎の日本版は四人、このほうが映画は低予算でつくりやすいかも知れない。  そうなると、四人それぞれに特徴ある人物配置をしなけれ...... [続きを読む]

« 『四日間の奇蹟』 朝倉卓弥 | トップページ | 『東京アウトサイダーズ』 ロバート・ホワイティング »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ