ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『マイ・ストーリー』 山本容子 | トップページ | 『家守綺譚』 梨木香歩 »

『幸福な食卓』 瀬尾まいこ

幸福な食卓 (講談社文庫)
瀬尾 まいこ
講談社

 食卓に家族が集まってご飯を食べるって、わたしはごく当たり前のことだと思ってたんですけど、最近はそうじゃないんですってね?家族の生活時間がバラバラだから、食事をする時間もバラバラで、「家族全員が揃ってご飯を食べる」っていうこと自体が珍しいことなってしまった家が多いんですって。

 一緒にご飯を食べるってことは、食事をするという意味だけでなく、コミュニケーションの場なんだと思うんだけど、そういう意義を知らない人が増えてるんですね。子供の頃にそういうクセがついてしまって、ご飯を人前で食べられない人がいるらしいけど、なんだか悲しいですね。

 この本に出てくるのは、解散しそうで解散しない、ギリギリのところでバランスを保っている家族です。それぞれ勝手なことをしようとしても、勝手になりきれなくて、結局食卓へ戻ってきてしまうところが妙におかしいのです。

 問題がなさそうに見える人にも悩みがあるし、とんでもない派手女と思っていたら、けっこう心が細やかな人だったり、他人には分からないようなものを心に秘めて、人は生きているんです。どんなに辛いことがあっても、悲しいことがあっても、ずっと泣いてばかりはいられないのです。食卓でご飯を食べられるという幸せが、そんな心を癒してくれるんですよ。

トラックバック先
本のある生活
本読み日記
猫は読書の邪魔をする
活字中毒日記
しんちゃんの買い物帳

« 『マイ・ストーリー』 山本容子 | トップページ | 『家守綺譚』 梨木香歩 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

家族で食卓を囲む事が実は幸せな事だと言うのは、大人になってから漸く気付いたわしです。
結構幸せに育ったんだなぁ~。
しかし、幸せだろうけど、やっぱ、鬱陶しいかも。
幸せなんだろうなぁ~。

家族で囲む食卓には、ちゃぶ台かコタツがいいなぁ。
お茶漬けだってさ、一人でモクモク食べるよりも、誰かと馬鹿話しながら食べた方がウマイに決まってるよね!
そんな小さな幸せっていいなぁ!

瀬尾まいこ応援BLOG!さん☆
活字中毒日記!さん☆
☆21st Century Comedyさん☆
猫は読書の邪魔をするさん☆
本読み日記さん☆
瀬尾さんのファンが確実に増えてますね。
もっともっと増えるように、盛り上げて行きましょうね。(^^)v

MICHI☆みすず さん☆TBありがとうございます。
瀬尾さんが描く世界って「普通の人の中にあるどこかずれた部分」であるような気がするんです。
それって誰の中にもあるものなのに、できるだけ見ないようにしているものなんでしょうね。

佐和子のお母さんが、家族の食事について、「栄養のバランスと確かなおいしさの保証が必要」というのに、深くうなずいてしまった。確かに家族の食事で冒険はしにくいもの・・。
でも家族の食卓って鬱陶しいけど、やっぱりあたたかいと実感。

juneさん☆コメント&TBありがとうございます。
おうちのごはんって一番なごむし、大事な物ですね。
こんなの当たり前だって思っている家庭の食卓って、平凡そうでいて、実はとても個性的なんですよね。

こんにちは。
こちらの記事にTBさせていただきました。

この読書は、ほんとうにいい時間を過ごしたという感じでした。
淡々と語られているからでしょうか、
妙に心にストンと落ち着きました。
ラストでは大いに心揺さぶられましたが、
読んだ後は、とても温かい気分になりました。

家族とは離れて暮らしているので、
たまに帰省すると、食事の時間がほんとうに楽しみな自分に気がつきます。
それほど『食』とは大切なのですね。実感。

Rutileさん☆トラバ&コメントありがとうございます。
家族と過ごす時間の中で、食事の占める割合は大きいですよね。
家族との食事が楽しみだという幸せを知らない人が増えるのは悲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584687

この記事へのトラックバック一覧です: 『幸福な食卓』 瀬尾まいこ:

» 瀬尾さん情報(エッセイ他) [瀬尾まいこ応援BLOG!]
ご存知の方も多いと思いますが、朝日新聞社系のサイト“よつ葉びより”に月に一回程度エッセイを書かれています。 小説の瀬尾さんではなく、もっと素顔に近い瀬尾さんに接することが出来ます。 現在アップされてる 記事の目次を作りました。 是非お読みいただけたら [続きを読む]

» 『幸福な食卓』 瀬尾まいこ (講談社) [活字中毒日記!]
幸福な食卓瀬尾まいこ著出版社 講談社発売日 2004.11価格  ¥ 1,470(¥ 1,400)ISBN  4062126737父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そして、その悲しい出来事のあとも…。とても切なくて、ちょっとおかしくてあたたまる、 [続きを読む]

» 今年期待される作家に・・・ [瀬尾まいこ応援BLOG!]
小学館の“WEBきらら”にて全国書店員さん座談会という特集を毎月行っている。 今月号(2月号)の特集として“「新ベストセラー発信地」関西地区の書店員さんが語る今年来そうな小説家”というテーマで関西の書店員3人の座談会を掲載しているのだが、瀬尾さんが冒頭で [続きを読む]

» 『幸福な食卓』瀬尾まいこ [☆21st Century Comedy]
『幸福な食卓』 瀬尾まいこ ☆ 今年最初に読んだ本。 これが最初である特別な理由は無い。 友人が良いようなことを言っているので読んでみた。 人の言うことは聞いてみるもので、良い本だった。 [続きを読む]

» 瀬尾まいこ 『幸福な食卓』 [猫は読書の邪魔をする]
幸福な食卓 自殺に失敗した父、そのことで心を病み別居中の母、とても優秀な成績だったのに大学進学せず農業に従事する兄。 そんな家族とともに暮らす佐和子は、父が自殺した季節、梅雨の頃になると体調をひどく崩す中学生。 父の自殺未遂という過去が根底にある [続きを読む]

» 幸福な食卓 [本読み日記]
幸福な食卓 瀬尾 まいこ いろいろなところで評判だった「幸福な食卓」。 家族の話かと思ったのですが、いやいや「生きる」ことの大切さを教えていただいたような気がします。 「死」というものを目の前で感じるってことは、ほんとに怖いことだと思います。 佐和子も [続きを読む]

» 吉川英治新人文学賞を受賞! [瀬尾まいこ応援BLOG!]
第26回吉川英治文学新人賞に瀬尾さんの『幸福な食卓』が選ばれました。 同時受賞は恩田陸さんの『夜のピクニック』。 どちらもいい作品なので妥当な受賞だと言えそうである。 この賞は大衆文学の新人賞で最も将来性のある新人に贈られる賞である。 いわゆる、芥川 [続きを読む]

» 新刊発売決定!タイトルは『優しい音楽』 ! [瀬尾まいこ応援BLOG!]
いよいよ待望の新刊の発売が決定しました。 双葉社から短編集が4月19日に出ます。 タイトルは『優しい音楽』で短編集の模様。 詳しくはこちら なんといっても価格が嬉しい。 お手頃で良心的な1260円(税込み)。 新たな出会いの季節にピッタシな時期に [続きを読む]

» 「幸福な食卓」瀬尾まいこ(講談社) [ゆめとうつつ読書感想Blog]
幸福な食卓瀬尾 まいこ講談社 2004-11-20売り上げランキング : 3,347おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 評価:♪×4 「父さんは、今日で父さんをやめようと思う」 父さんの突拍子もない宣言から、物語は始まる。 5年前に自殺未遂を起こした父... [続きを読む]

» 幸福な食卓 [本のある生活]
幸福な食卓 瀬尾さんの描く主人公って、淡々としているのに、知らないうちにものすごく感情移入してしまう。これも佐和子っていい子だなあと、素直に思えた。 高校生の時の学級委員のエピソードとか、私まで胸が痛くなってしまうくらいリアルで、学生時代ってこういうこ [続きを読む]

« 『マイ・ストーリー』 山本容子 | トップページ | 『家守綺譚』 梨木香歩 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ