ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『Teen age』 | トップページ | 『ツキを呼ぶ53の方法』 中谷彰宏 »

『アキハバラ@DEEP』 石田衣良

アキハバラ@DEEP
アキハバラ@DEEP
posted with amazlet on 05.02.11
石田 衣良
文藝春秋

 それではよいサーチを。父たちのひとりのいうとおり、どんなこたえを得るにしても、生きることは探すことで、良い人生とはよい検索だ。(本文より抜粋)

 石田さんって恋愛ものもいいけれど、やっぱり友情の話が一番得意みたい。今回の登場人物はアキハバラ系のちょっとオタクなヤツらばっかりだけど、みんな一芸あるやつばっかり。ページ、ボックス、タイコ、アキラ、イズム、ダルマ、みんなアキバに行ったら会えそうなヤツらばっかり。

 これまでは電気街としてのアキバだったけど、再開発計画が進んでどう変わっていくのやら?海外からの観光客も大勢やってくるし、最近は電気製品の店よりもフィギアやコミック同人誌系の店も増えて、この町はどんどん変貌し続けている。

 つくばエクスプレスが開通し、中央市場後には高層ビルが建ち並ぶアキバって、かなり近未来的な雰囲気になりそうかな?新しいビルはどんな感じかなって、先週見てきたんだけど、ちょっと綺麗すぎてアキバの雰囲気とは違うなって感じた。この物語の中にも新しいビルが登場するんだけど、やっぱり綺麗なアキバってのはありえないなぁってところかな?

 どんなにアキバが変わっていっても、アキハバラデパートも、ラジオ会館も、裏アキハバラも絶対に生き残るとわたしは信じてる。だって、こういうアキバらしさがなくなったら面白くないじゃない!

« 『Teen age』 | トップページ | 『ツキを呼ぶ53の方法』 中谷彰宏 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
>みんな一芸あるやつばっかり。ページ、ボックス、タイコ、アキラ、イズム、ダルマ、みんなアキバに行ったら会えそうなヤツらばっかり

アキハバラにはあまり行った事がなくて、石田氏の作品に出てくる渋谷、池袋あたりは地図がなんとなく浮かぶけれど、今作のアキハバラはかなり想像で読みました。
でも確かにすれ違う人の中にページたちがいそうな気がします(笑)。
ところで、後程此方からもTBさせて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

bamseさん☆コメント&TBありがとうございます。

衣良さんって、やっぱり町が好きなんだなぁなんて思います。
次は、どこの町を描いてくれるんでしょうか?
ところで、わたしは昨日もアキバへ行ってました。(^_^;
アキバは確実に元気です。

Rokoさん、こんばんは☆
アキハバラ@DEEPはほんとにDEEPな感じがしました。
アキハバラってかなり奥が深いんだな・・・・と、話読みながら思っておりました。

アキバ系を一種のジャンルにしてしまった秋葉原って元気な街なんですね~。
私はまだ未体験な街です(笑)

りーふいさん☆コメント&TBありがとうございます。
アキバ未体験ですか?
わたしはしょっちゅう行ってます。(笑)
青果市場後には高層ビルが建ち、ドンキーが進出し、秋にはヨドバシカメラもやって来ます。
それに合わせて秋葉原駅はリニューアル中で、どんどんキレイになってきました。
機会があったら、一度来てみてください、DEEPな町ですよ。

私も、アキバ未体験ですが、この本を読んでいってみたくなりました。
石田さんは、本当に街の今を書くのが上手ですよねー。
リンクに入れていただいてありがとうございます。また来ますね。

ゆうきさん☆コメント&TBありがとうございます。
アキバって怪しいイメージがありますが、裏の方は本当に怪しいです。(^^ゞ
でも8月末に「つくばエキスプレス」が開通すると、駅周辺はかなりイメージが変わるでしょうね。
その頃を狙って一度アキバ体験してみてくださいな。(^_^)v

TBありがとうございます。
ちょっといかがわしいそうな、裏アキハバラも、秋葉原なんですね、、
非東京圏在住者としては、勉強になります。

indibookさん☆
アキバへは、毎日いろんな国の人を乗せた観光バスがやってきます。
ここで働く人、買い物に来る人、メイドカフェへ行く人、あれやこれやらがゴチャゴチャしているところが魅力なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584716

この記事へのトラックバック一覧です: 『アキハバラ@DEEP』 石田衣良:

» 『アキハバラ@DEEP』 石田衣良 (文藝春秋)  [活字中毒日記!]
アキハバラ@DEEP石田衣良著出版社 文芸春秋発売日 2004.11価格  ¥ 1,700(¥ 1,619)ISBN  4163235302電脳街の弱小ベンチャーに集まった若者たちが制作した傑作サーチエンジン「クルーク」。ネットの悪の帝王にすべてを奪われたとき、おたくの誇りをかけたテロが [続きを読む]

» アキハバラ@DEEP [NEUTRULE]
池袋、月島、新宿など特定の街を舞台にすることの多い石田衣良。今回の舞台は、電気・IT・オタクの街、アキハバラ。主人公はそのアキハバラのオタク達で、彼らが開発した画期的なソフトを巡って話は展開していく・・・。オタクをポジティブな存在としてとらえ、来るべき未来 [続きを読む]

» 『アキハバラ@DEEP』 [歯医者さんを探せ!]
● 表紙の印象  おもしろーい... [続きを読む]

» 『アキハバラ@DEEP』  石田 衣良・著 [図書館で読書]
アキハバラ@DEEP 石田 衣良 【弱さだって、強さに変わるんだっ!!】 タイトル通りの「アキハバラ」を舞台にしたお話です。 “社会不適合者”と世間一般で言われちゃう若者たち6人ですが、好きなことをしている分だけ生き生きとしてるんですよね。 読み終わ [続きを読む]

» アキハバラ@DEEP 石田衣良 [ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary)]
ISBN:4163235302:detail 潔癖症で手袋がないと生活できないデザイナー。 文章力は天才的なのに、吃音で人としゃべれないライター。 時々氷のようにフリーズしてしまうデスクトップミュージシャン。 その世界では有名なハッカーだけれど、離人症気味のプログラマー。 引きこ [続きを読む]

« 『Teen age』 | トップページ | 『ツキを呼ぶ53の方法』 中谷彰宏 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ