ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『赤と黒』 南伸坊 | トップページ | 『都電 懐かしの街角』 天野洋一 »

『壜の中のメッセージ』 山川健一

 何年か前に、TVでビートルズ・ファン代表の財津和夫さんと、ストーンズ・ファン代表の山川健一さんの対談を見たのですが、もうどうしようもなく山川さんがカッコ良くて、その時から山川さんのファンになってしまったのです。

 この小説は山川さんのデビュー作で1981年のものなのですが、今改めて読んでみても、全く時代の隔たりを感じないんです。25年もの時間を超えて、青年のやる事というのは余り変わらないってことなんでしょうか?

 「壜の中のメッセージ」は、もちろんポリスの「メッセージ・イン・ア・ボトル」から取ったタイトルです。これ以外にも、イーグルスや、ピンク・フロイドや、ブルース・スプリングスティーン、そしてニナ・ハーゲン、もちろんストーンズの曲の話が出てきます。

 ストーリーを追うに連れ、それぞれの曲が頭の中で鳴り出したんです。ああ、作者と同じ時代を生きてきたんだなぁと、不思議な感慨が湧いてきたんです。こんなにロックな小説って、最近はないなぁって思います。というか、音楽が聞こえてくる小説って案外ないんですよね。

 わたしが手に入れたこの本は、文庫化記念として山川さんのサインが入ったものなんですけど、何でこんなものが昨年暮れに書店にあったのか?とても不思議です。こういうのも、本との運命的な出会いってことなんでしょうか?

« 『赤と黒』 南伸坊 | トップページ | 『都電 懐かしの街角』 天野洋一 »

日本の作家 やらわ行」カテゴリの記事

音楽が聞こえてくる本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584734

この記事へのトラックバック一覧です: 『壜の中のメッセージ』 山川健一:

« 『赤と黒』 南伸坊 | トップページ | 『都電 懐かしの街角』 天野洋一 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ