ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『佐伯チズの頼るな化粧品!』 | トップページ | 『脳はなぜ「心」を作ったのか』 前野隆司 »

ブックカフェで読書

 ブックカフェが随分増えてきましたね。とはいっても、我が家のある下町にはまだブックカフェがないんです。だから時々ブックカフェを目指して電車に乗ります。

 わたしが一番よく行くのは、東京駅の大丸6階にある三省堂に併設されたカフェ。ここだと、まだ買っていない本を持ち込んで読んでもいい(コミック、地図などは除く)ので、けっこう重宝してます。窓際のカウンターで外の景色を楽しんだり、コーヒーを入れているガラス張りのブースの前で、サイフォン(今どき珍しいでしょ)でコーヒーを入れているお店の人を眺めたりするのも大好き。

 東京駅というと、大抵の人は八重洲ブックセンターか、昨年に丸の内側のオアゾにできた丸善に行ってしまいますよね。どちらもお店が広くて、ちょっとマイナーな本を探すのに便利です。

 八重洲ブックセンターは、文庫や新書の品揃えがいいんですけど、上の方の階なので、時間のある時にしか行けません。ここではよくサイン会をやってます。わたしも何回か行きました。(^^ゞ 実際に作家の方に会うと、案外イメージが違っていたりしてビックリしちゃうことがあります。そうそう、浅田次郎さんの眼光が鋭くてビックリしたもんなぁ。本を買った後は、中2階でお茶もできますけど、おじさん向けのお店なのでオシャレ度が低いのがちょっと残念。

 オアゾの丸善は、書棚が高くて圧倒されてしまいますね。洋書の数も多いし、文房具コーナーも充実しているし、ちょっとアカデミックな気持ちになっちゃいます。オアゾの地下1階にはカフェがあるので、そこでちょっと休憩。こちらは丸の内側なので、けっこうオシャレな雰囲気です。

 大型書店だと、ブックカフェって作りにくいんでしょうか?大きなお店の中を歩き回ると疲れるし、買った本をすぐに開きたいから小さなカフェコーナーがあるといいのだけれど。そういう本屋さんが増えることを期待してます。

« 『佐伯チズの頼るな化粧品!』 | トップページ | 『脳はなぜ「心」を作ったのか』 前野隆司 »

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584728

この記事へのトラックバック一覧です: ブックカフェで読書:

« 『佐伯チズの頼るな化粧品!』 | トップページ | 『脳はなぜ「心」を作ったのか』 前野隆司 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ