ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『文房具と旅をしよう』 寺村栄次、浅井良子 | トップページ | 『ツキの天使がやってくる秘密のレッスン』 恒吉彩矢子 »

『漢方小説』 中島たい子

漢方小説
漢方小説
posted with amazlet on 05.03.06
中島 たい子
集英社

 私たちは、何かに頼るのはいけないことで、自分の力だけで本来は生きていかなくてはいけないと思いこんでいるところがある。実際はコンタクトや毛染めや銀歯や、頼り放題で生きているのに。(本文より抜粋)

 みのりちゃんは正体不明の病気で体調が悪いんです。いろんな病院へ行ってみたけど、どこへ行っても「どこも悪くありません」と言われてしまいます。でも、確実に体調はおかしいし、最後のお願いで漢方医へ行ってみると、西洋医学では取り合ってもらえなかった自分の体の状態をピタリと読み取られてしまったんです。

 みのりちゃんは、かなり真面目な人なんでしょうね?いろんなストレスに負けまいと頑張りすぎて、結局ストレスにつぶされてしまうんです。普通のOLサンとは違って、比較的自由になる時間が多いからなんて油断していたら、逆に安定していないストレスにやられちゃったってところなんでしょうか?

 31歳という年齢もストレスの一因なんでしょうね。歳を取っているわけではないけど、決して若くはない。将来結婚するのか、そうじゃないのか?今の仕事を続けていくべきなのか、そうでないのか?今のままの生活でいいのか、良くないのか?そんなことに揺れ続けるお年頃なのかもしれません。

 最後の方に、漢方は陰陽五行説の考え方を元にしているということを、主人公が理解していく所があるんですが、この部分は小説であることを忘れて、一緒に考えちゃいました。「喜びは悲しみに勝ち、悲しみは怒りに勝ち、怒りは思いに勝ち、思いは怖れに勝ち、怖れは喜びに勝つ。」うぅ~ん、深い!

 「恐れは喜びに勝つ」という言葉は恐いですねぇ。恐怖心があると喜びを忘れてしまうってことでしょ、そういう人、わたしの周りにもたくさんいます。自分の中にも、そういう部分があるし。恐れに勝つことができる「思い」を続けるためには「怒り」を捨てなければいけないし、漢方は哲学なのかもしれません。

 漢方は西洋医学と違って即効性はありません。そのかわり、長い時間をかけてジワっと効いて、本質的なところを変えてくれるものですよね。この本も、読み終わってからジワジワっと面白さがよみがえってくる漢方のような本だなって思います。

 最後に、この本の装幀と装画は南伸坊さんです。中身にピッタリな、すてきな絵だと思いませんか?

トラックバック先
ひなたでゆるり
どくしょ。るーむ。

« 『文房具と旅をしよう』 寺村栄次、浅井良子 | トップページ | 『ツキの天使がやってくる秘密のレッスン』 恒吉彩矢子 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

健康オタク気味な私は前から気になっていた『漢方小説』。
あんまり新刊(もう出版は少し前だけど・・・)では買わないのですが、とうとう買ってしまいました。
楽しみにして読んでみたいと思います。

Rokoさんもマイレコのメンバーになられたのですね。
わ〜い!お仲間です♪♪(笑)
マイレコに投稿したいのですが、これだ!と思える作品に出会えず、なか×②投稿できません(汗)
あちらでもよろしくお願いします。

りーふいさん☆
コメントありがとうございます。
この小説って、漢方入門っていう感じもします。楽しんでくださいね。
低血圧なわたしは、最近漢方薬デビューしました。
タイミングで読んだこの本には、セレンディピティを感じます。
マイレコのほうでも、よろしくお願いします。m(__)m

TBさせていただきました。
わたしは、この本を読んで以来、漢方が気になります!
「漢方入門」、確かに☆
漢方には今までほとんど縁がなく、新鮮な思いでこの本を楽しみました。

とかげさん☆コメント&TBありがとうございます。
とかげさんはお若いんですね。
この主人公くらいの歳になると、体もだけど精神的に不安定になる人が多いんですよ。
この本で予習しておくとイイかもしれませんネ。

いつからか人間は自力で生きていけなくなりました。
私もコンタクトがなければ外出できません。(^^;)
今年、みのりさんと同い年になります。
用心せねば・・・!

すぅさん☆コメント&トラバありがとうございます
何かに頼って生きているんだって自覚することが大事なんだって思います。
そして、何でもいいから大好きなこと、熱中できることがあればストレスに倒れることはないと、わたしは信じています。

ストレス、侮れないです。
子供が小学校に入学して、親もなれない日々。
兄弟の上履きを間違えて持たせたり、忘れ物のチェックをしなかったり、ミスばかりで目の周りが痙攣してしまいました。
友達に話してスッキリしたら治ったのですが、こういうところから心の病気になるんだって思いました。

ななさん☆いらっしゃいませ

ボヤキって大事ですよね。誰かに聞いてもらうと、それだけでスッキリ!
「自分がやらなくっちゃ!」という気持ちが空回りしちゃう事って多いんですよね。
「人に任せられることは任せちゃおう」って開き直っちゃうと楽なんだからぁ!

なんだかTBが送信失敗するので…ごめんなさい。
31歳になったらまた読んでみたい本です。これは買わなくっちゃ!

chiekoaさん☆
こんなことがあるんだってことを本で予習できていれば、きっと爽やかな30代を向かえられますよ!(^^)//

Rokoさん、こんばんは!
トラバありがとうございました。
最近、あまり体調がよくないので、漢方に頼ってみようかなぁ~なんて思っています。
陰陽五行説で人間の感情まで説明できるとは知りませんでした!
でも、上手いこと説明できてるんですよね。
深いですね~東洋医学って

エビノートさん☆こんばんは。
身体と相談しながら治療していく漢方って奥深そうです。
体調が悪いと、やる気まで無くなっちゃいますものね。
漢方で元気になって下さいね。

こんばんわ^^TBさせていただきました。
この作品を読んで、漢方に興味を持ちました。
私は結構緊張とかストレスが胃腸に来る人なので、即効性も必要ですが、漢方の方があってるような気がしまして。
ストーリーも良かったですね~。
面白かったです。
何だか奥深さも感じました。

苗坊さん☆トラバ&コメントありがとうございます。
この本も、漢方みたいにジワジワ効いてくる本でしたね。
それにしても、身体のことで悩みを持っている人ってこんなに多いんだってことにビックリしちゃいました。

こんばんは。
私も数年前に原因不明のめまいに襲われて漢方を服用したことがあります。
漢方って個別に処方されるんですね。
自分の体のことを知ることも大切なんだなと思いました。
じんわりと癒される作品でしたね。

ia.さん☆こんにちは
わたしも「めまい」で困っていた時に、漢方のおかげで治ったことがあります。
薬もだけど、自分の体調についてゆっくり考える時間を持つということも大事ですよね。
そして、それを理解してくれる人がいるということも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584746

この記事へのトラックバック一覧です: 『漢方小説』 中島たい子:

» 漢方小説 [Breezy days]
中島たい子「漢方小説」集英社 [Amazon] [bk1] 評価:★★★★ 川... [続きを読む]

» 中島たい子 『漢方小説』 [猫は読書の邪魔をする]
漢方小説 中島 たい子 みのり、31歳独身、シナリオライター、一人暮らし。 元彼が結婚すると聞いた日から胃に変調をきたし、病院を転々とするも一向に良くならず、昔受診したことのある漢方医の元を訪れる。そこで担当のソース顔の若い漢方医を気に入ったこともあり、し [続きを読む]

» 「漢方小説」中島たい子 [本を読む女。]
芥川賞候補になりました。今回の芥川賞は受賞作もさることながら 候補作もよさげなのが多くて、3冊くらいは読むことにしてます。 「人のセックスを笑うな」山崎ナオコーラ、「野ブタ。をプロデュース」白岩玄、 そしてこの「漢方小説」。 中島たい子さんは脚本家... [続きを読む]

» 『漢方小説』 中島たい子 (集英社) [とかげの、のほほん読書。]
漢方小説 ←こんな本です。 今回の、芥川賞候補作。 短いのですぐ読んでしまいました☆ 「きらら」という小学館が出してる文芸誌(頒価200円)に載っていた書店員さんのコメントでは、装丁が悪い、買う気にさせない、とのことだったのだが、装丁は南伸坊だぞ!!(→ [続きを読む]

» 『漢方小説』  中島 たい子・著 [図書館で読書]
漢方小説 中島 たい子 あらすじは↑↑上をクリックしてお読みください。 ぷち感想:私ももこんな漢方医に出会いたいナ。 健康オタク気味な私はこちらの本のタイトルがずっと気になっていました。 一ヶ月ほど前に「ええいっ!買っちゃえっ[:ラブ:]」と衝動買いして [続きを読む]

» 『漢方小説』 [「女流作家」の楽しみ方!]
弱くたってかまわない hReview by ☆すぅ☆ , 2005/09/27 漢方小説 中島 たい子 集英社 2004-12          アロマにもサプリメントにも遅ればせながら、ハマった私。次は漢方に行きそうな気がして来た。 今の世の中、1日をムカつ [続きを読む]

» 『漢方小説』 中島たい子  集英社 [みかんのReading Diary♪]
漢方小説 31歳独身のシナリオライターみのり、元彼が結婚すると聞いてから、胃が暴走(苦笑)救急車で運ばれるがその途中もこんなことで救急車に乗って良いのか来ている服に後悔したりと胃も気持ちも乱れっぱなし。その後もハッキリした病状も出ず5件目の病院へとたど [続きを読む]

» 漢方小説 〔中島たい子〕 [まったり読書日記]
漢方小説 ≪内容≫ みのり、31歳、独身。 元カレが結婚すると知ったその日から、原因不明のふるえに襲われた。 病院でも異常は見つからない。 行き着いた先は漢方診療所。 独特の視点を持つ東洋医学に戸惑いながらも、自分に何が起きているのか答を探していく、みの....... [続きを読む]

» 漢方小説 中島たい子 [苗坊の読書日記]
漢方小説 オススメ! 川波みのり、31歳独身。 昔付き合っていた男が結婚をする事を知り、それからというもの体調が悪い。 身体が震え、ロデオマシーン化してしまう。 どこの病院へ行っても納得のいく答えは出ず、みのりの体調は悪くなっていく一方。 最後に訪れたの....... [続きを読む]

» 漢方小説 [どくしょ。るーむ。]
著者:中島 たい子 出版:集英社 感想: 気になっていた作家さん、中島たい子さんの『漢方小説』を読みました。 元カレの結婚話を聞いてから原因不明の胃の不調を感じるようになっ ... [続きを読む]

« 『文房具と旅をしよう』 寺村栄次、浅井良子 | トップページ | 『ツキの天使がやってくる秘密のレッスン』 恒吉彩矢子 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ