ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術』 樋口健夫 | トップページ | 『精神道入門』 小栗左多里 »

『ユージニア』 恩田陸

ユージニア
ユージニア
posted with amazlet on 05.03.20
恩田 陸
角川書店

 10年前の今日、仕事場にいたわたしは、昼食で外に出るまであの事件を知らなかった。今だったらインターネットや携帯メールでもっと早く情報が伝わったのだろうけど、あの頃はTVやラジオのニュースでしか情報を入手できなかった。

 ランチタイムのレストランで、TVがニュースを伝えていた。「地下鉄で大勢の人が倒れる事件が発生しました。現場はまだ危険な状況にあり地下鉄は止まっています。」何なんだろうと思った。サリンという物質のことも、それが恐ろしい殺傷力を持つことも、その後初めて知った。

 殺人事件について語られるこの小説を今日読むというのは、何かの因縁なんだろうか?

 この小説では、いろんな人の証言で積み重ねるっていう手法が取られているのだけど、同じ物を見てもひとりひとり違うことを感じるんだなぁって改めて感じる。同じ人間の評価をしているのに、ある人は「あの人は素晴らしい」と言い、別の人は「あの人は嫌い」と言う。

 全く同じ考え方をする人はこの世にはいない。どんなに細かく観察しても、マネしてみても、全く同じには成り得ない。憧れの人に近づこうとしていくうちに、憧れの人は全然違う物に変わってしまっていたりして、同じ人間であっても同じであり続けることはないんだもの。そんなことを考えてしまった。

« 『稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術』 樋口健夫 | トップページ | 『精神道入門』 小栗左多里 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

素敵な本の紹介、ありがとうございます。サリン事件は金さるにとっても、ひとごとではない事件。この本も読んでみます!

追伸
ブログリンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
あと、ブログランキングも応援させて頂きますよ♪

金の猿さん☆
コメント&TBありがとうございます。
地下鉄サリン事件から、はや10年。
何年経とうと忘れてはいけないものがあるってことを、心の奥に置いておこうと思います。

よっしーさん☆
TBありがとうございます。

人の心の闇というのは、本当に恐い物です。
自分の中にもそう言うものが潜んでいるのでしょうか?

「日々の海に沈む・・・」のsiukaと申します。トラックバックを送らせていただきました。

 つかぬ事をお伺いしますが、当方の「ユージニア」の記事へトラックバックを送っていただいたでしょうか?文字がきちんと表示されなくて削除してしまったのですが、もしRoko様から送られたものでしたら、お手数ですが再度送りなおしていただけないでしょうか?こちらの不手際もあり申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

suikaさん☆コメント&TBありがとうございます。
化けていたのは、わたしのTBです。exiteさんへTBすると化けてしまうんだということがわかりました。m(__)m
ユージニアって不思議な世界ですよね。
全く同じ考え方をする人はこの世にはいない。
どんなに細かく観察しても、マネしてみても、全く同じには成り得ない。憧れの人に近づこうとしていくうちに、憧れの人は全然違う物に変わってしまっていたりして、同じ人間であっても同じであり続けることはないんだもの。
この小説を読み終わって、そんなことを考えてしまいました。

あさこさん☆TBありがとうございます。
ツインピークスと恩田陸、確かに共通点があるような気がします。
これからも、どうぞよろしくね。

当方へのTB&コメントありがとうございました。Rokoさんの「全く同じ考え方を・・・」のご意見に、なるほど、言われてみればその通りだと改めて思いました。恩田さんもそれを表現したかったんじゃないかなと思いました。

あさこさん☆TBありがとうございます。
ツインピークス好きは、ユージニアにはまるのかも?
聖月さん☆TBありがとうございます。
ユージニアの真実は誰にも分からないって所なのかなと思います。
ただ一つ言えるのは、Everythings must change. ということだけなのでは?

本の装丁のことは聞いていたのですが、いかんせん図書館本。今度書店で手にとってみようかな、そう思っている本です。
真実は本当に誰にも・・・
主観のよって、何かそういうものに近づけるようなそんな物語でしたね。

ahahaさん☆TBありがとうございます。
恩田さんの小説って、フランス映画のような雰囲気と、不条理さがただよっていて大好きです。

みやさん☆TBありがとうございます。
世の中のほとんどは分からないことだらけなんですもの、すっぱりした結末の方がよっぽど嘘臭いって思うんですけどね。

EKKOさん☆TBありがとうございます。
恩田さんの作品って、毎回意表をついてくる展開なので、いつもドキドキしちゃいます。
次のドキドキは、どんなドキドキなんでしょうか。

やっと読みましたです。確かに、サリン事件もそうですね。私ってば全然そんなこと思い出しもしなかったです…。(しょんぼり…。)

すべてのモノゴトは変わっていく、そういうこともこの本の言いたかったことなのかもしれませんね!(ということにいまRokoさんのとこを読んで気づきました…!)

chiekoaさん☆コメント&TBありがとうございます。
だから、同じ本を読んでも感想が違うのは当然。
chekoaさんのように、他の人が感じたものを、「そういうのもあるんだなぁ」って思える素直な気持ちを持ち続けられることが、一番素敵なことだと思います。

Rokoさん、こんばんは!
TBありがとうございました♪
TBなのですが、何回か送らせてもらったのですが、反映されていなくて。
もしかしたら承認待ちになっていたりするかな?と
思っていたりします。また試してみますね!

この曖昧な終え方が好きです。真実は当人にしか結局は分からないのですものね。

リサさん☆コメントありがとうございます。
ごめんなさーい!
ココログのシステムが不安定でトラバを受けるのに時間がかかることが多いんですよ。(^_^;

「真実は誰にも分からない」ということも、一つの結論ですよね。
それもまた恩田さんらしいなぁと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584753

この記事へのトラックバック一覧です: 『ユージニア』 恩田陸:

» あの地下鉄サリン事件から、今日3月20日で10年……『アンダーグラウンド』のあとがきより [ノルウェイの森と金の猿 〜100%村上春樹ヴァージョン〜]
今日3月20日で、地下鉄サリン事件から10年…… まだ解決していない問題は、たく [続きを読む]

» 恩田 陸『ユージニア』 [気まぐれな読書]
ユージニア 恩田 陸 あの夏、青沢家で催された米寿を祝う席で、 十七人が毒殺された。 ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。町の記憶の底に埋もれた大量殺人事件が、年月を経てさまざまな視点から再構成される。 まず、Amazonもダメだな〜。せっ [続きを読む]

» 恩田陸 『ユージニア』 [猫は読書の邪魔をする]
ユージニア 恩田 陸 まずは角川書店の『ユージニア』特設サイトを。 私は一部作品を除いて、恩田さん苦手な読者です。ですから、もう一年以上遠ざかっていたのですが、この本は装丁に惹かれてしまいました。 どうも装丁に弱い私……。 でも、この本にこの装丁は本当に [続きを読む]

» 『ユージニア』 恩田陸 角川書店 (でこぽん) [My Recommend Books !]
ユージニア恩田陸著出版社 角川書店発売日 2005.02価格  ¥ 1,785(¥ 1,700)ISBN  404873573Xbk1で詳しく見る ある夏の日、還暦祝いと米寿のお祝いに毒入りの飲み物が届けられる。近所の人も含む17人が死んだ。現場に残された一枚の手紙。「ユージニア」とい [続きを読む]

» 『ユージニア』 恩田陸 [日々の海に沈む…]
 デザインがすごくいいな、と思うのです、この本。 カバーの印刷もすごく凝ってるし、帯も表紙の一部になってるみたいで一風変わったデザインになってるし、中のページに他には見られない工夫が凝らされていて。 この装丁に一目惚れして、「これは買わにゃいかんでしょう [続きを読む]

» ユージニア ユージニア… [コウカイニッシ。]
ユージニア 恩田 陸 いまだ興奮冷め遣らずっ! これはスゴイな。読んだあとの消耗感がなんとも。 午後はぶっ通しでこれを読んでいました。というか、途中でやめらんなくなっちゃって。そして、読み終わったあとのカタルシスは、私的にはほっとんどなかったですね。ス [続きを読む]

» ○「ユージニア」 恩田陸 角川書店 1785円 2005/2 [「本のことども」by聖月]
 多視点一人称であり、記憶問わず語りの小説という構成をとっている本書『ユージニア』である。ただし、記憶と記録の話であり、一人称での主観的な見方から物語が綴られているので、真相とは何か、そういうものを追求すると物語全体のどこかが綻んでしまう。はまりの悪いジ [続きを読む]

» 「ユージニア」恩田陸 [◆Ahaha堂おばはん本舗◆]
恩田陸の小説って、読んだことあります? 私はまだ、2冊目ですけど。ずっと以前何を読んだか、例によってタイトルがすぐに思い出せないのですけど、うまいって定評のある人です。 で、気になっていた 「ユージニア」をやっと読みました、昨日。 夕方から新宿の喫 [続きを読む]

» ユージニア [Hana*shigure]
ユージニアposted with amazlet at 05.03.26恩田 陸 角川書店 (2005/02/03)売り上げランキング: 1,188通常24時間以内に発送Amazon.co.jp で詳細を見る 大好きなタイプの話でした。恩田さんの。一応ミステリカテゴリなのかな?でも、事件そのもの、というより事件を取り巻く人 [続きを読む]

» 『ユージニア』 恩田陸 角川書店 [アン・バランス・ダイアリー]
ユージニア    『 ユージニア、私のユージニア。     私はあなたと巡りあうために、     ずっと一人で旅を続けてきた。  』 地元の篤志家である医師一家を襲った毒殺事件。被害者は17人にも及んだ。犯人は自殺し、事件は解決したが、関係者たちにとっ [続きを読む]

» ユージニア [恩田陸] [+ ChiekoaLibrary +]
ユージニア恩田 陸角川書店 2005-02-03 まず最初に…これから読まれる方がいたら、いろんな書評とか感想とかあらすじ紹介とか、そういう予備知識はゼロで読むことをオススメします。そして、夏の暑い日に読むのがいいと思います。私もその状態で読んで、さらに図書館で借り [続きを読む]

» ユージニア [本読み日記]
ユージニア恩田 陸角川書店 2005-02-03売り上げランキング : 2,839Amazonで詳しく見る by G-Tools名士の青澤家で起きた大量毒物殺人事件。家の者で生き残ったのは盲目の少女緋紗子だけ。犯人らしき男の死で解決したのだが…面白かったー。最初は誰が誰と話しているのかわか [続きを読む]

» ユージニア 恩田陸 [苗坊の読書日記]
ユージニア オススメ! 20年ほど前、大きな惨劇が起きた。 代々続く医者の家、青澤家で17人もの死者を出す毒殺事件が発生したのだ。 生き残ったのは家政婦と、長女の緋紗子だけ。 緋紗子は次々と人が死んでいった場にいたが、彼女だけは無事だった。 それは、緋. [続きを読む]

» ユージニア [かいくんの読書日記+α]
ユージニア 恩田陸著 10点 2006年の22冊目  今から30年以上も前、北陸の大都市のK市で、十七人もの人が毒殺されるという、犯罪史上まれに見る大事件が起こった。しかし事件は結局、被疑者死亡ということで、犯行の動機も明らかにされないまま収束してし...... [続きを読む]

« 『稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術』 樋口健夫 | トップページ | 『精神道入門』 小栗左多里 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ