ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『古本カタログ』 東京都古書籍商業協同組合編 | トップページ | 『ラスト3分に強くなる50の方法』 中谷彰宏 »

『村田エフェンディ滞土録』 梨木香歩

村田エフェンディ滞土録
梨木 香歩
角川書店

 主人公の村田さんは土耳古(トルコ)へ考古学の研究で留学している。英国婦人の屋敷に下宿しており、この屋敷には独逸人の考古学の学者や、ギリシャ人の研究者も住んでいる。そして、ラテン語を話す鸚鵡も。

 エフェンディというのはおもに学問を修めた人物に対する一種の敬称だが、彼からそう呼ばれると、ちょうど日本で商売人が誰彼となく先生と呼ぶのと同じ印象を受ける。(本文より抜粋)

 今でも遠いトルコという国に、飛行機がない時代に旅した人の驚きはどんなものだったのだろう?とはいっても、色々な媒体で情報を得ているアメリカやヨーロッパと違って、現代であってもトルコという国にはビックリするものが多いのだろうなぁ!

 昔、トルコ人の知人にもらった「ターキッシュ・デライト」のことを思い出してしまった。あの「ナルニア国ものがたり」にも出てくるお菓子、そのお菓子が食べたくて子供たちが魔女についていってしまう。こんな有名なものですら日本ではお目にかかれない。

 テレンティウスという古代ローマの劇作家の作品に出てくることばなのだ。セネカがこれを引用してこう言っている。「我々は、自然の命ずる声に従って、助けの必要な者に手を差し出そうではないか。この一句を常に心に刻み、声に出そうではないか。『私は人間である。およそ人間に関わることで私に無縁なことは一つもない』と」。(本文より抜粋)

 このことばは、わたしの座右の銘にしようと思います。すべての人間はどこかでつながっているものですもの。

 この本は、とても不思議なお話なのだけど、時空を越えてトルコの街を感じることができました。そしていつの日か、トルコへ行ってみたいという気持ちが沸いてきたのです。

 最後にもう一言、村田さんは 家守奇譚 の綿貫さんのお友達だったなんて。そうか、そうだったんですね。

« 『古本カタログ』 東京都古書籍商業協同組合編 | トップページ | 『ラスト3分に強くなる50の方法』 中谷彰宏 »

日本の作家 な行」カテゴリの記事

コメント

えろみさん☆TBありがとうございます。
自分が体験したわけでもないのに、「懐かしい」という気持ちになってしまう一冊でした。

あさこさん☆TBありがとうございます。
せっかく友情を育んでも、二度と会えない人、二度と踏めぬ地があるというのは悲しいものですね。

Rokoさん、はじめまして(^^)
トラックバックありがとうございます。
「家守奇譚」とはまた違った趣ですが、とても素敵な本ですよね。
トルコの雰囲気をたっぷりと味わえました。

空猫さん☆コメント&TBありがとうございます。
お稲荷さんもイスラムの神様も、仲良しになってしまうなんて、いいなぁ。

Rokoさん、こんばんわ!
「家守綺譚」へのコメントでRokoさんに教えてもらって読んでみました。
良かったですーーー!
異国の空気や風景画が胸に広がるだけでなく、
ラストがまた胸に迫りました。
教えてくれて本当にありがとう!!

juneさん☆コメント&TBありがとうございます。
ものすごく気に入って頂けたようですね。
おすすめしてヨカッタ!(^_^)v

そんなトルコも今年はサッカーの一大イベントチャンピョンズリーグのファイナルが行われたり、F1開催が行われたりとEUの仲間入りを目指すべく誘致がすごかった....

でもEUの仲間にはしてもらえないトルコ。
そうそう、「家守奇譚」とつながっている箇所があるんですよね。
僕の記事はそこをボカして意味深にしておきました。
そういえば、新作の「沼地のある森を抜けて」読みました?
僕は2ヵ月後に読む予定です。
(なんで2ヵ月後やねん)

takam16さん☆わたしも読むのはその頃になるかも?
トルコ人に聞いた話なんですけどね。「ボスポラス橋より東(アジア側)に殆どの人が住んでいて、西(ヨーロッパ側)へ働きに行く。殆どのお金は西側あり、東側は貧乏なままだ。」
面積からいっても殆どアジアだし、宗教はイスラムだし、ヨーロッパから言えば、トルコはアジアだよってことなのでしょうね。

雰囲気がいいですよね~。
その頃のトルコがどんな感じだったのか
とてもよく伝わってくるの。
梨木さんってすごいです。
新作でてるんですか?
そりゃ読まなくちゃ~♪
私はいま、からくりからくさを読んでるところです。(*^_^*)

みわさん☆コメント&トラバありがとうございます。
読みたい本が山積みになっていて、「沼地のある森をかけて」を読めるのはいつになる事やら。(^^ゞ

こんにちは。
トラバ&コメントありがとうございました。
トラバをお返ししようと思ったんですけど、
何度か時間を変えてチャレンジしたんだけど、
できないみたい(^_^;)。
相性が悪いのかも~。気持ちだけ、TB返しです。
では!

ゆうきさん☆トラバはどうなっちゃたのかしらん?
お気持ち、しっかり頂きました!

トルコは親日家が多い、と聞いていました。
本書を読んで、ああこういう事情からなのか…、と思いました。国や民族によってものの感じ方が根本から違うということは、わかっているようで実感しがたい面もあるのですが、そういうところを上手に描いているな、と感じました。

ディックさん☆こんばんは
トルコは今でも遠い国ですが、この物語の頃にはもっともっと遠い国だったのでしょうね。
国が違っても、民族が違っても、友との絆は断ちがたいものだと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584761

この記事へのトラックバック一覧です: 『村田エフェンディ滞土録』 梨木香歩:

» 「村田エフェンディ滞土録」 [金環蝕的日々]
村田エフェンディ滞土録梨木香歩著出版社 角川書店発売日 2004.04価格  ¥ [続きを読む]

» 私は人間だ。 [コウカイニッシ。]
村田エフェンディ滞土録 『家守綺譚』の姉妹編。1つの作品として独立しているけれども、読んでるとニヤリとするところが出てきます(ニヤリ)。 これも素晴らしく良かった。今から約100年ほど前にトルコに招かれて留学した青年・村田のトルコ日記。 『家守〜』と同 [続きを読む]

» 「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩 [空猫の読書]
百年前の日本人留学生村田の土耳古滞在記。 考古学を通じて思う、今は亡き国や人々の事。 異国の地で考えるこれからの日本の未来。 食卓で友垣と語り合った日々。 国や主義主張を越えて、 つながりあう思いが確かに存在していた。 村田君が、価値観や... [続きを読む]

» 梨木 香歩『村田エフェンディ滞土録』 [気まぐれな読書]
村田エフェンディ滞土録 梨木 香歩 宗教とは。国とは。人間への深いまなざしが捉えた青春小説の新境地。 1899年、トルコ。遺跡発掘の留学生村田君の下宿には、英国の女主人、ギリシャ、ドイツの若者がいて熱い交流があった。宗教、民族、国家の根っこから人間を見つめ [続きを読む]

» 村田エフェンディ滞土録 [本のある生活]
村田エフェンディ滞土録 梨木香歩 「家守綺譚」の綿貫さんの友人に、トルコに留学し考古学を学んでいる村田さんという人が出てきましたが、これはその村田さんのトルコ滞在記です。綿貫さんも高堂さんも犬のゴローも少しですが登場します。「家守綺譚」もよかったけれど [続きを読む]

» 村田エフェンディ滞土録 [梨木香歩] [+ ChiekoaLibrary +]
村田エフェンディ滞土録梨木 香歩角川書店 2004-04-27 舞台はおよそ100年前。考古学の研究のため留学した若き考古学者村田の土耳古(トルコ)滞在記です。(エフェンディというのは学問を修めた人に対する敬称で「先生」というのに近いものだそうです。) 村田の下宿先 [続きを読む]

» 「借りたい」以上「買いたい」未満 [本と本屋と図書館に魅せられて]
takam16の本の棚 です。バーチャルですが...... うん、村田だ! さて地理の話である。 別にすべてを知る必要などないのだが、例えば 香川県の県庁所在地はどこか? 宮城県の県庁所在地はどこか? 石川県の県庁所在地はどこか? 答えは順に [続きを読む]

» 『村田エフェンディ滞土録』 「私は人間だ。およそ人間に関わることで私に無縁な事は一つもない」 [月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ]
著者: 梨木 香歩 タイトル: 村田エフェンディ滞土録 ■bk1で見る 歴史に 忘れ去られた 青春よ、 目覚めよ。 語れ。 国や主義や民族を越えた 遥かに かけかけえのない 友垣への道すじを。 百年前の日本人留学生 村田君の土耳古滞在記。 町中 [続きを読む]

» 村田エフェンディ滞土録 / 梨木香歩 [活字中毒]
1899年、日本人青年の村田がトルコ政府から招待されてトルコの文化を研究するために留学した時の滞在記録です。村田の下宿先にはイギリス人の女主人とトルコ人の下働き、ドイツ人とギリシャ人の下宿人、そして頭のいいオウムが一緒に住んでいます。人種、宗教の違う人々が一 [続きを読む]

» 「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩 [図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜]
「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、近代、小説、文芸、友情、国家 今年のオススメの一冊「家守綺譚」[http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/11777750.html] の姉妹編にあたる。本作品の主人公の村田は、綿貫や高遠の共通の友人と [続きを読む]

» 「村田エフェンディ滞土録」梨木香歩 [AOCHAN-Blog]
タイトル:村田エフェンディ滞土録 著者  :梨木香歩 出版社 :角川書店 読書期間:2006/07/27 - 2006/07/28 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 町中に響くエザン(祈り)。軽羅をまとう美しい婦人の群れ。異国の若者たちが囲む食卓での語らい。虚をつく鸚鵡の叫び。古代への夢と憧れ。羅馬硝子を掘り当てた高ぶり。守り神同士の勢力争い―スタンブールでの村田の日々は、懐かしくも甘美な青春の光であった。共に過ごした友の、国と国とが戦いを始める... [続きを読む]

» 『村田エフェンディ滞土録』  梨木香歩 角川書店 [アン・バランス・ダイアリー]
何だか難しいタイトルですが、「エフェンディ」というのは、学問を修めた人物に対する敬称で、この本は、村田という青年が歴史文化研究のために土耳古(トルコ)に留学滞在していたときの物語です。時代は1899年、今から100年ちょっと前の時代。そう、「家守綺譚」と同....... [続きを読む]

» 村田エフェンディ滞土録/梨木香歩 [ディックの本棚]
村田エフェンディ滞土録  『村田エフェンディ滞土録』とは、現代語に訳すなら『村田先生トルコ滞在記』というところだろうか。  時代は第一次世界大戦前の十年くらい前、語り手の私 村田 は、機会があってトルコ政府の援助を得、考古学の研究生としてイスタンブールへ....... [続きを読む]

« 『古本カタログ』 東京都古書籍商業協同組合編 | トップページ | 『ラスト3分に強くなる50の方法』 中谷彰宏 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ