ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

読書Love!

無料ブログはココログ

« 『ユージニア』 恩田陸 | トップページ | TAKINAMI PARTING PRESENTS »

『精神道入門』 小栗左多里

 小栗さんはいろんな修行をしてみようということで、ミニ修行体験をいろいろやってみるんですけど、やればやるほど「煩悩が湧いてくる」ところが面白いですねぇ。

 瞑想・写経・座禅・滝・断食・お遍路・内観、どれも具体的なイメージが持ちにくいものだったり、イメージだけが先行してたりってものなんですけど、この本でちょっとだけ覗き見できたような気がします。

 たとえば瞑想っていうと、座ってやるものだって勝手に思ってたんですけど、それだけじゃないんですね。歩きながら瞑想するなんて、思いもしなかったです。かかとが床に触れるとか、右足が前に出たら右と確認する。余計なことを考えたらそれは「雑念」と処理していく。実際にやってみたらかなり疲れそうです。

 いつかお遍路さんはやってみたいと思っているので、ここの部分が一番興味深かったです。小栗さんも、他の修行よりは楽しそう(?)にしてるし、他の修行と違って、自分のペースでできるところがいいのかもしれません。

 どの修行も、基本的には指導者の指示に従って行動しなければいけないので、そういうことが苦手な人には、文字通り修行になるんでしょうね。でもそういうのが好きな人にとっては、かえって危険なことになるのかもってところもありそうですね。

« 『ユージニア』 恩田陸 | トップページ | TAKINAMI PARTING PRESENTS »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『精神道入門』 小栗左多里:

« 『ユージニア』 恩田陸 | トップページ | TAKINAMI PARTING PRESENTS »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31