ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『恋愛小説』 | トップページ | 『霧笛荘夜話』 浅田次郎 »

『脳みそのほんとうの使い方 ビギナーズ編』 行宗蒼一

 「もしも?」のクエスチョンは、意識的にニューロンの組み合わせを断ち切り、別のニューロンにつなぎ替える、きわめて効果的なトレーニングです。(本文より抜粋)

 「バカと鋏は使いよう」っていうけれど、頭も使いようだってことが分かってくる本なんです。気が付かないうちに、頭が固くなっているってコワーイことだと思うんです。

 ジョーシキだって信じて疑わないことって、誰にでもけっこういろいろあるのよね。世の中のほとんどの人が信じているのだけがジョーシキだと思ったら大間違い。自分しか信じていないのに、これぞジョーシキだって信じてる人だっているんだよね。

 「朝ごはん食べなきゃダメだよ!」っていう人もいれば、「朝はヌキに決まってるじゃない!」っていう人もいる。相反する意見だけど、どっちもそれがジョーシキだって思ってるんだよね。ってことはさ、とんでもないことをジョーシキだって信じている可能性もあるってことなんだ。

 たとえば、どこかへ出かけるときに「あそこにはいつも電車で行って、○駅で降りる」なんて決めちゃってないかな?別の駅を使ってみるとか、バスで行ってみるとか、同じ駅でも違う出口を使ってみるとか、とにかく目先を変えるだけでも新しい発見ってあると思う。

 脳みそって使わなくても、ただ生きていくだけならできちゃうんですよね。でもそれじゃ余りにもつまらないんじゃないかな?いつも誰かと同じ、いつも他人の言いなり、いつも不満だらけになっちゃうんじゃないかな?

 ほんの少しでも脳みそを今までより使えるようになったら、面白い世界が広がって来ると思うんだけど、それができるかどうかってのは「自分の勇気」にかかっているのかなと思えてきました。

 「あなたの命を奪うもの以外、すべてはあなたを強くするだろう」(ニーチェ)

« 『恋愛小説』 | トップページ | 『霧笛荘夜話』 浅田次郎 »

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584803

この記事へのトラックバック一覧です: 『脳みそのほんとうの使い方 ビギナーズ編』 行宗蒼一:

« 『恋愛小説』 | トップページ | 『霧笛荘夜話』 浅田次郎 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ