ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 血盟からの質問状107問 | トップページ | 『ビーンズ!』 レスリー・A.ヤークス、チャールズ・R.デッカー »

『森茉莉 贅沢貧乏暮らし』 神野薫

森茉莉―贅沢貧乏暮らし
神野 薫
阪急コミュニケーションズ

 だいたい贅沢というのは、高価なものを持っていることではなくて、贅沢な精神を持っていることである。容れものの着物や車より、中身の人間が贅沢でなくては駄目である。(本文より抜粋)

 森茉莉さんって、不思議な人ですよね。超お嬢様なのに貧乏暮らしが気に入っちゃっていたようだし、お掃除はできないけど料理はうまかったり、そのアンバランスさ加減が魅力なのかなとも思えるんです。

 子どもの頃にたたき込まれたものって、その人の一生を決めちゃうんだなぁって思います。食卓に並ぶもの、身につけるものといった、ごく普通のものを選ぶ時でも、その基本にあるのは子どもの頃の記憶、刷り込みなんですよね。

 茉莉さんは、子どもの頃から外国製の服を着て、ハイカラなものを食べて育ってますから、そういうものが身に付いちゃっているんです。だから大人になって貧乏するようになっても、安物買いをすることはなかったんですね。

 心が贅沢だと、お金がないってことはそんなに辛いことではないんだなって、茉莉さんは教えてくれます。逆にお金があっても、心が貧しいと、どこかの社長さんのようにあさましい人になってしまうのかも?

« 血盟からの質問状107問 | トップページ | 『ビーンズ!』 レスリー・A.ヤークス、チャールズ・R.デッカー »

伝記・日記・ノンフィクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584795

この記事へのトラックバック一覧です: 『森茉莉 贅沢貧乏暮らし』 神野薫:

« 血盟からの質問状107問 | トップページ | 『ビーンズ!』 レスリー・A.ヤークス、チャールズ・R.デッカー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ