ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『しぐさの人間学』 野村雅一 | トップページ | 『本番力を鍛える57の方法』 中谷彰宏 »

『ドミノ』 恩田陸

ドミノ
ドミノ
posted with amazlet on 05.04.15
恩田 陸
角川書店

 27人と1匹、1冊の小説の中にこんなに大勢の登場人物が出てくるなんて、それだけでビックリでした。バラバラに登場する彼らが、最終的に一ヶ所に集まっていくところが実に見事です。

 これまで読んできた恩田さんの作品は、割とシリアスなものが多かったのだけど、こういう面白いのも書けるんですねぇ。新しい発見です。

 最後に全員が集まってくる東京駅って、たしかにこういうストーリーにはピッタリですね。遠くからやってくる人、待ち合わせする人、ちょっと買い物に来る人、通勤の人、いろんな人がやって来ます。

 最初に現れる俳句好きのおじいさんが待ち合わせに指定される「動輪の輪」って、シブイなぁって思ったんです。普通、待ち合わせの場所って「銀の鈴」でしょ。「動輪の輪」で待ち合わせをしている人って、おじさんが多いんですよね。そのへんもよく観察してるなって感心しちゃいました。

 松本清張が「点と線」を書いたので有名なステーションホテル、おいしいものがたくさんある大丸の地下、駅のすぐ側にある東京中央郵便局、この本って東京駅の観光ガイドとしても使えるなって感じです。

 佳代子さんと正博さんの思い出の場所である郵便局のポスト、これは気が付かない人が多いんですよ。恩田さんは、どうしてこれに気がついたんでしょう?東京駅周辺を歩いてロケハンしたのかな?

_2_1

'06.8.28 追記

これが例のポストです。

かなり大きいんですけど、目立たないんですよ!

ポストは赤だという固定観念が強いからでしょうか?

トラックバック先
やっぱり読書
本のある生活
たりぃの好きなもの
たこの感想文
本を読む女。改訂版
まったり読書日記
東京図書館制覇!Blog版

« 『しぐさの人間学』 野村雅一 | トップページ | 『本番力を鍛える57の方法』 中谷彰宏 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

TB&コメントありがとうございました!
こちらからもTBさせていただこうと思い送ってみたのですが何故だか失敗しました(^^ゞ2回挑戦したのですが。。。
また後で挑戦してみます!
『ドミノ』はとてもスピード感があって一気に読んでしまいました。
これを読んでから東京駅周辺を探索したら、楽しいかもしれませんね♪

東京駅は私の庭みたいなもの。ほんとに「ドミノ」は楽しいストーリーでした。
このごろは「オアゾ」も加わってますます楽しい駅です♪
春休みの喧騒も一段落、今は新入社員が研修に行くのでしょうか、あちらこちらでかたまっているのを見受けます。新しいスーツに大きなパック、真剣さ、緊張がみなぎってますよ。

みらくるさん☆コメントありがとうございます。
スピード感がある文章って、読んでいて楽しいですよね。
わたしも一気に読んじゃいました。

ばあチャルさん☆TB&コメントありがとうございます。
東京駅付近ってどんどん変わっていますね。
丸ビルができ、オアゾができ、駅構内でも黒塀横町ができ、数年後には駅舎自体が昔と同じ3階建てになるんですってね。

コメントありがとうございました。
私もトラバ失敗しました…
(ばあチャルさんが出来ているの楽天のせいではないのだな)
このスピード感、テンポがいいですね!
伊坂幸太郎の『ラッシュライフ』を読んだ時にこの本を思い出しました。雰囲気は違いますけど。どこで絡んでくるかわからない様などから。

123maoさん☆コメントありがとうございます。
TB失敗ですか?何故なんだろう?
ラッシュライフとの共通性って、確かにありますね。
わたしも両方好きです。ヘ(^o^)/
ちょっとした偶然からいろんな事が起きるって、楽しいですよね。
これからも、よろしくお願いします。

Rokoさんコメント&TBありがとうございました。
お返しTBさせてもらいました。(間違えて2回送ったみたいですから1つ消してください。)
僕は「ドミノ」の中ではあの迷っているおじいさんに共感を覚えました。初めて行った時掲示板だけ見て目的地を探したら迷ってしまって…。
とにかく恩田さんらしからぬドタバタコメディーで非常に面白かったですね。
それではこれからもヨロシクお願いします。

たりぃさん☆コメント&TBありがとうございます。
「どらや」の紙袋を持っていたばっかりにトラブルに巻き込まれたあのおじいさん。
事件の真っ只中にいるのに、マイペースでいい感じでしたね。
このおじいさんみたいに、東京駅は広すぎるって思った人は随分いるんでしょうね。

Rokoさん、こんばんは!
郵便局のポストって実在するんですね~!!
見てみたいです。
東京駅で迷ってしまったことがあって、そのときには俊策おじいちゃんと同じ気持ちになりました。
こういう楽しい話をまた読んでみたいですね。

エビノートさん☆トラバ&コメントありがとうございます。
ホントに東京駅って大き過ぎ!
元々大きかったのに、更に大きくなってますからねぇ、慣れない人には間違いなく迷路ですよね。(^^ゞ

Rokoさん
きゃあ!!ありがとうございます!!
郵便局のポストってこんな感じだったのですね~
赤くない~~(^_^;)
もっとデザインが奇抜で、目立つのかなって思ってました。

エビノートさん☆そうなんです
ポストって赤くないと目立たないんです。
喜んで頂けてよかったわぁ!(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584790

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドミノ』 恩田陸:

» 「ドミノ」恩田陸 [晴耕雨読]
わたくし、よく利用しているので東京駅は詳しいのだ。隅から隅までとはいわないが、殆どの売店や改札口、通路の数を知っている。その東京駅の広ーい構内を目いっぱい使って、繰り広げるドタバタ偶然のドミノ倒し。はいはい、動輪の広場ね、煙草のけむりもうもうとね、(今... [続きを読む]

» ドミノ [本のある生活]
ドミノ 伊坂さんの「ラッシュライフ」つながりで紹介されたり、恩田さんではこれがお勧め!とも紹介された「ドミノ」。パズルのような作品?登場人物が多い?と読む前から期待していましたが、期待に違わずおもしろかったー。ドタバタコメディーです。「どらや」の紙袋を [続きを読む]

» 「ドミノ」について [たりぃの好きなもの]
 最近の作家はジャンルを問わずに書く人がちょくちょくいますが、恩田 陸さんもそうだったんですね。ノスタルジーの魔術師なんて聞いていたからそのような本ばかり書いているのだと思ってました。  と言うことで、今回は 「ドミノ」 恩田 陸著 です。 [続きを読む]

» (書評)ドミノ [たこの感想文]
著者:恩田陸 いや〜…楽しかった〜。 東京駅に集う様々な人々。それぞれのちょっと [続きを読む]

» 「ドミノ」恩田陸 [本を読む女。改訂版]
ドミノ発売元: 角川書店価格: ¥ 580発売日: 2004/01売上ランキング: 43539posted with Socialtunes at 2006/08/15 これ、積読リストに挙げたらたくさんの方にオススメいただきました。 ですよねえ、恩田さんですもの面白くないわけがない、んですけど、 恩田さんの中でもこれは何か特に評判が高いな、という気が、 私にもしていました。なるほどね〜。面白いわ、確かに。 皆さんありがとうございます。 http://flatkotori.blo... [続きを読む]

» ドミノ 〔恩田陸〕 [まったり読書日記]
ドミノ ≪内容≫ 日常の些細な事件が大騒動に発展していくパニックコメディ! 何の繋がりもない見知らぬ者同士が集まる東京駅。 誰かと誰かがすれ違うその一瞬に、運命のドミノが次々と倒れてゆく!! (出版社/著者からの内容紹介より)... [続きを読む]

« 『しぐさの人間学』 野村雅一 | トップページ | 『本番力を鍛える57の方法』 中谷彰宏 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ