ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『メロンパンの真実』 東嶋和子 | トップページ | 『変な人が書いた心が千分の一だけ軽くなる話』 斎藤一人 »

『喫茶遺産』 沼田元気編

喫茶遺産
喫茶遺産
posted with amazlet at 05.04.02
沼田 元気
平凡社

 古いものやなつかしいものによってカタルシスをおぼえ、「未来的郷愁」を呼びさまし、ひいては誰かに伝えるべく「未来遺産」となるのだ。(本文より抜粋)

 今はカフェがはやりだけど、昔は「○○喫茶」っていうのがたくさんあったの。「名曲喫茶」「うたごえ喫茶」「美人喫茶」「純喫茶」、いろいろあったなぁ。「喫茶店」というのは大人のものだったから、中学生や高校生が行くと不良だって言われたあの頃。

 この写真集では、そんな時代の喫茶店がこれでもかってほど登場します。写真を見てまずビックリするのは、調度品が妙に豪華なこと。そして東郷西児の絵やモチーフを飾っている店が多いのにも驚く。そういえば、昔は東郷の美しい女性像がいろんな所に飾ってあったななんてことを思い出した。

 その時代からずっと姿を変えずに営業している喫茶店って、今は余りなくなっちゃったけれど、時折見かけるとうれしくなっちゃうんだなぁ。神保町の「ラドリオ」とか「さぼうる」「エリカ」こういうお店に入るとタイムスリップしちゃうんだよね。

« 『メロンパンの真実』 東嶋和子 | トップページ | 『変な人が書いた心が千分の一だけ軽くなる話』 斎藤一人 »

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584765

この記事へのトラックバック一覧です: 『喫茶遺産』 沼田元気編:

» 第2回新刊グランプリ!グランプリ発表! [活字中毒日記!]
少し遅れましたが、第2回新刊グランプリの最終ランキング発表を致します。 加点前ランキングはこちら 第1位 『幸福な食卓』 瀬尾まいこ 380点(165,8,4,1) 第2位 『夜のピクニック』 恩田陸 379点(125,5,3,4) 第3位 『天国はまだ遠く』 瀬尾まいこ 343点(6 [続きを読む]

« 『メロンパンの真実』 東嶋和子 | トップページ | 『変な人が書いた心が千分の一だけ軽くなる話』 斎藤一人 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ