ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『サニーサイドアップの仕事術』 峰如之介、山崎祥之 | トップページ | 『捨てるな、うまいタネ』 藤田雅矢 »

『明日の記憶』 荻原浩

明日の記憶 (光文社文庫)

 歳を取るとともに、だんだん物の名前が思い出せなくなってきた。「あれだよ、あれ」「あの子、なんて名前だったっけ」なんてことがよくある。でも、それは急に思い出せないだけで、今のところは何とか思い出せている。

 この本の主人公も、最初はただの物忘れ、健忘症ぐらいに思っていた。でも、それだけではない症状、めまいや不眠に気が付き、しぶしぶ病院へ行って検査を受けた。そして想像もしていなかった病名を聞いたのだった。その名は「若年性アルツハイマー症」。

 新しいことを覚えられないというのは、もちろん辛いことだが、それでもとりあえず生活はできる。でも、この病気の場合は進行すると、普通の生活もままならない。

 自分がいつも歩いている道なのに、そこがどこなのか分からなくなり、家族の名前も分からなくなり、食事したかどうかさえ忘れてしまう。

 本を読み終わってまず考えたのが、「もし自分がそうなったらどうしよう」ってこと。でも冷静に考えてみると、実際にそうなってしまったら、なるようにしかならないってことになるんだろうなぁ。

 主人公が日記を書いているのだが、その文章がだんだんと変わっていくところを読み進むうちに「アルジャノンに花束を」を思い出してしまった。

 記憶がなくなるということは、自分という存在がなくなるということなのか?でも自分は生き続ける。自分が思い出せないということよりも、誰かと記憶を共有できないということが一番辛いのかなぁということを感じさせるラストシーンだった。

« 『サニーサイドアップの仕事術』 峰如之介、山崎祥之 | トップページ | 『捨てるな、うまいタネ』 藤田雅矢 »

日本の作家 は行」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、おはようございます。
GWいかがお過ごしでしょうか?

荻原さん読まれたのですね。
いつものユーモア小説を封印して新境地を開拓した問題作だと思います。

身近にアルツハイマー病の方がいらっしゃる読者が読まれたら本当にリアルに感じられることでしょう。

山本周五郎賞の候補にもノミネートされました。
出版社が光文社なので本命とは言いがたいと思いますが、作品自体は受賞されても何の異存もないと思っております。

おはようございます。TBありがとうございます。
内容的には重い話でした。でも、いろいろなことを考えさせられます。
自分がもしそうなったら?ということはやはり考えました。
冷静にそれを受けとめられる自信は持てないかも・・・。

トラキチさん☆コメント&TBありがとうございます。

萩原さんの作品を読むのは初めてなんですけど、こういう病気って、いつなるのか分からない怖さがあって、けっこうヘビーなストーリーでした。
病気になった本人より、周りの人の方が大変なんだろうなぁなんて、考えてしまいました。

ゆこりんさん☆コメントありがとうございます。

重いけど、そういう可能性もあるんだなって覚悟は必要なのかなと思いました。
特効薬もだけど、原因が何なのか?を究明して欲しいなぁって思います。

Rokoさん、ありがとうございました。
この本は私は他の人にも薦めています。面白かった、って喜ばれました。もちろん、シリアスにならない年齢の人に、でしたが・・・

治療法がないなら、対処方法として主人公がとった行動はベストに近いものだったのでしょう。
残される人たちに哀しい思いをさせてしまうのは避けられないのが辛いところですね・・・

濫読ひでさん☆コメントありがとうございます。

ヘビーだけど、真剣に考えなければいけないテーマでした。
主人公と同年代の自分にとって、とても同感できる点と、どうしてそんなに肩肘張ってしまうんだろうと思う点がないまぜ状態でした。

あさこさん☆TBありがとうございます。

若い方には実感が湧かないのってしょうがないですよね。
物忘れがだんだん激しくなってきたわたしにはかなり身近な問題に感じられました。

みわさん☆TBありがとうございます。

ほんと、わたしにとってはマジメに怖い本でした。

私も『アルジャーノンに花束を』を思い出しました。どちらも変わっていく自分を主人公自身が実感しながら、でも止められないという・・・・・泣けちゃいます。

bamsaさん☆コメント&TBありがとうございます。

どんな病気でも、進行していくのが自分で分かるって辛いことですよね。
健康であることのありがたさってものを改めて感じてしまいます。

「明日の記憶」にも寄って頂きありがとうございます。

読んでて怖くて目を文字からそらしながら読んでました。

kanzumeさん☆コメント&TBありがとうございます。

こういう現実的な怖さってなかなかないですよね。
「明日はわが身かも?」と思いながら読んでしまいました。

明日の記憶映画化されるみたいですね。あの恐怖がどう表現されるのかすごく楽しみ。

kanzumeさん☆コメント&TBありがとうございます。

渡辺謙さんが主演ですか。
どんな演技を見せてくれるんでしょうか?
やっぱり「愛」を語る映画になるんでしょうか?
わたしとしては、ホラー寄りに作ってもらえると嬉しいんですけど。(^^ゞ

Rokoさん、こんばんは♪
今日は宣伝でお伺いしました。
TBさせていただいたのですが、新ブログの立ち上げです。

伊坂さん、たくさん読まれてますね。
またお暇な時にお立ち寄りくださいませ。

TBありがとうございました。
こちらからも、TBさせていただきました!
考えさせられる本でしたよね。
明日はわが身・・・・そんな風に思った人も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか・・私を含めて。

最後の二行は、今でも忘れられません。

ゆうさん☆コメント&TBありがとうございます。
わたしも、おもいっきり「明日は我が身」だなぁっておもっちゃいました。
最近読んだ「きみに読む物語」もそんな感じの本で、そうなったらどうしようって、どうにもならないのに考えちゃいます。

Rokoさん、おはようございます。
会う前に自分の娘の写真をしっかりと見つめるのがたまりませんでした。
ゆっくりと自分が自分でなくなっていくのって辛いですね。

ななさん☆コメント&TBありがとうございます。

まるで自分のことを言われてるみたいで、ホント、この本怖かったですよ。
自分って、記憶によって出来上がっているんだって事を再確認してしまいました。

Rokoさん、こんばんわ!
私も「アルジャーノンに花束を」を思い出しました。
自分が変わっていくのがわかるというのがなんとも切ないです。わからなくなってしまったほうが、本人は幸せかなとも思うのですが、まわりの人は辛いですよね・・。

juneさん☆コメント&トラバありがとうございます
記憶が無くなるって事は、自分が無くなるって事だったんですね。
自分がそうなるのも、家族がそうなるのも、どちらも辛いなぁ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584783

この記事へのトラックバック一覧です: 『明日の記憶』 荻原浩:

» 『明日の記憶』 荻原浩 (光文社) [活字中毒日記!]
明日の記憶荻原浩著出版社 光文社発売日 2004.10価格  ¥ 1,575(¥ 1,500)ISBN  4334924468人ごとだと思っていたことが、我が身に起きてしまった。若年性アルツハイマーと告げられた佐伯。彼には、記憶を全てなくす前に果たさねばならない約束があった…。身につまさ [続きを読む]

» 第18回山本周五郎賞取って欲しいアンケート!実施中 [My Recommend Books !]
第18回山本周五郎賞取って欲しいアンケート! 第18回山本周五郎賞の選考が5月17日に行われます。粒揃いの候補作5作品が決定しました。尚、ご投票はおひとり様1作品でお願いしますあと、メーセージ欄(結果を見るをクリックされたら出て来ます)にコメントを入れて [続きを読む]

» 明日の記憶 [活字中毒者の小冒険:本の海を漂うような場当たり読書人によ...]
明日の記憶荻原 浩 光文社 (2004/10/20) http://tinyurl.com/6jooq 今年の「本屋大賞」にノミネートされている作品。 ただ、このところ読んだ「メリーゴーランド」「神様からひと言」のようなユーモア作品とはかなり異なった作風だ。 主人公は50歳の広告会社の部 [続きを読む]

» 失うこと [コウカイニッシ。]
明日の記憶 荻原 浩 bk1で詳しく見る 怖い。こわかった。おそろしい。 少しずつ失われていく記憶。徐々にあいまいになっていく日常。そんな恐怖。 主人公がつづる日記が効果的だと思う。文章が重複したり、漢字が少なくなってひらがなが増えたり、誤字が多くな [続きを読む]

» 明日の記憶 / 萩原浩 [活字中毒]
2005年本屋大賞 の2位にランクインした作品です。同じ物忘れの話しでも「博士の愛した数式 」とは異なり、とても悲しく、そして切なくなる話でした。 50歳になったばかりの主人公はある日気がつきます。最近すっかり記憶力が悪くなったなぁと。固有名詞が出 [続きを読む]

» 『明日の記憶』 [歯医者さんを探せ!]
● 表紙の印象    ほんとに写真は全然、ちょっぴりも分らない。でも「鈴木成一デザイン室」はよく目にする。たとえば『幸福な食卓』『流星ワゴン』『チルドレン』『鉄道員』『チグリスとユーフラテス』などなど。だがどれも写真ではなく装画。ところでこんな記事を... [続きを読む]

» 明日の記憶 ★★★★☆ [みかんのかんづめ]
今まで読んだどんなホラーよりも怖い。でも 読んで良かった。 佐伯雅行は広告代理店の制作部の部長で、50歳になったばかり。 職業柄不摂生な生活だが、体はいたって丈夫。 しかし、最近物忘れが目立ってきた。 年のせいだろうと高をくくっていたが、日を [続きを読む]

» 「明日の記憶」荻原浩 [本を読む女。改訂版]
明日の記憶posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.13荻原 浩光文社 (2004.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 2005年本屋大賞ノミネート作。 恩田陸もノミネートされているのをすっかり忘れていた私は、 前評判とかでこの本が大 [続きを読む]

» 明日の記憶 映画化決定 [みかんのかんづめ]
気になる新作情報も書いていきたいなぁと思います。 こちらのブログでもレビュー を書いた「明日の記憶」が映画になるようです ! 50歳で若年性アルツハイマーと診断される夫を渡辺謙。 夫を支え続ける妻を樋口加南子に決定。 監督は「ケイゾク」「トリック」の [続きを読む]

» My Best Books!(マイベス)スタートさせました。 [My Best Books!]
当ブログMy Best Books!(マイベス)はみなさんで作り上げる参加型ブログです。 具体的には人気作家(今までに5作品以上上梓されてる作家に限定)の“あなたのベスト3”をご投票していただきます。 投票方法 下記の2通りです。 ★ご自身のブログからのTB(投票& [続きを読む]

» 「明日の記憶」荻原浩 [雑板屋]
明日の記憶がなくなる・・・。 私自身が私自身でなくなる・・・。 若年性アルツハイマーの50歳の男性主人公の壮絶な病気との闘い。 めまいや頭痛・不眠といった諸症状に始まり、日に日に記憶が曖昧なものになっていく・・・。 そんな恐怖や焦りと共に、自らの身体の [続きを読む]

» 『明日の記憶』  荻原浩 光文社 [みかんのReading Diary]
明日の記憶 広告代理店で勤める50歳の佐伯は、人の名前が分からなくなったり、うっかり会議の時間を忘れてしまうようになった。眩暈や頭痛もあり大学病院で診察を受けると『若年性アルツハイマー』の初期症状と診断される。 ついさっきまで覚えていた事を忘れてしま [続きを読む]

» 明日の記憶 荻原浩 [かみさまの贈りもの〜読書日記〜]
広告代理店の営業課部長である佐伯。 50歳という年齢にもかかわらず、若年性アルツハイマーの診断を下される。 病気に対する絶望と焦燥と恐怖感。 自分が自分でなくなる事も受け入れ、尚且つ、生きていかなければならない辛さ。 読んでいても、行動ひとつひとつがリア... [続きを読む]

» [荻原浩] 明日の記憶  [ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary)]
ISBN:4334924468:detail 若年性のアルツハイマーにかかったサラリーマンの主人公の一人称で、物語は進みます。彼の父親も、老人性のアルツハイマーで亡くなっており、彼はその末期的な状況を知っていますから、始まりはショックと、死への恐怖です。 でも、彼にはサラリー [続きを読む]

» 「明日の記憶」荻原浩 [ナナメモ]
明日の記憶荻原 浩 五十歳、広告代理店の営業部長の佐伯。最近物忘れがひどくなったと思っていた。頭痛と不眠でかかった病院で告げられた病名が「若年性アルツハイマー」少しずつ病気が進行していく佐伯の心を描く。最初の文章「誰だっけ。ほら、あの人」からドキッとさ... [続きを読む]

» 『明日の記憶』荻原浩著 [読書日和 ]
記憶の死。 自分の頭からぽろぽろと、記憶がこぼれ落ちていく様を想像する。 そんな [続きを読む]

» 明日の記憶/荻原 浩 [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
明日の記憶荻原 浩 光文社 (2004/10/20)Amazon.co.jp で詳細を見る 現代病を扱った、シリアスな中にユーモアのある作品。 「若年性アルツハイマー」という治らない病気を若くしてわずらう主人公。 広告マンとして忙しく働いているなかで、日々記憶が途切れていく様子は、かな [続きを読む]

» 「明日の記憶」荻原浩 [本のある生活]
明日の記憶 難病と闘うドキュメンタリーを読んでいるような感じで、読みながら主人公の身になって涙ぐんだり、自分に置き換えてどーんと落ち込んだりしてしまいました。 50歳になったばかりの主人公佐伯は、広告代理店の部長としてバリバリと働いています。妻と2人. [続きを読む]

« 『サニーサイドアップの仕事術』 峰如之介、山崎祥之 | トップページ | 『捨てるな、うまいタネ』 藤田雅矢 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ