ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『九月が永遠に続けば』 沼田まほかる | トップページ | 『新解さんの謎』 赤瀬川原平 »

『あなたは絶対!守られている』 浅見帆帆子

あなたは絶対!守られている
浅見 帆帆子
グラフ社

 精神レベルの高い人は、みんな運のいい人です。運の悪い人は、精神レベルの低い人です。(本文より抜粋)

 電車の中や、喫茶店や、いろんな所で知らない人の会話が耳にはいることがあります。携帯で話をしている人の話も聞こえてきます。そんな話を聞いていて、面白いなぁって思うこともあるし、ヤダなぁって思ってこともあります。

 何気なく聞いてしまう話の中で、グチや悪口って多いんだなぁって思います。「ウチの母さんうるさくってさ」「上司が嫌なヤツで」「子供がいうことを聞かなくって」「アイツ生意気だよ」「爺さんが説教好きでさ」そういうネタって多いでしょ。

 そうやって悪いことばっかり考えていたり、イライラしたりすると、おのずといい結果は出ませんよね。そうやって自分の精神レベルが低くなると、運まで悪くなっちゃうのに気が付かない人の多いこと!

 どうせだったら楽しいこと、面白いことを話題にしていた方がイイに決まってますよね。「あそこのソフトクリームおいしかったよ!」「天気がいいねぇ」「その服、似合ってるよ」なんて、いつもいいこと、前向きなことを考えていたいなぁ。

 いい事なんてないよっていう人がいるけれど、それってホントかな?ただ、気が付かないだけなんじゃないかな?ちょっとしたことでもいいから誉めたり、感謝したりすると、だんだん気持ちがよくなってきて、運も良くなってくると思うんだけどなぁ。

 帆帆子さんの本を読んでいると、だんだんそういう気持ちになってくるんです。いつも前向きなことを考え、前向きな言葉を使っていると、グチなんか言ってる場合じゃないよねって気持ちになってくるんです。

 つい、暗い気持ちになりそうなときには、この本を読んでみてください。なぁんだ、そんなことでいいんだっていうヒントが一杯つまった本ですよ。

« 『九月が永遠に続けば』 沼田まほかる | トップページ | 『新解さんの謎』 赤瀬川原平 »

心・脳・身体」カテゴリの記事

コメント

人をほめるのって、さりげなくできるようになるといいな、と思います。
今日、いつも黒っぽい服ばかり着ている友達が今年のトレンドカラーであるターコイズを着ていたので、思わず「いいね!これからそういう色もきてよ!」って言っちゃいました。
彼女にとっては落ち着かないようでしたけれど、いっしょにいる友としては明るい服をきた彼女といっしょにいるほうがいいなぁ、と思いました。

ゆみりんこさん☆コメントありがとうございます。
きれいな色、明るい色は、心も明るくしてくれます。
地味な色を好むのは、目立ちたくないっていう心の表れなんでしょうけど、度が過ぎるとババッチイ人になっちゃうだけですよね。
お友達が、これを機会にきれいな色に目覚めてくれるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584824

この記事へのトラックバック一覧です: 『あなたは絶対!守られている』 浅見帆帆子:

« 『九月が永遠に続けば』 沼田まほかる | トップページ | 『新解さんの謎』 赤瀬川原平 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ