ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『天切り松闇がたり (第4巻) 昭和侠盗伝』 浅田次郎 | トップページ | 『フライ,ダディ,フライ』 金城一紀 »

『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』 恩田陸

 このエッセー面白すぎます!恩田さんと言えば、あの美しい文章でひんやりした空気感を描く名人だと勝手に思っていたのですが、実際は「ドミノ」の登場人物のような方だったんですね。

 せっかくイギリス・アイルランドへの旅ができるというのに、「飛行機が怖い」というのだから、もうこの時点でドタバタが始まってしまう。飛行機嫌いの作家や映画監督の名を連ねて、「怖いのはわたしだけじゃないんだ!」と連呼してしまうなんて。

 でも、そこで引き合いに出す名前が、スティーブン・キング、レイ・ブラッドベリ、スタンリー・キューブリック、etc... こういう名前を列挙してしまったら、自分もこの変人達と同じくらいヘンな人だと言ってるのと同じじゃない?

 怖さを紛らわすために、ワインを飲む、ビールを飲む、飛行機に乗る前から想像するだけでブルっている。そしてスーツケースを買うにも、持っていく本を選ぶにしても、無茶苦茶理屈をこね回す。追いつめられると饒舌になるタイプなのか、恩田さんは。

 なんだかんだ言いながらも飛行機は無事に到着し、旅はつつがなく進むのですが、恩田さんはまだ飲み続けてます。なぁんだ、ただの飲んべぇか!っていうくらい飲み続けます。結局旅の間中、恐怖が彼女を支配してたんでしょうか?

 本人もそう書いてますけど、想像力が豊かであればあるほど、最悪の事態を想像してしまって、恐怖感がより強くなっていくんでしょうね。この恐怖経験が、また新しい作品を書くネタとなっていくんでしょうか?それもまた楽しみです。

トラックバック先
どこまで行ったらお茶の時間
コウカイニッシ。
苗坊の読書日記
キング堂ブログ支店

« 『天切り松闇がたり (第4巻) 昭和侠盗伝』 浅田次郎 | トップページ | 『フライ,ダディ,フライ』 金城一紀 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんにちはー。
恩田さんってとってもユニークな方だったんですね(笑)。
私もこのエッセイを読んで、恩田さんを見る目が変わっちゃいました(笑)。
確か「IN・POCKET」2004年2月号の恩田陸特集号に、エッセイ連載開始記念のインタヴューが載ってたんですが、ここでもとにかくビール飲みまくり(笑)。
惚れ惚れしちゃうぐらい飲んでましたよ〜。

七生子さん☆コメント&TBありがとうございます。
良くも悪くもこのエッセイで、恩田さんのイメージがガラッと変わってしまいした。
心の中はドキドキでも、ポーカーフェースで飛行機に乗ってたんでしょうねぇ、なんて想像するだけでも可笑しい!

Rokoさん、こんにちは。

七生子さんがおっしゃっていますけど、「IN・POCKET」2004年2月号の恩田陸特集号のインタヴューが最高に楽しかったです。
ですから、今回、本になる時にも、是非、このインタヴューも載せて欲しかったですぅ。とても残念!
インタヴューを読んでいたら、インタヴュー出てきたビールが飲みたくなって、探しまくった私です。(未だ、飲めないビールあり…)
と言うわけで、この本を買おうかどうか、未だ悩み中。
連載中だった「IN・POCKET」を読み返している日々です。

よっしーさん☆そうなんですか。
IN・POCKET 読みたくなっちゃいましたよ。
バックナンバー探してみようっと!

飛行機の中でアルコールを飲むと地上にいるときよりも回りが速いということで、私は酒類を飲まないようにしていますが・・
恩田さんってお酒強い方なのですね。

ゆみりんこさん☆だよね~
そう、常識的には気圧の関係で上空ではアルコールのまわりが早いはずなんですけどね。
恩田さんには関係ないらしいです。ヘ(^o^)/

こんばんわ^^TBさせていただきました。
恩田さんのエッセイって、面白いですよね~
この本も、妄想満載でしたし^^;
この本を読んだ後に4年振りに飛行機に乗ったんですよ。
前は全然怖くなかったのに、離陸する時、この本を思い出して怖くなっちゃいました^^;

苗坊さん☆こんばんは
ここまで脅されると、怖がりがうつっちゃいますね。(^_^;)
恩田さんの面白さ爆発でした!

Rokoさんこんにちは。恩田サンは面白い人ですねえ。旅行記(といえるのでしょうか?)もいいけど、後半のビール工場巡りも楽しかったです。以前、私もビール工場の近くに住んでいたのでちょくちょく見学に行ってましたが、本当にあそこはビール好きには天国です(笑)

kingdowさん☆こんばんは
楽しいと言っては飲み、怖いと言っては飲み、どの暇に小説を書いてるんだろう?って思っちゃいました。
恩田さんって、かなり面白い方ですよね~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584840

この記事へのトラックバック一覧です: 『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』 恩田陸:

» 恩田陸『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』 [どこまで行ったらお茶の時間]
「恐怖の報酬」日記 イギリスとアイルランドには、とても行きたい。だが、飛行機には乗りたくない−。作家・恩田陸は、飛行機恐怖症を克服できるのか? 酩酊混乱のイギリス、アイルランド紀行エッセイ。『IN・POCKET』連載を単行本化。 笑った笑った笑った!! [続きを読む]

» 恐怖の飛行機旅行! [コウカイニッシ。]
「恐怖の報酬」日記 オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 飛行機恐怖症の作家・恩田陸がはじめての海外旅行を体験!イギリス・アイルランド紀行エッセイ。 いやー、爆笑モノでした。おもしろい!! ほんと、恐怖って個人的なものですよね。わたしは飛行機にあ [続きを読む]

» 『恐怖の報酬』日記 酩酊混乱紀行 イギリス・アイルランド 恩田陸 [苗坊の読書日記]
『恐怖の報酬』日記―イギリス・アイルランド 仕事をやれるところまで片付けて、イギリスとアイルランドへの旅行の準備は整った。 ずっと行きたかった国。 初めての海外旅行。 行きたいとは思っていたが、まさか行くとは思っていなかった。 何故なら、自分は極度の飛....... [続きを読む]

» 『恐怖の報酬』日記 恩田陸 [キング堂 ブログ支店]
飛行機恐怖症の恩田陸が、はじめての海外旅行の顛末を綴ったエッセイ+日本各地のビール工場見学紀行。 キング好きの恩田陸のエッセイなので、期待通りにちょこちょこキング関連の話題が。「小説家には飛行機嫌いが多いような気がする」として真っ先にキングの名前が。「史上最大のホラー作家。メイン州に住んでいます」との脚注つき。他にも、旅行に持っていく本の候補として『骨の袋』と『ドリーム・キャッチャー』が挙げられておりました。まだあるけれど全部書くのもどうかと思うのでここらへんに。 本好きという部分では(... [続きを読む]

« 『天切り松闇がたり (第4巻) 昭和侠盗伝』 浅田次郎 | トップページ | 『フライ,ダディ,フライ』 金城一紀 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ