ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『じゃんじゃんお金が舞い込む50の法則』 柳沢大貴 | トップページ | 『東京の地下鉄がわかる事典』 青木栄一 »

『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則』 ジム・ドノヴァン

誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
ジム・ドノヴァン
ディスカヴァー・トゥエンティワン

 私は大幅な減量に成功した友人を訪ねた。週に3回、20分のウォーキングをしているのに体重が減らないと私が言うと、彼は「1週間は何日ある?」と私に聞いた。私は当然「7日だ」と答えた。すると彼は、「じゃあ、週に7日歩けば体重は減るよ」と言った。私は彼に言われたとおりにした。そして体重は減った。
 行動を起こしても成果が現れない場合は、間違った行動をとっているか、行動が足りないかのどちらかだ。(本文より抜粋)

 こういうところに気付くかどうかってところが、目標を達成できるかどうかの分かれ道なんでしょうね。自分勝手なノルマをちょこちょこっとやって、「やっぱりムリだった。」っていう人(わたしを含めて)が多いもの。

 正しい方法、正しい行動量、それが伴わなければ変化は起きないっていうことを、知らずに毎日を過ごしていたら、ものすごい無駄な努力ばっかりになってしまうってことですよね。時間もお金も無駄にして、また次の方法に飛びつくってのはバカバカしいですよね。

 頑張ろうとする余りに、余計なことまでしてしまうってこともありませんか?健康のためにアレも食べなくちゃ!コレも食べなくちゃ!サプリメントも摂らなくちゃ!って、コレまでの生活にプラスすることばっかり考えがちでしょ?それでいいのかって考えたことありますか?

 実は違うんじゃないかな?って最近思うんです。要は食べ過ぎ、栄養の摂りすぎなんじゃないかな?増やさなきゃいけないのは運動やストレッチ、睡眠時間やリラックスなのであって、食べ物やアルコールはそんなに要らないんじゃないかな?マイナスする勇気ってのも必要だと思うんだけど。

 この本には成功への提案が74項目掲げられています。「自分を否定しない」とか「感謝の気持ちを持つ」というように、1つ1つはとても簡単なことです。でも、この簡単なことが案外「難しいこと」なんですよね。ついつい「わたしなんて」と思ってしまったり、感謝の気持ちなんてしょっちゅう忘れてます。(^^ゞ

 この本の第1項目は「今すぐ、始める」なんです。何をするにしても、これが一番大事なんですね。

 Start me up !

« 『じゃんじゃんお金が舞い込む50の法則』 柳沢大貴 | トップページ | 『東京の地下鉄がわかる事典』 青木栄一 »

ビジネス・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584773

この記事へのトラックバック一覧です: 『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則』 ジム・ドノヴァン:

« 『じゃんじゃんお金が舞い込む50の法則』 柳沢大貴 | トップページ | 『東京の地下鉄がわかる事典』 青木栄一 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ