ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』 恩田陸 | トップページ | 『傑作文房具100』 »

『フライ,ダディ,フライ』 金城一紀

フライ、ダディ、フライ
金城 一紀
角川書店

 鈴木一さんは47歳のごく普通のサラリーマン。その日まで、特に波風もなく平凡な日常を過ごしていたんです。でも、その日を境に、彼の目標は一点に定まってしまったのです。

 大事な高校生の一人娘が、男子高校生に殴られたんです。それも、タダの高校生ではなく、ボクシングの高校チャンピオンに。なぜ、うちの娘が殴られなきゃいけないんだ!鈴木さんは怒ります。そして、逆襲をすることを心に誓うんです。

 とはいっても、フツーの中年男の鈴木さん。今のままの自分では、とうてい歯が立つような相手じゃありません。ひょんな事からであった在日の高校生「朴舜臣」クンに、1から鍛え直してもらうことになったのですが、毎日が特訓の連続です。

 ただの中年おやじだった鈴木さんは、体を鍛えるとともに、心も鍛えられていきます。舜臣クンは娘と歳は変わらないけれど、在日としての厳しさを持っている分、鈴木さんより大人なんです。少なくとも「戦う」ということに関しては。

 鈴木さんも、最初に殴られたのが自分だったら、こんな熱意はきっと持たなかったでしょう。被害者が娘だからこそ、ここで父親として奮い立たなければという気持ちになったんでしょうね。

 家族を守るという基本に戻ったとき、お父さんはどんなことにも耐えられる、強い人になったのです。そんなお父さんはカッコイイです。

トラックバック先
デコ親父はいつも減量中
みかんの Reading Diary♪
AOCHAN-Blog
たりぃの読書三昧な日々
本を読む女。改訂版
「本のことども」by聖月
まったり読書日記
日々の書付
ご本といえばblog

« 『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』 恩田陸 | トップページ | 『傑作文房具100』 »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

聖月さん☆TBありがとう。
普段はジミなお父さんが、イザって時に活躍するのってカッコイイですよね。
昔、台風が来る前の日に雨戸を打ち付けたり、テキパキ指示をするお父さんはカッコよかったなぁ。
カッコイイお父さんって、今はどんな時に出没すればいいんだろう?なんて思います。

RokoさんTBありがとうございます。
久々に拍手喝采作品。
大好物です(笑)。
ボーっとしてました…今ごろになってリンクさせていただきましたのでよろしくお願いしますm(__)m。

ユミさん☆コメントありがとうございます。
読み終わった後のサワヤカ感がいいですよね。
こちらこそ、どうぞよろしく。

体と共に心も鍛えられたって、本当にそうですね。
鈴木さん、最初とは全然違うかっこいいお父さんになってました。ゾンビーズの活躍も光ってましたね♪

エビノートさん☆こんばんは
ゾンビーズみたいな友達がいたら無敵ですよね!(^o^)/

Rokoさん
私も読みました。
鈴木さんがどんどん強くなっていくところは
私もワクワクしながら読んでいました。
あまりにおもしろかったので映画も見ました。
岡田准一くんの舜臣は原作とは雰囲気が違うのですが、鷹の舞いがとても美しく、戦い方も舞いをまっているように華麗でした。

日月さん☆こんばんは
ヤル気になれば人間は強くなれるんですね!
映画も面白そうですね、今度見てみようかなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584841

この記事へのトラックバック一覧です: 『フライ,ダディ,フライ』 金城一紀:

» 再掲 ◎「フライ,ダディ,フライ」 金城一紀 講談社 1180円 2003/1 [「本のことども」by聖月]
まずはダラダラと家庭話。仕事から家へ帰ってみると、嫁さんが寝転んでいる。そして言う“私、死ぬかと思っちゃった”“どうしたの”“きょうね、家の階段の2、3段目くらいから落ちちゃったの。もう死ぬかと思って。いろんなことがグルグル頭の中をまわって。ああ、死ぬとき [続きを読む]

» フライ,ダディ,フライ/金城 一紀 [ひまさえあれば]
愛する娘が何ものかに殴られたぁ?! 復讐に乗り込んだ父は乗り込む場所を間違えた…そこで出会うのがあのザ・ゾンビーズ♪ 朴舜臣に鍛えられることになった父は奇妙な師弟関係を深めつつ家族の修復を求めゾンビーズたちが仕組んだ戦いの日までひたすら頑張る。 この中年 [続きを読む]

» 「フライ、ダディ、フライ」金城一紀 [本を読む女。改訂版]
フライ,ダディ,フライ発売元: 講談社価格: ¥ 1,239発売日: 2003/02売上ランキング: 7,587おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/14 金城一紀の本を3冊読んで、ひとつ気づいたことがある。 ああこの作家さん好きーすごく好きー なんつうかこの感情はもう恋 [続きを読む]

» 「フライ、ダディ、フライ」(金城一紀著) [たりぃの読書三昧な日々]
 今回は 「フライ、ダディ、フライ」 金城 一紀著 です。この本はゾンビーズシリーズの第2作ですね。 [続きを読む]

» 「フライ,ダディ,フライ」金城一紀 [AOCHAN-Blog]
タイトル:フライ,ダディ,フライ 著者  :金城一紀 出版社 :講談社 読書期間:2005/12/28 - 2005/12/29 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] おっさん、空を飛んでみたくはないか? はい、とりあえずやってみます…。鈴木一、47歳。平凡なサラ [続きを読む]

» 『フライ,ダディ,フライ』  金城 一紀  講談社 [みかんのReading Diary♪]
フライ,ダディ,フライ 鈴木一は47歳の平凡なサラリーマン。出世もそこそこして安定した生活を送っている。唯一の自慢は家族と娘である。 いつものようにバスに乗り、いつも通りに帰宅したが家の中がいつもと違う…。暗い部屋に置かれたメモには娘が男子高校生に殴ら [続きを読む]

» フライ・ダディ・フライ−(本:今年25冊目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
講談社 ; ISBN: 4062116995 ; (2003/02) 評価:92点(100点満点) たまらない。 読み終えた直後、おっさんの頑張りに勇気付けられ、俺もなにかをしなくてはと、思わず立ち上がってしまった。 むやみやたらにステップを踏み、軽くシャドーボクシングなどをしてみる。 [続きを読む]

» フライ、ダディ、フライ 〔金城 一紀〕 [まったり読書日記]
フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))金城 一紀角川書店 2005-05-31売り上げランキング : 19418おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 鈴木一、47歳。平凡なサラリーマン。破綻した世界を取り戻すための、ひと夏の冒険譚。(BOOK....... [続きを読む]

» 「フライ,ダディ,フライ」 金城 一紀 [日々の書付]
落ちこぼれ高校生、ザ・ゾンビーズはいつもトラブルに首をつっこみたがる集団だ。彼らをパートナーにすれば、とてつもなく楽しく、危険な冒険が待っている。 それがたとえ、平凡な中年サラリーマンだったとしても。 平凡なサラリーマン、鈴木一(はじめ)は、判で押したような平凡な日常を営むサラリーマン。 そんな鈴木さんにも大切なものがある。 家族、妻と美しい娘・遥が唯一、自慢できる存在だ。 7月9日、そんな日常に大きな亀裂が入る。 大事な娘・遥が大けがを負い、病院に運ばれてしまう。 遥にけがを... [続きを読む]

» 金城一紀「フライ,ダディ,フライ」 [ご本といえばblog]
金城一紀著 「フライ,ダディ,フライ」を読む。 このフレーズにシビれた。  誰かの手が愛撫するような動きで、私の髪の毛を撫でてくれている。明日までのあいだに、もう恐れるも ... [続きを読む]

« 『酩酊混乱紀行「恐怖の報酬」日記』 恩田陸 | トップページ | 『傑作文房具100』 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ