ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« Google Map | トップページ | 『文房具を買いに』 片岡義男 »

『切れない糸』 坂木司

切れない糸
切れない糸
posted with amazlet on 05.07.02
坂木 司
東京創元社

 新井和也クンのお父さんが急に亡くなり、彼は家業のクリーニング店を継ぐことになったんです。継ぐとはいっても、彼はまだ大学生。何をしたらいいのか全然分かりません。そんな彼を支えてくれるのは、パワフルなお母さんと、彼が生まれる前から店にいるアイロン職人のシゲさん。

 なれない客先回りをしながら、彼は段々と仕事の難しさ、楽しさを覚えていきます。でもどうしていいやら分からない時、何でこんなことしてるんだろうって疑問を感じたとき、近所の喫茶店ロッキーで働く沢田クンのところへいって話をすると、なぜかスッキリしてくるんです。

 最初はクリーニング屋さんの話かなって思っていたら、途中から違う感じになっていきます。和也クンがお客様から預かってくるいろんな服の話を聞きながら、池田クンがいろんな推理をしていきます。そう、まるでホームズとワトソン博士のように。

 この本は推理ものなのかな?でも、働き始めたばかりの青年の話でもあり、家族の物語でもあるんです。まぁ、細かいことはさておいて、現代にもこんな純朴な青年がいるんだなってホッとさせてくれる、とってもさわやかな一冊でした。このメンバーが登場する続編を期待しちゃいます。

トラックバック先
のぽねこミステリ館
猫は読書の邪魔をする
図書館で本を借りよう
まったり読書日記
やぎっちょのベストブックde幸せ読書!!
苗坊の徒然日記

« Google Map | トップページ | 『文房具を買いに』 片岡義男 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんにちは。
TBとコメントをどうもありがとうございます。
ミステリっていうより、和也の成長と沢田との友情、そして家族や商店街の人たちとの関係を描いた、「人と人とのつながり」の物語ですね。
とても気持ちのいい本でした。

MICHI☆みすずさん
コメント&TBありがとう。
和也クンが周りの人達と自分との関係を学んでいくところがとってもいいなって思います。
「池袋ウエストゲートパーク」の誠クンよりも、ちょっと気が弱そうなところがいいなぁ。

コメント&トラックバック、ありがとうございました。のぽねこです。
マイレコの方で、お名前は拝見しておりました。
坂木さんの、既刊の三部作も、心温まる素敵な物語です。
ぜひ、お読み下さい。
本書も素敵でしたね。

のぽねこさん☆コメント&TBありがとうございます。
クリーニング屋さんの仕事って、奥が深いんだなって改めて感じました。
既刊もぜひ読もうと思ってます。
それくらい、この本は面白かったんです。
これからも、よろしくお願いします。

「切れない糸」というタイトルが作品にぴったりですよね。家族のつながりや、友情など、人と人とのつながりって、こういうものなんだよなぁと優しい気持ちにさせてくれる物語でした。
引きこもり探偵シリーズも読むのが楽しみです。

エビノートさん☆こんばんは
クリーニングへ出した服から、それを着ている人がどんな人なのか推理できてしまうなんて、面白いけど、実際にそう見られていると思うと怖いですねぇ。

こんにちは。TBさせていただきました。
気になっていたのですが、ずっと読めず、ようやく読めました。
想像通り面白かったです。
こんな素敵な青年がいたら良いですよねぇ。
生粋の生物委員。本人に自覚がないのがまた良いですよね。
クリーニングの仕事の裏側もわかって勉強になりました。
ぜひとも続編を出してほしいです。

苗坊さん☆こんにちは
クリーニング屋さんって洗濯するだけじゃないんだってところも面白かったですね。
依頼されるものの種類も増えているし、修理の仕事も増えているみたいですよね。
和也クンって、洗濯王子みたいなのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584452

この記事へのトラックバック一覧です: 『切れない糸』 坂木司:

» 「切れない糸」坂木司(東京創元社) [ゆめとうつつ読書感想Blog]
切れない糸posted with 簡単リンクくん at 2005. 5.28坂木 司東京創元社 (2005.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 大学卒業間近の新井和也は、なかなか就職が決まらなかったが、 父親が急死したため、家業のクリーニング店を継ぐこ... [続きを読む]

» 坂木司『切れない糸』 [のぽねこミステリ館]
坂木司『切れない糸』〜東京創元社〜 俺、新井和也は、就職先がなかなか見つからずに、焦りを感じていた。 実家は、クリーニング屋。両親、アイロン師のシゲさん、三人のおばちゃん(松竹梅トリオ)が中心に、店を切り盛りしていた。店を継ぐ気はなかった和也だが…。 ... [続きを読む]

» 総合ランキングベスト10 (7/3現在) [My Best Books!]
(2005年7月3日現在) 現在のエントリー作家計5名 (伊坂幸太郎[:男:]、恩田陸[:女:]、荻原浩[:男:]、加納朋子[:女:]、横山秀夫[:男:]・・・エントリー順) 文字通り、得点数の高い順から並べています。 伊坂さん、強いですね[:祝:] 月に1回更新したいと思 [続きを読む]

» 坂木司 『切れない糸』 [猫は読書の邪魔をする]
切れない糸 坂木 司 大学卒業を間近にしたある日、父親が急逝。就職が決まっていなかった和也は、実家のアライクリーニング店を手伝うこととなった。毎日預かる衣類から立ち昇る謎とは―。  新シリーズです。  基本的には前シリーズ、ひきこもり探偵と同じ。扱う謎 [続きを読む]

» 「切れない糸」坂木司 [図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜]
「切れない糸」坂木司(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、推理、アームチェアディティクティブ、クリーニング店、ワトスン、商店街 引きこもり探偵三部作で最近注目の坂木司の新シリーズ。 前シリーズと変わらないアームチェアディティクティブ [続きを読む]

» 切れない糸 〔坂木司〕 [まったり読書日記]
切れない糸 ≪内容≫ 俺、新井和也。家は商店街によくある町のクリーニング屋。 目下のところクリーニング品の集荷が俺の主な仕事。 毎日、お得意さんの家を訪ねては、衣類を預かってくるというわけ。 ところが、あるお得意さんから預かった衣類は…。 (MARCデ....... [続きを読む]

« Google Map | トップページ | 『文房具を買いに』 片岡義男 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ