ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『人は食べなくても生きられる』 山田鷹夫 | トップページ | 『にっぽん60年前』 »

積読回避策

Kamakama_3  せっかく本を買ったのに、いつまでたっても積読になっちゃうってことありませんか?

 本好きの人がおちいりやすいパターンとしては何冊か本を買って、とりあえず読み始めた本はいいんだけど、次に読もうって思ってた本より、後から買った本の方が先になってしまって、気が付いたらそんな本が山になってるってことありますよね。

 一冊の本を読み終わるまで、次は買わないぞって思ってみても、本屋さんを覘くとついつい買っちゃうんですよね。

 そういうパターンに陥らないために、わたしは図書館で本を借りることにしています。つまり貸出期限を締め切りにしちゃうってことなんです。特に人気の高い本は、自分より後に大勢の人が待ってますから、絶対に返さなけりゃっていうモチベーションにつながるんですよ。

 図書館からは常に何冊か借りています。面白い本なら一気読みできますけど、ちょっと疲れる本ってのもありますよね。そういう時は、何冊かを交替に読むなんてこともします。こうすると、何故か飽きずに読めちゃうんですよ。1冊を読み始めたら、きちんと読み続けないとっていうのは、いったい誰に教わったのかなぁ?無駄な強迫観念にしかならないこともあるから、そんなことに囚われる必要はないんだよって思います。

 無理して全部読まなくたっていいんだってことに気が付くと、かなり気分が楽になります。ビジネス書だったら、見出しに目を通すだけだってかなり中身は分かっちゃいます。気になったところだけ本文を読むって程度でも、いいんじゃないかな?

 小説の場合は、どうしてもダメな本ってありますよね。登場人物に同調できないとか、文体が嫌だとか、そういう時はストーリーは無視して、パラパラ違うところを読んじゃうってのもアリです。それで面白い部分が見つかれば、もうちょっと読んでみようかっていう気持ちになれるし、それでダメならダメだとあきらめればいいだけのこと。部屋の中に積んでおいたりしないで、さっさと古本屋さんへ売っちゃいましょう。売ったお金でまた別の本を買えばいいんだしね。

« 『人は食べなくても生きられる』 山田鷹夫 | トップページ | 『にっぽん60年前』 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

私も同時に何冊かの本を交互に読んだりします。

途中で止めて図書館に返した後しばらくしてからまた借りてきたり、どうしても気がのらない本はラストの結末だけ先読みしたりと気まぐれにやってます。

一冊まるまる最初から最後まで読まなきゃいけないというルールは小学校の頃の読書感想文あたりからきてるのかも。



それとブログ引っ越しました。>>読書計画+ 

http://dokusyo.sakura.ne.jp/

これからもどうぞよろしく。

やまをさん☆そうなんですよ



複数の本を交互に読むと、けっこう読むのが楽だったりするんですよね。



読みたいところだけでいいのさって、軽い気持ちで読むのが一番ですよね。



引越し了解です。これからもよろしく!

何冊か同時進行します。

電車用、寝る前用、じっくりカフェなどで読む用。

でも、積読、もたくさん。。。



図書館で読んで気に入ったら買う、ということになるべくしたいのですけれど、ね。

cocoさん☆でも買っちゃう?

不思議ですよね。欲しいとなったら、夢遊病のように買っちゃう。(^^ゞ

本好き共通の悩みです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584407

この記事へのトラックバック一覧です: 積読回避策:

« 『人は食べなくても生きられる』 山田鷹夫 | トップページ | 『にっぽん60年前』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ