ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『こぐれひでこのカワイイ幸運グッズ』 | トップページ | 『旅はパレット』 江國滋 »

『となり町戦争』 三崎 亜記

となり町戦争
となり町戦争
posted with amazlet on 05.08.22
三崎 亜記
集英社

となり町との戦争のお知らせ】
 開戦日 九月一日
 終戦日 三月三十一日(予定)
 開催地 町内各所
 内容  拠点防衛 夜間攻撃
     敵地偵察 白兵戦
 お問合せ 総務課となり町戦争課

 こんな内容がを地域の広報誌に載っていたのを見て、主人公は自分の住む町ととなり町が戦争することを知るのです。とはいっても、なぜ戦争をするのか?どんな場所で先頭が行われるのか?彼にはちっとも分からないんです。

 そんな彼は「偵察員」に任命され、どんどん戦争に関わるようになっていくのです。敵地である「となり町」に住み偵察活動を行うのですが、どうも実感が湧きません。広報誌に載る戦死者数によってのみ、戦争をかろうじて感じることができる日々が続きます。

 戦争を決断するのは町だけれど、実行するのはコンサルティング会社、市民生活に支障をきたさないように戦闘が行われるっていうスタイルは、妙な現実感があります。気が付いたら、自分のそばでもそんなことがあるかもっていう恐怖感が湧いてきます。

 余りにも淡々とした文章なので最初は気付かなかったのですが、これってSF?
 こんな世の中にならないことを祈るばかりです。

« 『こぐれひでこのカワイイ幸運グッズ』 | トップページ | 『旅はパレット』 江國滋 »

日本の作家 ま行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^.^)
SFって言えばSFなのですが・・・
たとえば村上春樹もSF設定を入れ込みますよね。

私としては、これはすばる文学賞というエンタメ系の登竜門を通過した作品なのですが、純文学に近いものを感じましたよ(^.^)
言葉をひとつひとつ拾っていくと輝いているような。
だから、直木賞とらなくてよかったなあ、みたいな(笑)
いつか文芸的な賞をとってほしい作家だと思います(^.^)

聖月さん☆コメント&TBありがとうございます。
この本で描かれている場所は、不思議な世界でしたね。
日本のどこかのようだけど、でも別のどこかに存在しているパラレルワールドって気もするし。
次回作が楽しみです。

リスケさん☆トラバありがとうございます。
戦争って、もっと派手なものだと思っていただけに、淡々と進む戦争ってのは逆に怖い感じがしました。
戦争をしていないつもりでいても、どこかで戦争とつながってしまうっていう事実を突きつけられたような気がします。

Rokoさん、こんばんは。
やっとPCが直りました。
たぶん復活です(笑)また、おかしくなりそうな気もするのですが・・・・。


この作品はSFなんですねー。
そういわれてみればそういう気もします。
もうひとつの別世界を描いた作品なんでしょうね。
こんな世界にはなってほしくないなぁ・・・・と思ってしまいました。

りーふいさん☆コメント&トラバありがとうございます。
普通そうでいて実は怖い世界でした。
PC復活オメデトウございます。
ガンガン記事をアップしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584411

この記事へのトラックバック一覧です: 『となり町戦争』 三崎 亜記:

» ◎◎「となり町戦争」 三崎亜記 集英社 1470円 2005/1 [「本のことども」by聖月]
 現に日本国内でも地域的戦争は起こっているわけで、今朝の新聞を見るだけでも、現象としての部分では報じられている。  まずは、戦に破れた長野県山口村の話。島崎藤村の出身地のその村が、岐阜の中津川市連合との戦いに敗れ、新:中津川市に併合される。要するに、文 [続きを読む]

» 「となり町戦争」(三崎亜記著) [たりぃの好きなもの]
 今回は 「となり町戦争」 三崎 亜記著 です。この本は第17回小説すばる新人賞受賞作ですね。 [続きを読む]

» 読書感想「となり町戦争」 [三匹の迷える羊たち]
読書感想「となり町戦争」 となり町戦争 【評価】★★★ [続きを読む]

» 『となり町戦争』  三崎 亜記・著 [図書館で読書]
となり町戦争 三崎 亜記 私たちのいつかの未来、こんな風にとなり町と戦争をするのかもしれない。 まるでオリンピックを共同開催するみたいに、となりの町と共同で戦争をする。 戦争は一種の事業となっていて、お金をもうける手段の一つ。 銃声が聞こえることなく [続きを読む]

» となり町戦争 [本のある生活]
となり町戦争 三崎亜記 話の設定はおもしろそうだし、帯は絶賛。なのに他の人のブログで目にする書評は賛否両論なので、とても気になっていたのです。 読んでみて・・・よくわかりませんでした。まぞ、となり町と戦争をするって、いったいどんなことなんだろうというの. [続きを読む]

» 18 となり町戦争(三崎亜記)集英社 ★★★ [つんどくの日々]
<日常に忍び込む戦争の恐怖、戦争とはこういうものかもしれない> 三崎亜記の「となり町戦争」を読み終えました。ひたすら怖い。感じない戦争だけど着実に戦争に巻き込まれている一人の青年。 戦争とはこういうものかもしれない。 となり町戦争posted with 簡単リン [続きを読む]

» となり町戦争 三崎亜記 [粋な提案]
カバー写真は横山孝一。第十七回小説すばる新人賞受賞作。 アパートにひとり住まいをしている平凡な会社員で、ある日町の広報誌にとなり町との戦争のお知らせを見た、主人公で語り手の僕:北原修路は、町役場に呼び出され偵察業... [続きを読む]

« 『こぐれひでこのカワイイ幸運グッズ』 | トップページ | 『旅はパレット』 江國滋 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ