ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義』 黒柳徹子、淀川長治 | トップページ | 『生首に聞いてみろ』 法月綸太郎 »

『ツイてる!」 斎藤一人

ツイてる!
ツイてる!
posted with amazlet on 05.08.09
斎藤 一人
角川書店

 自分に起きたことは100%自分の責任だと思うんです。50%ではありません。0%でもありません。100%です。(本文より抜粋)

 何か悪いことがあると、それを誰かのセイにしてしまうってことありますよね。恋人にふられたら、その恋人が心変わりしたことが悪い(わたしはちっとも悪くない)とか。同期の誰かの方が昇進が早かったら、あいつはゴマスリだから(自分はそんなことはしないぞ)なんてね。

 本当にそうなのかなぁ?付き合いだした頃より、かなり図々しくなったとか、相手の趣味にちっとも興味を持てないなんてことない?逆に相手に合わせすぎて疲れた顔してることないかな?自分の気が利かなさに、誰かがイライラしてることなかった?

 何か問題が起きるって事は、自分に対する警報なんだよって考えられればいいんだけど、なかなかそうできないのは、なぜなのかな?自分の中にある「自分が悪いわけないじゃない」っていう気持ちが強いのかなぁ?「自分はいつも正しい」っていう思い込みに騙されちゃってるのかなぁ?

 自分がどんなことをしでかしたのか、そして自分がどんなことを(やらなきゃいけないのに)やらなかったのか、そこいらへんをゆっくり考え直すってことが大事なんだろうなぁ。自分のことを一番分かっていないのが自分ってことが多いものね。

 以前、友達と「やらなかった後悔」ってことについて語り合ったことがあるんだけど、これってみんなに考えてもらいたいテーマだと思ってる。「やっちゃった後悔」っていうのを反省するのは簡単だし、こういうのは時間が解決してくれることが多いんだよね。

 ところが「やらなかった後悔」っていうのは、反省のしようがなくて、ただひたすら悔やむばっかりなんだよね。グチってのは、ほとんどがこれだと思うんだけど、これってどこまで行ってもケリが付かなくて、空しいなぁって思うんだ。

 友達と出した結論は「やらなかった後悔」っていうのは、絶対に自分が100%悪いワケなんだから、これは自分で直すしかないよねってこと。「To be or not to be」という状況になったら、絶対に「To be」を選択しようねと誓い合ったんです。

 「ツイてる」といった人が、ツイてる人間

 一人さんの言葉どおり、ツイてると信じて何かをすればいいんですよね。そうすればきっとうまくいくんです!

« 『徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義』 黒柳徹子、淀川長治 | トップページ | 『生首に聞いてみろ』 法月綸太郎 »

日本の作家 さ行」カテゴリの記事

新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584877

この記事へのトラックバック一覧です: 『ツイてる!」 斎藤一人:

« 『徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義』 黒柳徹子、淀川長治 | トップページ | 『生首に聞いてみろ』 法月綸太郎 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ