ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『自転車とろろん銭湯記』 疋田智 | トップページ | 喜びは創り出すもの - ターシャ・テューダー 四季の庭 »

『逃亡くそたわけ』 絲山秋子

逃亡くそたわけ
逃亡くそたわけ
posted with amazlet on 05.09.10
絲山秋子
中央公論新社

 「先生あたし躁の時幻聴があるんです。幻聴が来ると躁が悪くなって何するか判らないんです。亜麻布二十エレは上衣一着に値するって、毎日毎日そればっかりでわけわからないんです」(本文より抜粋)

 そんなに重度の患者ではないのでセキュリティが甘いのをいいことに、精神病院から逃げ出した花ちゃんとなごやん。車で福岡をスタートし、どんどん南へと逃げていきます。

 2人で逃げながら考えることは、病院の食事はなんてまずいんだろうとか、運動不足で便秘になっちゃうとか、薬ばっかり飲まされてかえって体調が悪くなっちゃうよねなんてことばかり。病院って病気を治すところだったんじゃなかったっけ?

 なごやんはいろんな理屈をこねるけど、衝動的パワーを持つ花ちゃんにイヤとは言えないんですよね。そんなことは最初は思いもしなかったんだろうけど、花ちゃんと一緒に時間を過ごすことによって、なごやん自身の抱えている問題が段々と見えてくるんです。

 このストーリーってロードムービーみたいだなぁ。2人が逃亡しているといいながら、ちゃんと観光してるし(笑)。とにかく2人が旅する九州の町々は、とっても魅力的なんですよ。わたしも九州の旅へ行きたくなっちゃいました。

トラックバック先
AOCHAN-Blog
猫は読書の邪魔をする
コウカイニッシ
個人的読書
どくしょ。るーむ
東京図書館制覇!Blog版
マロンカフェ

« 『自転車とろろん銭湯記』 疋田智 | トップページ | 喜びは創り出すもの - ターシャ・テューダー 四季の庭 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

ココさん☆トラバありがとうございます。
なごやんの病気の原因って、故郷を隠そうとするところから始まってるんじゃないかなって思えました。
花ちゃんみたいに故郷を自慢できるって事は、それだけで幸せなことなんだなぁって思います。
それにしても、なかなか痛快なストーリーでしたよね。

コメントとTBありがとうございます。
この本はとても旅心を誘う素敵なガイドブックでしたね。
それもそうなのですが今改めて思い返すと、花ちゃんとなごやんが友情(愛情?)を深めていくのが「いいなー、いいなー♪」と私を嬉しくさせてくれて「旅先で深まる関係ってあるよなー、旅行にいきたいなー」となってしまったようです。
そんな単純な私ですが、今後ともよろしくお願い致します。

bamseさん☆コメント&トラバありがとうございます。
最初からどこへ行こうというのではなく、適当に行く旅ってのもいいかも?
動機はともかく、こういう旅っていうのもいいなぁって思っちゃいました。

この本も、面白かったです、、。
ロードムービーって、なんか、ドライブ感が、あるんですよね、、。
TBありがとうございました。

indibookさん☆
花ちゃんは病気のセイって事もあるけれど、もの凄いパワーがあるじゃないですか。そこに妙な魅力を感じてしまったんです。
やると決めたらやってしまう行動力って羨ましいなぁ!

>このストーリーってロードムービーみたいだなぁ。

映画化されたそうで、原作の会話もおもしろいし、よい映画になって当然! という気がしますね。

>花ちゃんと一緒に時間を過ごすことによって、なごやん自身の抱えている問題が段々と見えてくるんです。

はいはい、そこら辺がとても上手に書かれていました。

ディックさん☆こんばんは
これも映画化されちゃうんですね!
観たら旅したくなっちゃうんだろうなぁ~!

こんばんわ。
二人の会話も楽しくて、面白かったですね。
映画化されてるんですね。
景色とか、きれいなんだろうなぁと想像しています。
Rokoさんのおっしゃる通り、旅したくなっちゃうんでしょうね。

i.a.さん☆こんばんは
こういう「あてのない旅」ってのをしてみたくなっちゃいますねぇ!

こんにちは~♪読んでから映画化されていることに気がつきました。(^^;ゞ
追われているかも?と焦ったりもするくせに、ちゃっかり観光している所が笑えます。(笑)病状の事もあるけれど、郷土を愛する気持ちが凄く感じられてそこがとても読み心地が良かったなぁと思いました。(^^ゞ

板栗香さん☆こんにちは
こんな状況なのに、ただ逃げているだけじゃない2人に笑えちゃいました。
郷土愛が人間を作るって部分もあるんだなぁって思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584433

この記事へのトラックバック一覧です: 『逃亡くそたわけ』 絲山秋子:

» 「逃亡くそたわけ」絲山秋子 [AOCHAN-Blog]
タイトル:逃亡くそたわけ 著者  :絲山秋子 出版社 :中央公論新社 読書期間:2005/12/31 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 21歳の夏は一度しか来ない。あたしは逃げ出すことにした。 軽い気持ちの自殺未遂がばれて、入院させられた病院か [続きを読む]

» 絲山秋子 『逃亡くそたわけ』 [猫は読書の邪魔をする]
逃亡くそたわけ 絲山秋子 福岡から鹿児島までの逃亡ロードノベル。 後先考えずに出発してしまう二人。何の心配よりも薬の心配が一番で、その辺のチグハグさが花ちゃんの精神状態を表しているのでしょうか。とにかくただ車で九州を南下して行くだけの物語なのに、花ちゃ [続きを読む]

» 亜麻布二十エレは上衣一着に値する [コウカイニッシ。]
逃亡くそたわけ 意外や意外。『イッツ・オンリー・トーク』『海の仙人』『袋小路の男』ときて、まさかこう来るとは! 福岡の精神病院に入院している男女がポンコツ車で逃亡を続けるロードノベル。 まず、「くそたわけ」というタイトルからして驚き。そんな私は関東 [続きを読む]

» 『逃亡くそたわけ』 [歯医者さんを探せ!]
● 表紙の印象      今回挿画で得した気分に。イメージがとてもよく分り感情までも伝わってくる。「本を読む」ということを意識して20年、やっと表紙や挿画に無意識に目が行く余裕ができたのかな。これまで自然に活字好きになった方が羨ましいと何度も思ってき... [続きを読む]

» 第3回新刊グランプリ!グランプリ発表! [活字中毒日記!]
遅れましたが、第3回新刊グランプリの最終ランキング発表を致します。 加点前ランキングはこちら 第1位410点[:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:] 対岸の彼女 角田 光代 第2位346点[:拍手:][:拍手:][:拍 [続きを読む]

» 逃亡くそたわけ [個人的読書]
絲山秋子 逃亡くそたわけ  「逃亡くそたわけ」   絲山秋子・著  中央公論社・出版  『精神病院からの逃亡、九州縦断』  タイトルに吃驚して、読んでみようと 思いました。  九州北部の精神病院に入院している 絶えず、幻聴が聞こえる躁病の女 [続きを読む]

» 『逃亡くそたわけ』 絲山秋子 中央公論新社 [みかんのReading Diary♪]
逃亡くそたわけ 躁の博多弁を話す主人公が自殺未遂をしたために入院させられていた精神病院から脱走しようとするが、その時に偶然会ってしまった名古屋出身なのに名古屋弁を話さない鬱の男性と一緒に逃亡してしまう。 古いルーチェ…と最近見かけない車で目的地も無 [続きを読む]

» 逃亡くそたわけ [どくしょ。るーむ。]
著者:絲山 秋子 出版社:講談社文庫 紹介文: 鮮烈なタイトルで、気になっていた作品です。 21歳のたった1度の夏が終わる前に、と病院を抜け出す「あたし」と、巻き込まれる形で逃走してしまう「なごやん」。 博多女と名古屋男の逃亡劇はさまざまなトラブルに見舞わ....... [続きを読む]

« 『自転車とろろん銭湯記』 疋田智 | トップページ | 喜びは創り出すもの - ターシャ・テューダー 四季の庭 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ