ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『音楽ライターが、書けなかった話』 神舘和典 | トップページ | 祝 開店!インドカレーの店 accha »

『世間のウソ』 日垣隆

世間のウソ
世間のウソ
posted with amazlet on 05.10.16
日垣 隆
新潮社

 ニュースになっているから、雑誌に載っていたから、有名な人が言っていたから、それがホントだと信じちゃってませんんか?というのがこの本のテーマです。そうなのよねぇ、みんながそう言ってるからって、盲目的に信じちゃってる事ってかなりありますよねぇ。

 宝くじ売り場に「この売り場で1等が出ました」なんてポスターが貼ってあるのを見て、「そうか、ここで買えば当たるんじゃないかなぁ」なんて思っちゃう人って結構いるじゃない。知ってますか?1等が当たる確率を。たったの 0.0000001!。

 それにひきかえ、保険を請求するような交通事故に遭う確率が0.0092651。つまり交通事故で死んだり大けがをしたりする確率は宝くじで1等が当たる確率の92651倍ってことになるんですよ!いかに宝くじが当たらないかってことが分かるでしょ。なのに、みんな自分だけは当たると思ってるんだなぁ。

 競馬だっておんなじ。儲かるのはお金を賭けている人ではなく、馬主でもなく、胴元であるJRAばかり。そういうシステムのことを知っちゃうと、なんだかなぁって気持ちになってきます。

 この本に書いてあることだって、どこまで信じて良いものやら分かりませんけどね。(^^ゞ
 何でも疑問を持ってみるっていうのは良いことだと思うなぁ。この人はこう言ってるけど、あの人はこう言っている、何故意見に差が出るんだろう?とか、何故このニュースばっかりやってるんだろう?なんてね。

 海外のニュース番組を見る度に思うのだけど、その国によって重要なニュースって違うのは当然ですよね。だけど国際的に大きな事件が起きた時などに、日本だけ違うところを見てるぞってことがあるんですよ。その温度差ってのが、致命的なことにならなければいいなって思うんだなぁ。わたしの勝手な心配で済めばいいんだけど。

« 『音楽ライターが、書けなかった話』 神舘和典 | トップページ | 祝 開店!インドカレーの店 accha »

新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584925

この記事へのトラックバック一覧です: 『世間のウソ』 日垣隆:

» 『世間のウソ』 常識とは非常識なコト [粗製♪濫読]
著者:日垣隆  書名:世間のウソ 発行:新潮社 購入動機:著者のファン なるほど度:★★★★★ 辛口の評論家日垣氏が、「世間で常識とされていることや普通に流れているニュース」に対して感じた疑問について考えたもの。 著者の『そして殺人者は野に放たれる』 [続きを読む]

» (書評)世間のウソ [たこの感想文]
著者:日垣隆 日ごろ目にするニュースや新聞記事。それらで描かれている「世間の常識 [続きを読む]

« 『音楽ライターが、書けなかった話』 神舘和典 | トップページ | 祝 開店!インドカレーの店 accha »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ