ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« ボールペンと鉛筆の専門店「五十音」 | トップページ | 第46回 神田古本まつり(予告) »

『ベストセラーだけが本である』 永江朗

 何冊以上売れればベストセラーというのかは知らないけれど、とにかく沢山売れた本ということですよね。
 どんなにいい内容であっても、売れなければその内容を伝えることができないわけです。

 じゃぁ、どういう本が売れるのか?と考えると、やっぱり売るための手段ってのはあるんですよね。

 かつての角川映画では、映画とタイアップして大宣伝を打って本も売るという手法を打ち出して大成功しました。

 その後はTVとタイアップっていうのもかなりあるけれど、映画の方が影響力は大きいのかなぁ。

 最近は電車男や鬼嫁日記のようにネットから発生するものがいろいろ出て来てますけど、不特定多数の人が介在するネットからマスメディアに持っていく場合、マイアヒー騒ぎのようなことがまた起きるのかもしれません。

 活字離れと言われて久しいですけど、そんな今でも本をある程度以上読む人ってのは、ベストセラーとは違う世界を支持していることが多いですよね。とすると、ベストセラーを支えているのは、その場限りのはやり物好きな人ってことでしょうか。

 表紙のデザインとか、本の大きさ、そして飾り方、ポップの付け方、いろんな工夫を出版社や書店で行っています。それだって、書店に並んでナンボの世界です。

 売れないと言われながらも、新しい本はどんどん出版されています。書店の店頭に並ぶのは、その本の一部でしかありません。それだって、次の月になったらほとんどが消えてしまって、入手するには大型書店か、ネット書店か、古書店というパターンになってしまってます。

 そこまでの熱意を持って本を探す人ってどれだけいるの?と考えると、一般の人にとって本というのはやっぱりベストセラーだけってことなのかなぁ?と思えてくるのです。

« ボールペンと鉛筆の専門店「五十音」 | トップページ | 第46回 神田古本まつり(予告) »

本・書店・読書・図書館」カテゴリの記事

コメント

ハイ!読みました。
そして記事にしました。1年ほど前。
ちょっと探してTBしますのでしばしお時間を.....
明日、いやあさって。
重い時間帯でうまく閲覧できないのであります。

takam16さん☆コメントありがとうございます。
町の本屋さんは雑誌やさんと化し、古本チェーン店の方がよっぽど本屋らしかっりする今日この頃。
そんな危機感がこの本を書かせたのかもなんて思ってしまいます。

おお、「ついてる」「ついてる」
と、こちらのブログのタイトルにあわせるかのようにTBがちゃんとできているか確認にやってまいりました。
TBはどこもそうなのかもしれないのですが、それが認識されるのに時間がかかるのですね。
時間帯の影響か...
しかし、「ついてる」(←くどい)

takam16さん☆トラバありがとさんです。
夜はアクセスに時間がかかるサイトって結構ありますよね。
とはいえ、早朝から確認ごくろうさんです。(^^)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584879

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベストセラーだけが本である』 永江朗:

» 【ベストセラーだけが本である】 永江朗著 [本と本屋と図書館に魅せられて]
【ベストセラーだけが本である】 タイトルを見れば 出版社や本屋の現実を考えれば、「ふむふむ」 本好き、読書好きの意見を考慮すれば 「なにっ!」 と賛否両論のいわくつきのタイトルです。 まず本の中身に何が書いてあるかというと、 1990年と2000年 [続きを読む]

« ボールペンと鉛筆の専門店「五十音」 | トップページ | 第46回 神田古本まつり(予告) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ