ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『大人の友情』 河合隼雄 | トップページ | 『お客さまがまた来たくなる ブーメランの法則』 ファーガル・クイン »

『東京おつかいもの手帖』

 東京にはおいしいもののお店が昔からたくさんあったけど、どんどん新しいお店も増えてるんですねぇ。

 まず気になったのが ヴィヨン というお店のバウムクーヘンです。いろんな種類があって、その中でも注目が『ヴィヨネット』というリンゴや洋梨などの形に焼き上げたものです。バウムクーヘンだから真中に穴があるでしょ、そこにゼリーを流し入れているんです。要チェック!

 広尾の 果匠正庵 の『あんず大福』もいいですねぇ。柿の木坂の キャトルの「ウフプリン』も食べたーい!

 銀座千疋屋のフルーツサンドはお店で食べたことはあるけれど、お持ち帰りできるとは知りませんでした。そして帝国ホテルのあの有名メニュー「シャリアピン・ステーキ」をパイにしちゃった『シャリアピンパイ』にはビックリ!

 まだまだわたしの知らないオイシイものが、世の中にはたくさんあるんだなぁ!

« 『大人の友情』 河合隼雄 | トップページ | 『お客さまがまた来たくなる ブーメランの法則』 ファーガル・クイン »

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

食いしん坊な私は読んでいるだけで、

じゅるる・・・

ヴィヨンのバウムクーヘンは3色になっているのもあって、いいですねぇ。

それからキャトルのロールケーキもいいなぁ。



こういうものはおつかいもののつもりが自分で食べちゃいそう。えへ・・

ゆみりんこさん☆ほんと、そのとおり

どれ見てもおいしそうでねぇ、自分にプレゼントしたくなっちゃいますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584959

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京おつかいもの手帖』:

« 『大人の友情』 河合隼雄 | トップページ | 『お客さまがまた来たくなる ブーメランの法則』 ファーガル・クイン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ