ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『オニツカタイガー物語』 | トップページ | 『おうちとおでかけ』 廣瀬裕子 »

『ふりかけ』 熊谷真菜

ふりかけ 日本の食と思想
熊谷 真菜、日本ふりかけ懇話会
学陽書房

 ふりかけって決して食事の主役になることはないけれど、とっても魅力的な食べ物です。ゴマ塩、ゆかり、のりたま、すきやき、錦松梅、・・・etc. 安いものから高いものまでいろいろあるけど、どれもいいなぁ!

 こんなに身近なふりかけですけど、実は日本独自の食べ物らしいんです。アジア諸国ではご飯にかけて食べるものは沢山あるけど、ほとんどがウェットなもの。塩辛とか、佃煮みたいなものが多いんですね。ドライなふりかけってのはなかなか珍しい食べ物のようです。

 あんまり食欲がないときでも、ふりかけをかけたり、お茶漬けにしたりすればけっこうご飯を食べられるものですよね。ご馳走もいいけど、ふりかけでご飯ってのも捨てがたいものです。

 「♪あったかいご飯にかけたのりたま、こんなウマイものチョットないよ!♪」なんてCMソングを想い出しちゃいました。(^^ゞ

 エイトマンふりかけから始まった、子供向けのふりかけはその後もずっと続いていて、今はポケモンですね。時代は変われど、ふりかけはずっと生き残っていけそうですね。

 Book Crossing で放流しました。もし見つけたらコメント下さいね。BCID:906-3990569

« 『オニツカタイガー物語』 | トップページ | 『おうちとおでかけ』 廣瀬裕子 »

食物・喫茶・暮らし」カテゴリの記事

コメント

のりたま→エイトマン。の図式があるように(あるのか?本当に・・)
私のふりかけ初体験はのりたまだとおもいます。それからおとなのふりかけに至るまで、お弁当をもっていく私にはかかせないものです。

私の中では錦松梅とならぶ高級品は新潟加島屋のさけ茶漬です。きっとお茶漬け用なのでしょうが、私はごはんにまぜてお弁当に持っていきます。

ゆみりんこさん☆光る海、光る大空、光る大地♪
そうそう、最初はエイトマンで、その次がスーパージェッター!
この本には写真入りで出てましたよ!

雑穀の混ざったふりかけが最近のお気に入りです。

やっぱり載っていましたか。
そういえば幼いころの私はふりかけのかかっていないごはん(白いごはん)のことを「なまのごはん」と言っていたそうです。

ゆみりんこさん☆「なまのごはん」って可愛いなぁ!
ふりかけだけじゃなく、生卵、のり、納豆、塩辛、佃煮、なんてのもご飯が進みますねぇ。\^o^/

こんにちは。
Rokoさんも読んでいたんですね。
実はこの本は丸美屋創立50周年記念の
懸賞に応募してもらったものなのです。
7年以上積読本でした(^^;
エイトマン、私も見てました~♪
懐かしいです。
今でもふりかけは大好きです(^◇^)

ゆこりんさん☆懸賞で当選そして7年以上積読?凄いなぁ!
「のりたま」はケース入りのも可愛いし、これぞベストセラーって感じですよね。
エイトマン見てたなんて言うと、歳がばれちゃいますよ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9584999

この記事へのトラックバック一覧です: 『ふりかけ』 熊谷真菜:

« 『オニツカタイガー物語』 | トップページ | 『おうちとおでかけ』 廣瀬裕子 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ