ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『ゴー!ゴー!フィンランド』 ピエニ・カウッパ | トップページ | R25 »

『サウス・バウンド』 奥田英朗

サウス・バウンド
サウス・バウンド
posted with amazlet on 06.02.23
奥田 英朗
角川書店

 小学校6年生の上原二郎くんは両親とお姉さんの洋子さん、妹の桃子ちゃんの五人で中野に住んでいました。

 お母さんは喫茶店を経営していて、少し年の離れたお姉さんは会社勤めをしているけど、お父さんはいつも家にいて何をしているんだかよく分かりません。

 このストーリーは2部に分かれていて、前半は東京の中野での暮らし、後半は沖縄の西表島へ移住してからの暮らしが描かれているのだけど、その余りにも違う暮らしに案外素直に順応してしまうこの一家、ただ者ではありません。

 東京にいる間は、お父さんってとんでもないトラブル・メーカーとしか思えなかったのに、西表島へ来てからは、少しずつ二郎くんにも理解できるようになってくるところが、なんだかいい感じなんですよ。

 「国家に属する必要など無い」とか「なぜ、学校へ行くことを強制するのか」なんて、しょっちゅうケンカばかりしているお父さんに、実は1本筋の通ったところがあるというところが見えてくるんです。

 東京にいる頃は学校なんてあんまり好きじゃなかったのに、島に来てみたら近所に子供が全然いなくて、人恋しさの余り学校へ行きたくなっちゃったりするんだから、世の中分からないものです。

 これからどうなっていくのかは「?」だけど、この一家はきっと仲良く暮らして行けそうだなという予感がするラストでした。

 パイパティローマが本当に見つかるといいなぁ!

トラックバック先
栞のさんぽみち
粋な提案

« 『ゴー!ゴー!フィンランド』 ピエニ・カウッパ | トップページ | R25 »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

「パイパティローマがどこかにある」って思ってれば、がんばれる気持ち、なんだかわかりますよね!すごく好きな本になりました!

chiekoaさん☆
西表島へ行ってからのお父さんは、とっても格好良くなっちゃって!
こういう家族って理想的だなぁ!

こんにちは♪
コメント・TBありがとうございました。
人はみなそれぞれのパイパティローマを持っていて、
人生というのはそれをめざす長い旅のようなのかもしれない、
そんなことを思いました。
いい本でしたねv(*'-^*)bぶいっ♪

Rutileさん☆こんばんは
自分らしくなれる場所に気がつけたお父さんはステキでしたね。

こんばんは。
二郎目線でとても読みやすかったです。
お父さん、言葉に説得力があって、カッコよかったですね。

藍色さん☆おはようございます。
お父さんがすっかり生まれ変わったように元気になりましたね。
自分が生きる場所があるって大事なことなんですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9585031

この記事へのトラックバック一覧です: 『サウス・バウンド』 奥田英朗:

» 『サウスバウンド』奥田英朗 [道草読書のススメ]
シェアブログ1152に投稿 リクエストしたわけではなく、 図書館の棚にあったものをなんとな〜く手に取ったものがコレ。 奥田英朗さんは好きですが、正直そんなに期待はしていなかったんです。 (返却帰還が迫っていたの... [続きを読む]

» サウスバウンド 奥田英朗 [粋な提案]
小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。 型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた大傑作ビルドゥングスロ... [続きを読む]

« 『ゴー!ゴー!フィンランド』 ピエニ・カウッパ | トップページ | R25 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ