ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 講談社BOOK倶楽部 | トップページ | Book Crossing »

『アンボス・ムンドス』 桐野夏生

アンボス・ムンドス
アンボス・ムンドス
posted with amazlet on 06.03.03
桐野 夏生
文藝春秋 (2005/10/14)

 桐野さんの本を手にする時、どんな女が出てくるんだろう?と期待が膨らむ。悪い女、ひがみっぽい女、醒めた女、焦る女。若くても歳を取っていても、女ってみんな腹黒い!

 キレイに化粧するのも、ブランド物を買い漁るのも、エステに通うのも、ヨン様に熱を上げるのも、みんな根っこの所は同じ。だって女なんだもん!

 この短編集にも、いろんな女が登場する。なんて嫌な女なんだろうって思いながらも、その女がまき散らす毒をわたしも持っているってことに気が付く。

 どうして女って悪口が好きなんだろう?「ねぇ、知ってる?あの奥さん実は○○なのよ!」「此処だけの話だけど、お隣のご主人××しちゃったらしいの!」どこへ行ってもこんな話ばっかり聞こえてくる。

 タイトル作のアンボス・ムンドスに出てくる小学生達だって、もう立派に意地悪な女になってるものね。

 満たされない心の隙間を満たすために、「わたしは被害者」という妄想に捕らわれてしまっている人って、とっても多いと思う。その負の力が、更に満たされない状態を呼ぶんだろうなぁ。それに気が付かないまま過ごす一生なんて、冗談じゃないよね!

 桐野さんが描くダークな女の世界って、怖いんだけど目が離せないって感じ。
 ごく普通の生活の中にある悪意って、他人のには気付くけど、自分のには気付かないって所が怖いのよね。何かの拍子にその悪意が増幅すると、もの凄いことになるんだろうなぁ。

« 講談社BOOK倶楽部 | トップページ | Book Crossing »

日本の作家 か行」カテゴリの記事

コメント

Rokoさん、こんばんは。
この作品がわたしの桐野夏生デビューとなりました。
女性って、こんなにも怖いものだったのかと、
自分自身も怖くなるような、作品ばかりで、びっくりです。
ホント、「小学生をあなどるなかれ」ですよね。
いくら幼くとも、女ということを忘れずにいよう…と思います。

ましろさん☆こんばんは
桐野さんの作品を読むたびに、「女って怖いなぁ!」と思うのです。
自分の中にもその怖い部分があるというのも再確認させられてしまうし。
桐野さんの目線はとても怖いのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9585037

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンボス・ムンドス』 桐野夏生:

» アンボス・ムンドス [まっしろな気持ち]
 東と西、表と裏、右と左、男と女。そして、天国と地獄。この世界にあるという、相反する無数の新旧ふたつの世界。或いは、両方の世界。それを意味する言葉、“アンボス・ムンドス”。桐野夏生著『アンボス・ムンドス』(文藝春秋)に収録されている7つの物語は、どれも人間の悪の部分を描いている。読み手にとっては決して不快ではない類の、むしろ、読み耽ってし... [続きを読む]

« 講談社BOOK倶楽部 | トップページ | Book Crossing »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ