ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『40 翼ふたたび』 石田衣良 | トップページ | 『わがタイプライターの物語』 ポール・オースター »

没後25年 向田邦子展(予告)

向田邦子の青春―写真とエッセイで綴る姉の素顔

没後25年 向田邦子展が、2006年4/26(水)~5/8(月)の13日間、東京の銀座松坂屋で行われます。

 詳しくは こちらへ。

 先日亡くなった久世光彦がプロデューサーで、向田さんが脚本を書いていていた、「時間ですよ」や「寺内貫太郎一家」は毎週楽しみだったなぁ!

 「困ったときはウルトラマンを呼ぼう!」とか、「ジュリー!」とか、ナンセンスなギャクも楽しかったし、人情話もあったし、こういうドラマって今は無くなっちゃいましたよね。

 「阿修羅のごとく」や「あ・うん」などのシリアスなドラマも心に残っています。

 この展覧会には絶対に行こうと思ってます。

« 『40 翼ふたたび』 石田衣良 | トップページ | 『わがタイプライターの物語』 ポール・オースター »

イベント・展覧会・セミナー」カテゴリの記事

コメント

 Roko様、こんにちは。
 今日、最終日に行って来ました。行ってよかったと思いました。本当にセンスのいい方だったのですね。ますます憧れの思いを強くしてしまいました。

まざあぐうすさん☆ステキでしたよね。
小学生の時の運動会での徒競走で一等賞や、学級委員を任命されたお免状まであって、何だか懐かしいような気持になりました。
向田さんが着ていらしたスーツやバッグの趣味の良さには感心するばかりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9585065

この記事へのトラックバック一覧です: 没後25年 向田邦子展(予告):

» 没後25年「向田邦子展」~凛として生きて~に行きました。 [ほのぼの文庫]
 GWが終わって、主人と子ども達がそれぞれ職場と学校に行ってくれて、ほっと一息 [続きを読む]

« 『40 翼ふたたび』 石田衣良 | トップページ | 『わがタイプライターの物語』 ポール・オースター »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ