ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『リビング』 重松清 | トップページ | 没後25年 向田邦子展(予告) »

『40 翼ふたたび』 石田衣良

40 翼ふたたび
40 翼ふたたび
posted with amazlet on 06.04.07
石田 衣良
講談社

 40歳から始めよう。再スタートに遅すぎることはない。(本文より抜粋)

 主人公の喜一さんは40歳。ちょうど人生の折り返し地点にたどり着いたところ。ふと気付けば40歳って若くもなければ年寄りでもない、どうも中途半端な年頃なんだなと思えてくる。

 確かにね、40代ってどっちつかずなお年頃なんですよ。上には団塊の世代がドカッといて、下には段階ジュニアがいて、その狭間でモヤモヤしているっていう感覚があるんですよね。

 特に男性はキツイでしょうね。景気は悪いし、家のローンはあるし、子供の教育費は高いし、おまけに子供がちゃんと働いてくれるかどうか分からないし、家にいても気が休まらないなんて言ってませんか?

 いろんな悩みを持ったクライアントから相談を持ち帰られた喜一さんは、「何でこんな割の合わない仕事をしなきゃいけないんだ?」と言いながら、ジタバタ頑張ります。それが正しい方法なのかどうかなんて分からないけど、やるだけはやってみようと努力するんです。

 IWGPのマコトくんが40歳になったら、きっとこんな人になっているんでしょうね。面倒な仕事だなと思いながらも、頼まれると嫌といえないところがソックリ!月島に住んでいるという設定だから、4TEENの誰かの将来なのかもしれないな~なんて想像もできちゃう。

 石田さんはカッコイイ人を描くよりも、喜一さんみたいな要領は良くないけど人が良くて、友達の為に一肌脱ぐような人を描く方がやっぱり合ってますよね。

 この喜一さんの物語も、IWGPみたいにシリーズになったら嬉しいんだけどなぁ!中年の星にもっと頑張ってもらいたいもの。

feedpath tags: ,   generated by feedpath

« 『リビング』 重松清 | トップページ | 没後25年 向田邦子展(予告) »

日本の作家 あ行」カテゴリの記事

コメント

TBとコメントありがとうございます。
私達の世代の作家さんは、なんだか優しい人が多いですよね。重松清さん、朱川湊人さん、この石田さん・・。上と下に気をつかう世代なんでしょうか・・。TBしたんですが、うまく反映されないようです。また時間おいてしてみますね。

ERIさん☆コメント&トラバありがとうございます。
「優しい世代」ってなんだかいい響きですね!
イケイケの団塊の世代とは違う個性を、これから発揮していきましょうね、わたしたちも!

ROKOさん、初めまして。
「マコトくんが40歳になったら・・・」同感です。
やっぱりお節介役なんでしょうねぇ(笑)

juzjiさん☆初めまして
40代だってやれるんだぞ!って気持になれる、とっても素敵な本でしたね。
これからも、よろしくね。

「4TEEN」の誰かの将来っていうの、いいですね!それとも、誰かとすれ違っていたりして。
このところ石田さんの作品は、がっかりすることが多かったのですが、これは久々によくて安心しました。

juneさん☆衣良さん仕事しすぎかも?
なんでも書けちゃう人だから、なんでもやり過ぎちゃうんでしょうね。
だから薄まっちゃってるんじゃないかな?
この本のテーマは、ご本人にとってもしっくりくるモノだったからこそ、面白かったんじゃないかなと思います。

確かにこの本ってシリーズになってもおもしろそう。
IWGPみたいにどんどんいろんな仕事を引き受けて
喜一さんが頑張ってやっていく姿を見るのもいいですね~。(*^_^*)
TBさせてもらいますね。

みわさん☆トラバ&コメントありがとうございます。
ネッ、シリーズ化されたらいいですよね。
喜一さんとマコト君がどこかですれ違ったら面白いんだけどなぁ!

池袋と若者ばかりにこだわっていると、なかなか新しいネタを捜すのはたいへんでしょうし、こっちのシリーズ化もけっこうおもしろいんじゃないか、と思います。

ディックさん☆こんばんは
>こっちのシリーズ化もけっこうおもしろいんじゃないか
ネ、そうですよね。
この本もシリーズになるといいなぁってわたしも思います。

Rokoさんこんにちは。紹介してもらったこの本読み終えました!ありがとうございました。途中途中でなんだか暗い雰囲気を感じてきたのですが、最後の最後はもうやばかったです。感動でしたよ~♪
石田衣良さんの短編の中では年齢が高いと思うんだけど、だからかワールドが固定されていて閉塞感を感じました。たぶん40代に向けて応援の意味も込めて書かれたんじゃないかなと思うんだけど、この本は若者にも希望を持たせてくれますね。
ありがとうございました♪

やぎっちょさん☆読んで頂けて嬉しいでーす!
平均寿命から考えれば40代って折り返しの地点です。
「こんな歳になっちゃった」と考えるのか、「あと半分もあるじゃないか」と考えるのかで、大きく差がつく所です。
衣良さんからの熱いエールを大勢の人に受け止めて欲しいですよね!(#^.^#)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9585064

この記事へのトラックバック一覧です: 『40 翼ふたたび』 石田衣良:

» 石田衣良『40 翼ふたたび』○ [駄犬堂書店 : Weblog]
 初出「週刊現代」2005年1月〜2005年8月。  先輩の誘いに乗り17年間勤... [続きを読む]

» 40(フォーティ) 翼ふたたび 石田衣良 講談社 [おいしい本箱Diary]
一言でいうと。 40代への応援歌、ですね。 「週間現代」に連載ですからね~。 「おい、40代よ、もっぺん頑張ろうぜ」という気合に 満ちている。人生の折り返し地点、なんていう言葉が 頻繁にでてくるんですが。 う~ん、どうも私達40代はこれ、というインパクトに 欠けます。前にも書いたことがありますが、 一つ上の団塊の世代。 これはもう”団塊の世代論”なんてものが たくさん書かれるほど存在感があるわけです。 その青春もけっこうドラマチックだったりしますが、 その方たちの闘...... [続きを読む]

» 【40翼ふたたび】 石田衣良著 [じゅずじの旦那]
《40歳から始めよう。 人生後半、胸を張れ。》 人生の半分が終わってしまった。それも、いいほうの半分が。 投げやりに始めたプロデュース業で、さまざまな同世代の依頼人に出会い変身する吉松喜一、40歳。生きることの困難と、その先の希望を見つめた感動作! 久々の石田衣良モノでした。 マコト(池袋ウエストゲートパーク)が40歳になっても、やっぱりいろんなお節介をしてしまうんだろうなぁ、と思えるような本。リストラ、離婚、がん、恋愛・・・若いときには感じなかったことが現実になってくる。同感... [続きを読む]

» 「40 翼ふたたび」石田衣良 [本のある生活]
40 翼ふたたび あまり大きな声では言いたくないんですが、同級生たちは続々とこの主人公の年齢になってます。私は早生まれなんでもうちょっと先ではありますが、もうすぐそこに見えてるので、この帯が気になったんです。 40歳から始めよう。人気作家が初めて描く同世...... [続きを読む]

» 40 フォーティー 翼ふたたび*石田衣良 [+++ こんな一冊 +++]
☆☆☆☆・ 40 翼ふたたび石田 衣良 (2006/02)講談社 この商品の詳細を見る 40歳から始めよう。 人気作家が初めて描く同世代のドラマ。 著者、会心の長編小説が誕生! 人生の半分が終わってしまった。 それも、いいほう... [続きを読む]

» 40翼ふたたび 石田衣良 [つんどくの日々]
<40歳からはじめよう> この作品は、石田さんには失礼だろうけれど、予想外に良かったです。 いろんな意味で、共感できるなーというところが随所にありました。 吉松喜一40歳。大手の広告店をリストラもどきの辞め方をし、友人の仕事につくも、長続きをせず、今は今は弱小のプロデュス業。仕事の片手間にブログを始めていたが、それをきっかけに奇妙な依頼が舞い込むことに。そこから物語は始まる。 石田さんには失礼ですが…、予想外に良かったです。 それはきっと、同年代として読んだからなんでし... [続きを読む]

« 『リビング』 重松清 | トップページ | 没後25年 向田邦子展(予告) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ