ブログ内検索


  • ダメでもいいからやれ。
    体験もしないでお前ら、
    すぐに「ダメだ」って言うのは、
    学校で聞いただけの話だろう。
    やってみもせんで何を言っとるか
    (by 本田宗一郎)

お気に入りウィジェット

« 『犬のしっぽを撫でながら』 小川洋子 | トップページ | 『気づく力』 畑村洋太郎 »

映画 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」

Narunia2  原作を読んだのは随分昔なので、細かいストーリーは忘れてしまっていました。

 衣装ダンスの中からナルニア国へ迷い込んでしまうところから始まるこの物語。エドマンドは魔女にもらったターキッシュ・デライトのおいしさに目がくらんで、兄弟を裏切るようなことをしてしまうということしか覚えてませんでした。

 このターキッシュ・デライトというお菓子は、日本では全く知られていないものなので、日本語訳では違う名前のお菓子になってたはずです。

 随分前のことですが、トルコ人の友達にもらったターキッシュ・デライトを食べたことがあります。白い粉がかかっていて、お餅のようなゼリーのような不思議な食感でした。また食べたいけど、日本じゃ手に入らな~い。(>_<)ヽ

 このお話の原作者C.S.ルイスはアイルランドのベルファスト生まれで、オックスフォード大学で教鞭をとっていたとか。指輪物語のトルーキンと友達だったというんですから、運命というのは不思議なものですね。

 この映画の最初に出てくる、空襲から逃れるために都会から子供だけ疎開するというシーンは、とても印象的でした。ロンドンはナチスドイツから、かなりひどい空襲を受けたのですよね。

 このナルニア国物語は全部で7巻あるのですが、指輪物語と同じようにシリーズがどんどん映画化されていくのでしょうね。次の物語も楽しみです。

製作年:2005年
製作国:アメリカ
原題:The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe
監督 アンドリュー・アダムソン
@錦糸町楽天地 

« 『犬のしっぽを撫でながら』 小川洋子 | トップページ | 『気づく力』 畑村洋太郎 »

映画」カテゴリの記事

コメント

本日(4月24日)この映画をみました。疎開先にこの衣装ダンスがあったということは私もすっかり忘れていました。
日本では小学生の学童疎開がありましたけれど、イギリスでは兄弟で疎開していたのですね。

最後の戦闘場面では、空襲からヒントを得たと思われる戦法があって、この子達のセンスに感心してしまいました。

シリーズのなかに「カスピアン王子のつのぶえ」「朝開き丸東の海へ」などがあったように記憶しています。

ゆみりんこさん☆おもしろかったですねぇ!
イギリスってファンタジーの宝庫なんだなぁって再確認してしまいました。
おもしろいストーリーは時空を超えるんですね。

うーーーむ。七作目まで制作されるのでしょうか。
海外では結構ヒットしたそうですが、日本じゃイマイチ盛り上がりに欠けましたねーーー

氷の女王が結構魅力的だなあ・・・なんて思いながら観ていました・・・。

winosさん☆いらっしゃいませ
日本では、この話の知名度がイマイチだからでしょうかね?

>氷の女王が結構魅力的だなあ
winosさんったらぁ~

Rokoさん、こんばんは。

ターキッシュ・デライトってホントにあるお菓子なんですね。トルコのお菓子だからターキッシュなのかしら?食べてみたいです。

次の本が映画になる前に読まなければ…です。

ななさん☆こんばんは
ターキシュ・デライトを日本では見たことがないんですよ。(^_^;)
わたしももう一度食べたいと思ってるんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153166/9752123

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」:

» ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [映画三昧ロック三昧]
「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 ディズニー顔の登場人物は宗教的でさ [続きを読む]

« 『犬のしっぽを撫でながら』 小川洋子 | トップページ | 『気づく力』 畑村洋太郎 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読書メーター

  • Rokoの読書メーター
  • Roko-sanの今読んでる本 Roko-sanの最近読んだ本
無料ブログはココログ